AI

シンギュラリティの先にあるものは

  • AI
  • ビジネス
  • 経済

21世紀に入り、技術革新のスピードは日々増すばかりだ。AIやロボットが発展し、いよいよ“シンギュラリティ”が近づいているとする人も。そんな進歩の早い業界トレンドをいち早くつかむために、参考になりそうな書籍を編集部がピックアップ。長期休暇にぜひ手にとって、自分をアップデートしてみてはいかがだろう。

2017.08.08

仲介業者はAIに殺されるのか? 不動産テック最前線

  • AI

昨年、英オックスフォード大学のマイケル・A・オズボーン博士が論文『雇用の未来』の中で綴った、AI(人工知能)やコンピューターによって取って代わられる職業が話題となった。そのうちの一つに含まれていたのが不動産ブローカー(仲介業者)だ。これまで、古い体制が染みついてきた不動産業界の中において、仲介業者は業界の奥深くまで根付いた存在だったといえるだろう。

2017.07.27

AI時代に「何もしない」取り残される日本の危機

  • 調査結果
  • AI

人工知能AI開発を行なっていく上で、機能学習させるために膨大な量のデータが必要不可欠。しかし、日本の場合、個人情報保護の観点により、企業が持っているデータの利活用に厳しい制限があるのだ。かつて「ものづくり大国」と呼ばれていた日本が、米国と比べAI人工知能研究が大きな遅れを取っている理由を探った。

2017.07.10

医師はAIに置きかわってほしくない人が5割、板前は6割

  • キャリア
  • 調査結果
  • AI

世界中でIoTや人工知能、ロボティクスの開発が進み、今後10年のうちに人間が行う仕事の約半分が機械に奪われるとも言われている。レジやオペレーション業務などの一部は、すでに人工知能が担うようになり、自動運転はおろか、空飛ぶ自動車の開発まで進む今、これまでSF映画で見てきた光景が、現実のものとなりつつある。

2017.07.06