ビジネス

「パーパス」が企業ブランド刷新の切り札となる理由

  • ビジネス
  • ビッグデータ
  • 経済

2019年に入ってからはESGやSDGsに加え、「パーパス(PURPOSE)」というキーワードが飛び交う頻度が急速に増えている。今、なぜ「パーパス」が企業のブランド刷新の切り札として「再び」脚光を浴びるようになったのか。データ時代における企業間の競争ルールのゲームチェンジという観点に限定フォーカスして、その理由を追いかけてみたい。

2019.03.13

未来は不透明、8K・ドローンの持続的イノベーション

  • ドローン
  • ビジネス
  • 開発

「成熟化」と「同質化」は製品やサービスのコモディティ化をもたらし、その結果、企業は際限のない価格競争に巻き込まれて確実に体力を消耗して行く。優良企業は宿命的なコモディティ化から逃れるため、やがて顧客のニーズを超えるレベルまで持続的イノベーションの成果を追求する。CES 2019、筆者が会場で目撃した8Kテレビやドローンは、まさにこの危険なシナリオに近づいているように映って仕方がない瞬間が何度かあった。

2019.02.08

P&GがCES初出展、美容の破壊的イノベーションとは

  • ビジネス
  • ヘルスケア

CES 2019の開催日、筆者が足早に向かったのはTech West・サンズエクスポ会場・P&Gの展示ブースである。P&Gは本来の得意分野である、お客さまに幅広くリーチできるマスマーケティングのアプローチと、AIやIoTを技術基盤とする、高度にパーソナライズされたOne to Oneマーケティングの手法とのハイブリッドな融合によって「美容の概念に破壊的イノベーションを起こそう」と真剣に企てているようだ。

2019.02.01

アマゾンエフェクトからの脱却を図る小売業の新機軸

  • ビジネス
  • 物流
  • 経済

「アマゾンエフェクト」。それは、アマゾン・ドット・コムが次々に仕掛ける破壊的イノベーションにより、伝統的な小売業を中心にさまざまな市場で進行している変化や混乱を指し示す。しかしながら、「アマゾンエフェクト」のモーメンタム(勢い感)が今後も際限もなく加速し続けるかというと、懐疑的な評価もあることも否めない。それでは今、「アマゾンエフェクト」の対抗軸として、今、存在感を示しているプレイヤーとは誰か。

2018.12.13

「MOOC」がライフシフト実現のカギとなる理由

  • キャリア
  • ビジネス
  • 教育

2018年を迎えた現在、すでに百花繚乱の感のあるMOOC(Massive Open Online Course)だが、筆者がこのタイミングで取り上げるのには理由がある。なぜならMOOCの潮流は、喫緊の社会的課題になりつつある、長寿社会を前提にした「ライフシフト」(生き方の革新)に対して、キー・ソリューションになるのではないか、という予感が最近、確信に変わったからである。

2018.11.14

なぜ農業? 自動運転の異端児エヌビディアの妙計

  • ビジネス
  • 自動運転

2018年9月13日、自動運転の異端児・エヌビディアのジェンスン・ファンCEOは、日本のヤマハ発動機と「農業」などの分野で協業することを明らかにした。自動運転の世界では強力なライバルが激しいつば迫り合いを展開する中で、今なぜエヌビディアだけが「都市モビリティ」という主戦場ではない、「農業」の分野にコミットするのか。

2018.10.18

リモートワーク普及の鍵、チームコラボツールとは

  • ビジネス

少子高齢化が進む中、個々の事情に応じて多様な働き方を選択出来る社会を目指そうという「働き方改革」が叫ばれるようになって久しい。休暇を取りやすいよう制度を整えたり残業を原則禁止にしたりなど、企業によって取り組み方はさまざまだろうが、中でも度々議題に上がるのが「テレワーク(リモートワーク)」の是非についてではないだろうか。

2018.08.31

本当は恐ろしい? ルンバとアレクサのマリアージュ

  • ビジネス
  • ビッグデータ
  • ロボット
  • 位置情報

ルンバとアレクサの絶妙なマリアージュによって、企業のAIが「目」と「耳」を使って収集するかもしれない個人情報。「個人情報保護の法規制のスピード」よりも「AIやIoTによる破壊的イノベーションのスピード」の方がはるかに速いのは今に始まったことではない。

2018.08.09

顔認証ゲートはジャパンクオリティの“顔”となるか

  • AI
  • セキュリティ
  • ビジネス

2018年6月中旬のある日。仕事先の上海から梅雨模様の日本に戻った著者が成田国際空港の入国審査場で最初に目撃したのは、「未来感が半端ない」印象の顔認証ゲートだった。2018年秋には出国審査にも拡大され、同年末には成田だけでなく、羽田、中部、関西、福岡の各国際空港で、合計約140台もの顔認証ゲートが稼働することになるらしい。

2018.07.13

AI時代こそ必要な「お客さま」への理解と共感

  • AI
  • ビジネス

IoT時代、お客さまと企業がデータで繋がり、企業のサービス提供のあり方が大きく変わる中で、お客さまの気持ちの変化に寄り添う「エクスペリエンスデザイン(体験設計)」の考え方や手法が注目を集めるようになって来ている。しかし、「本当に」お客さまのロイヤルティ醸成に繋がっているかどうかは評価が別れるところだろう。

2018.06.18

梱包も取引対応も必要ナシ。気軽に頼める出品代行サービス

  • アプリ/サービス
  • ビジネス

5月11日にSpiceがリリースした出品代行サービス「トリクル」が話題だ。不用品の賢い処分方法の一つとして、すっかり浸透しつつあるネットオークションやフリマアプリ。その手軽さゆえに、自分が欲しい物が出品されていないか、もしくは自分の部屋にある「要らない物」の中に高値で売れそうな物はないかと、一日に何度も何度もサイトやアプリをチェックして回るヘビーユーザーも少なくないと聞く。

2018.05.15