IoT(Internet of Things)の最新ニュースや企業&ベンチャー事例(ケーススタディ)ほぼ毎日掲載

2019.06.09

スマホ連携可のカメラ付きのチャイム、安価に安心を買えるけど設置がネック(すずまり)

Powered by

私の部屋のチャイムは壊れています。中のコードが腐食しているようで、電池を交換しても直らず。修理してもらうことになっているのですが、いつになるかわからない状況です。 チャイムがないと困ります。うちに一番多い訪問者は宅配業者さん。以前はドアをノックしてくださいと張り紙をして対応してもらってたんですが、寝てたり洗濯物を干してると気づかなかったりして、やはり音は大事だなと思った次第。 ネット通販を見ると、いろんなワイヤレスチャイムが売ってるんですね! せっかく導入するなら、訪問者の映像が見えるカメラ付きのドアホンのようなものがいいなと思いました。調べてみると、すでにスマートフォンのアプリから外の様子が見えるという製品があるではないですか! あまたある製品の中から、見た目が自宅のドアになじみそうなデザインで、映像をクラウドに保存してくれて、充電も可能というBlumwayの「ワイヤレスチャイム」を選んでみました。 メーカー名:Blumway 製品名:ワイヤレスチャイム 価格:Amazonにて6999円(税込)で購入 166度まで撮れる広角カメラ付き 166度まで撮れる広角カメラ付きで、チャイムが鳴らされると本体と室内用の子機の両方が鳴って訪問者の存在を知らせます。インターホンのWi-Fi機能は最大20m(66ft)です。 同時にカメラで動くことでカメラがオンになり、スマートフォンのアプリ「AnyHome」から外の様子が確認でき、静止画や動画の撮影ができます。動画は720pのHDサイズでmicroSDカード、または無料のクラウドストレージに保存されます。ビデオ情報は最大4台の携帯まで共有可能だそうです。 アプリを通じての会話できるので、外出中の来客対応もバッチリ。「スマートPIRモーション探知」という機能もあり、チャイムが鳴らされなくてもドアの前で何かが動くと探知され、スマートフォンに通知しながらその様子を数秒間保存してくれます。「赤外線ナイトビジョン機能」もあるそうで、暗くなってもOK。 「18650充電式バッテリー」という大きめの乾電池が2本付属しており、本体に装着してからmicroUSBケーブルで充電します。バッテリーの残量はアプリから確認できます。チャイム音は室内用の子機を通じて52種類の中から選択できます。 ▲本体裏側 ▲充電池。microUSBケーブルで充電できます ▲microSDカードスロット チャイムと防犯カメラの1台2役に ▲かなり見た目が悪くなってしまいました このワイヤレスドアホン、かなり頻繁に人影を探知してはスマートフォンに通知してくれます。前を通るご近所の方の出入り、宅配業者、掃除をしてくださる方などが近づくたびに反応します。 ゆっくり通りすぎる程度なら、センサーが反応はしても動画には記録されないことがほとんど。ゆえに正直ややうっとおしくはあるのですが、しっかり見守ってくれてる感があって、嫌いではありません。 ▲センサーが反応するとチャイムのボタンが赤く点灯 ▲記録中はチャイムのボタンが青く光るようです クラウドに保存された動画はいつでも携帯のアプリで確認できるので、チャイムを鳴らしたのが誰であるかあとから時間とともに確認できるところはとても安心できます。 ▲スマートフォンに届いた通知 ▲こんな風に映ります。オレンジ色のバーは動画が保存されている時間 一番の目的だったチャイムは、本体の音が大きすぎて鳴らしたほうが驚いてしまうようです(笑) 私がわかればいいので、子機だけでいいのですが、本体の音は止められないようです。子機の音も最少にしてあるのですが、かなりしっかり鳴るので何をしていても聞き逃すことはなさそうです。 ▲室内用の子機。コンセントに挿すだけ。これがないと部屋の中でチャイムがなりません ▲ボリュームと呼び出し音を変えられます 音声でのやりとりチャンスなし・・・・・・ ただし、カメラで訪問者を確認して、声で応答するという流れはいまだ実現していません。 ▲クラウドストレージに保存された映像一覧 理由は2つあります。1つは今の性能上出てしまったほうが早いこと。本機の場合、「チャイムが鳴る」 「通知が来る(2秒以内)」 「 スマートフォンを手に取る」 「通知からアプリを起動」 「カメラ確認」 マイクのアイコンをタップして通話」という流れになります。 スマートフォンを使うため、チャイムが鳴ったらすぐ見えるわけじゃないんですよね。スマートフォンが手元にないと応答が遅くなってしまいますし、不在だと思われてしまうため、出てしまったほうが早かったというオチ! カメラすら見ないというのは、何のために買ったのかと思わざるを得ないのですが、これが身も蓋もない現実でした。 2つめの理由は会話しようとすると、音声がワンテンポ遅れて届くため。宅内のWi-Fiルーターを経由しているのですが、試したところ、ストレスになりそうな「間」がありました。 そんなこんなで、在宅時は普通のチャイムとまったく変わらない挙動になってしまっているのですが、外出時の訪問や「スマートPIRモーション探知」は便利です。出先でチャイムが鳴らされたという通知を受けてリアルタイムでカメラをみたら、宅急便だったことがあったからです。 ▲外出中に配達がありました そのときは再配達について音声で伝えてみたかったのですが、発表会の最中だったため、状況的に無理でした。何時頃もう一度来て欲しいと言えたら手続きが省略できたので、これはちょっと残念でした。 女性には意外とおすすめかも せっかくカメラ付きのワイヤレスチャイムを導入したのに、とても残念な使い方になっているわけですが、仕組み的には賃貸で、音だけのチャイムしかない部屋に住む女性にはおすすめだと思いました。人がいたらセンサーが感知して広範囲を撮影できるので、防犯も兼ねられて安心できるからです。派手なチャイム付きセキュリティカメラだと思うと納得できそう。 ただし、気をつけたい点もあります。メモリーカードも使えますが、カード内の動画を遠隔で見られないのと、第三者に抜かれる可能性があります。プライバシーが気になる場合はおすすめできません。 ワイヤレスチャイムではクラウドストレージを無料で利用できるのですが、どこまで信用できるかという問題もあります。過去7日間分、1日最大20件まで保存できますが、永遠に残せるわけではないので、何か証拠として残したいときに困る可能性があります。 セキュリティのしっかりしたクラウドサービスと連携するか、自宅内のストレージに外部からアクセスするといった方法をとれたらいいのですが、そうなるとホームIoTサービスになるのでしょう。 取り付け方法に不満あり この手の製品全体的に、壁にドリルで穴をあけて固定用のプレートを取り付ける前提になっている点が不満です。賃貸では壁に穴を開けるわけにはいきません。従って今回はガムテープで貼り付けているわけですが、落下が心配ですし見た目もひどい。固定用リテーナプレートをつけたまま両面テープでの固定も考えたのですが、プレートの素材上両面テープがうまく機能せず。結局本体を強引にドアに貼り付けたのでした。 これに限らず、なんらかのカメラを使いたいときはどうしたらいいのだろうかとちょっと考えております。

続きを読む
*外部サイト(オリジナル記事)に移動いたします。

IoTニュースの一覧ページは、こちらをご覧ください。

あわせてお読みください

記事ランキング

  • 直近1時間
  • 昨日

話題のキーワード

注目連載

IoTニュース

他社からの侵害から自社の技術とビジネスを守るには 特許を連携・交渉の武器にする方法
荷物の代理受け取りや発送もできるIoT宅配ボックス「PacPort」--Makuakeで先行販売
KDDI、5G時代のビジネス開発拠点「KDDI DIGITAL GATE 大阪」を開設
スゴいIoTを最速で開発したいのですが?――ノンプログラミングによるプロセス変革のススメ
センスウェイ、LoRaWAN活用のIoT通信サービスをAWS IoTと連携
レノボ、店舗や倉庫にもおけるIoTエッジサーバー「Lenovo ThinkSystem SE350」を発売
センチュリー・システムズがIoTゲートウェイの海外認証を拡充
マクニカ、産業用IoT基盤ソフト「MindSphere」を販売、MindSphereベースの独自サービスも提供 | IT Leaders
IoTのPoCから“卒業”できません――現場・社外に同志を作れ
5Gで「未来の工場」を実現、ドコモ・ノキア・オムロンが共同実験
エンジニア養成のジーズアカデミー、法人向けオープンイノベーション支援プログラム提供
レノボ、ハーフラックサイズのIoTエッジサーバー「Lenovo ThinkSystem SE350」を発売
オープンソースのメッセージングシステムのNATSが2.0をリリース
球速や回転数などの投球データを計測できるIoTボール「Technical Pitch」
中小企業でもIoTで成果は出せますか?――中小企業こそ絶大効果
お酒が苦手な人はぜひ!安心してお酒が飲めるアルコールガジェット

IoTニュース”は、Mynd Engineを活用して、世の中のIoT関連の記事をまとめさせていただき、ご紹介させていただきます。