IoT(Internet of Things)の最新ニュースや企業&ベンチャー事例(ケーススタディ)ほぼ毎日掲載

ライフスタイル
2018.03.09

離れた部屋へ音楽を届けるAmazon Echoの新機能
Echoデバイスをグループ化して家全体を音楽に包まれた生活空間へ

3月7日、AmazonはAmazon Echoに新機能「マルチルームミュージック」を追加した。
今回の新機能を使うことで、自宅にある複数のEchoデバイス(Echo、Echo DotまたはEcho Plus)を連携させ、生活のさまざまなシーンで音楽を楽しめるようになるという。

例えば、自宅に友人を招いたときに複数の部屋で同じ楽曲を一斉に流し、パーティー気分を盛り上げたり、リビングルームにあるEchoデバイスを通じて寝室のEchoデバイスで朝の目覚めの音楽をかけることで、まだ寝ている家族を気持ちよく起こしたりなど、家全体を音楽に包まれた生活空間へと変貌させる。

使い方は、まずAlexaアプリを用いて、各部屋にある複数のEchoデバイスを下記の手順でグループ化する。

①メニューから「スマートホーム」を選択する。
②「グループ」を選択する。
③「グループを追加」を選択する。
④「Amazonマルチルームミュージックグループ」を選択する。
⑤「リビング」や「キッチン」などの標準名からグループ名を選択するか、「カスタム名」のテキストフィールドにグループ名を入力する。
⑥グループに追加したいEchoデバイスを選択し、「保存」を選択

これによって、グループ化された任意のEchoデバイスを通じて、グループに追加したすべて、あるいは特定のデバイスの音楽を再生・再生の一時停止・再開・音量の調整を発話によって行なえるようになる。外部スピーカーがEchoデバイスにオーディオケーブルで接続されている場合は、外部スピーカーからも音楽を再生できる。

Amazon Musicで楽曲を購入したユーザーや、Amazon Music Unlimited(個人プランまたはファミリープラン)やPrime Musicの聴き放題サービスの利用者、あるいはdヒッツ、うたパス、TuneIn利用者は、下記のように呼びかけることでマルチルームミュージック機能を利用できる。

・「アレクサ、(グループ名)で(楽曲/アルバム/プレイリスト/その他)をかけて」
・「アレクサ、(デバイス名)で音楽をかけて」
・「アレクサ、(グループ名)の音量を(レベル)に設定して」

音楽配信サービスを選びたい場合は、下記のように呼びかける。

・「アレクサ、(音楽サービス)で(グループ名)で(楽曲)をかけて」

今回の新機能で、どこでもどこからでも、家中のあらゆる場所で音楽を楽しめるようになる。日々進化を続けるAmazon Echo(Alexa)。次はどんな機能が追加されるのか、楽しみである。

あわせてお読みください

イノベーション

50万円が数千万円に。投資家に聞くビットコインの現状

IotとAIで物作りはどう変わる?IoT H/W BIZ DAY2019レポート

IoTは構成要素が多過ぎ。どう選べばいいですか?――パッケージが成功の近道

ARとIoTサービスを連携した製造現場向けARソリューション

より便利にコインランドリーを活用――、TOSEI、SBT、コンテックの3社がIoTサービス「TOSEIクラウド」を提供へ

AIによる「信用スコア」はメガバンクを駆逐するか

“売って終わり”はもうムリ、IoT時代の製造業が「アフターサービス」を成功させるには

仮想通貨だけではない、ブロックチェーンの期待はIoT

自宅の既存照明をスマートスピーカーやスマホ対応にする、IoT壁スイッチ

除雪車を効率的に配車、IoTを活用する実証実験を実施へ

他社からの侵害から自社の技術とビジネスを守るには 特許を連携・交渉の武器にする方法

荷物の代理受け取りや発送もできるIoT宅配ボックス「PacPort」--Makuakeで先行販売

KDDI、5G時代のビジネス開発拠点「KDDI DIGITAL GATE 大阪」を開設

スゴいIoTを最速で開発したいのですが?――ノンプログラミングによるプロセス変革のススメ

センスウェイ、LoRaWAN活用のIoT通信サービスをAWS IoTと連携

レノボ、店舗や倉庫にもおけるIoTエッジサーバー「Lenovo ThinkSystem SE350」を発売

センチュリー・システムズがIoTゲートウェイの海外認証を拡充

マクニカ、産業用IoT基盤ソフト「MindSphere」を販売、MindSphereベースの独自サービスも提供 | IT Leaders

IoTのPoCから“卒業”できません――現場・社外に同志を作れ

5Gで「未来の工場」を実現、ドコモ・ノキア・オムロンが共同実験

エンジニア養成のジーズアカデミー、法人向けオープンイノベーション支援プログラム提供

記事ランキング

  • 直近1時間
  • 昨日

話題のキーワード

注目連載

あわせてお読みください

IotとAIで物作りはどう変わる?IoT H/W BIZ DAY2019レポート

IoTは構成要素が多過ぎ。どう選べばいいですか?――パッケージが成功の近道

ARとIoTサービスを連携した製造現場向けARソリューション

より便利にコインランドリーを活用――、TOSEI、SBT、コンテックの3社がIoTサービス「TOSEIクラウド」を提供へ

AIによる「信用スコア」はメガバンクを駆逐するか

“売って終わり”はもうムリ、IoT時代の製造業が「アフターサービス」を成功させるには

仮想通貨だけではない、ブロックチェーンの期待はIoT

自宅の既存照明をスマートスピーカーやスマホ対応にする、IoT壁スイッチ

除雪車を効率的に配車、IoTを活用する実証実験を実施へ

他社からの侵害から自社の技術とビジネスを守るには 特許を連携・交渉の武器にする方法

荷物の代理受け取りや発送もできるIoT宅配ボックス「PacPort」--Makuakeで先行販売

KDDI、5G時代のビジネス開発拠点「KDDI DIGITAL GATE 大阪」を開設

スゴいIoTを最速で開発したいのですが?――ノンプログラミングによるプロセス変革のススメ

センスウェイ、LoRaWAN活用のIoT通信サービスをAWS IoTと連携

レノボ、店舗や倉庫にもおけるIoTエッジサーバー「Lenovo ThinkSystem SE350」を発売

センチュリー・システムズがIoTゲートウェイの海外認証を拡充

マクニカ、産業用IoT基盤ソフト「MindSphere」を販売、MindSphereベースの独自サービスも提供 | IT Leaders

IoTのPoCから“卒業”できません――現場・社外に同志を作れ

5Gで「未来の工場」を実現、ドコモ・ノキア・オムロンが共同実験

エンジニア養成のジーズアカデミー、法人向けオープンイノベーション支援プログラム提供

IoTニュース

IotとAIで物作りはどう変わる?IoT H/W BIZ DAY2019レポート
IoTは構成要素が多過ぎ。どう選べばいいですか?――パッケージが成功の近道
ARとIoTサービスを連携した製造現場向けARソリューション
より便利にコインランドリーを活用――、TOSEI、SBT、コンテックの3社がIoTサービス「TOSEIクラウド」を提供へ
“売って終わり”はもうムリ、IoT時代の製造業が「アフターサービス」を成功させるには
仮想通貨だけではない、ブロックチェーンの期待はIoT
自宅の既存照明をスマートスピーカーやスマホ対応にする、IoT壁スイッチ
除雪車を効率的に配車、IoTを活用する実証実験を実施へ
他社からの侵害から自社の技術とビジネスを守るには 特許を連携・交渉の武器にする方法
荷物の代理受け取りや発送もできるIoT宅配ボックス「PacPort」--Makuakeで先行販売
KDDI、5G時代のビジネス開発拠点「KDDI DIGITAL GATE 大阪」を開設
スゴいIoTを最速で開発したいのですが?――ノンプログラミングによるプロセス変革のススメ
センスウェイ、LoRaWAN活用のIoT通信サービスをAWS IoTと連携
レノボ、店舗や倉庫にもおけるIoTエッジサーバー「Lenovo ThinkSystem SE350」を発売
センチュリー・システムズがIoTゲートウェイの海外認証を拡充
マクニカ、産業用IoT基盤ソフト「MindSphere」を販売、MindSphereベースの独自サービスも提供 | IT Leaders

IoTニュース”は、Mynd Engineを活用して、世の中のIoT関連の記事をまとめさせていただき、ご紹介させていただきます。