IoT(Internet of Things)の最新ニュースや企業&ベンチャー事例(ケーススタディ)ほぼ毎日掲載

イノベーション
2017.09.02

26兆円市場を目指すマイクロソフトのパートナー戦略とは
Japan Partner Conference 2017 Tokyo基調講演レポート

日本マイクロソフトは9月1日、国内パートナー向けイベント「Japan Partner Conference 2017 Tokyo」を開催した。基調講演ではPCからモバイル、そしてクラウドからIoTへと時代が移り変わりゆく中で今後、同社が目指す方向性が総括されたので紹介する。

インテリジェントクラウドが作る世界とは

最初に登壇したのは、同社代表取締役・平野拓也氏。2015年7月に就任した同氏は売上構成のうち5割をクラウドにすることを目指してきたが、6月で終了した同社の2017年度実績において約47%をクラウドが占めるようになったとした。

モバイルファーストからパラダイムシフトが進み、これからはクラウドとAI、IoTから成る“インテリジェントクラウド&インテリジェントエッジ”の世界観が展開されていく。その世界観の中では、様々なデバイス同士がシームレスにつながり、インテリジェンスをもって強調していくという。

象徴的なのが、先日発表されたばかりのAmazon AlexaとMicrosoft Cortanaの提携。AlexaからはCortanaを呼び出すことでWindowsマシンがなくてもOfficeの予定表などにアクセスでき、またCortanaからはAlexaを通じてAmazonの各種サービスなどを使えるようになる。

IoT端末をはじめ、様々なデバイスが人々の生活に広がっているため、こうした動きは今後、ますます進んでいくのだろう。

そして平野氏はマイクロソフトがソリューションを展開する市場について言及。起業当初から同社のコアであった「パソコンとWindows」の市場規模は1995年頃に1,400億円。そして、インターネットが普及しWebサービスが展開されるようになった2005年頃の「クライアント+サーバー」では約10倍の1兆4,400億円にのぼり、さらにスマートフォンが普及した現在の「モバイル+クラウド」ではさらに10倍の14兆4,000億円になるという。

今後、注力していく市場が“インテリジェントクラウド&インテリジェントエッジ”による「デジタルトランスフォーメーション」であり、同社は26兆円市場と考えているようだ。

 

働き方改革からIoTとセキュリティ、AIなどパートナー各社との取り組み

デジタルトランスフォーメーション市場を目指す同社は、具体的な分野として「働き方改革」「デバイスモダナイゼーション」「インダストリーイノベーション」「セキュリティ」の4つに注力するという。

 

そして、実際にパートナーと取り組んだ実例が紹介された。

金融機関のクラウド化を実現した北國銀行とFIXER

石川県に本店を置く北國銀行は、地方銀行としては初めて海外拠点(シンガポール)を設けるなど、革新的な取り組みを進めている。そして、働き方改革にも取り組み、74億円の経費削減に成功し、抜本的なペーパーレス化を実現したという。

 

次に同行が取り組んだのが、システムのスリム化。欧米では店舗もATMも持たないデジタルバンクが台頭してきており、日本でも今後は増えてくるだろうと考えた同社は、クラウドバンキングを計画。

金融機関のシステムというと、セキュリティや運用継続性・安定性などの観点からクラウド基盤を用いることはなかなか難しいのではないか、と思われてきた。しかし、マイクロソフトのクラウド基盤であるMicrosoft Azureを使うことで北國銀行とFIXERによって「北國クラウドバンキング」を実現したという。

ソフトバンク・テクノロジーが製造段階で実装するセキュリティ対策

従来のPCを中心としたITシステムでは、セキュリティ対策といえばウイルス対策ソフトなどをデバイスの運用段階で導入することが一般的だった。しかし、IoT時代となり、デバイスの運用は無人化・長期間化する流れにあり、運用段階でのセキュリティ対策では不十分と言える状況になってきている。

ソフトバンク・テクノロジーグループでは、7月にメモリモジュール技術を提供するラムバスと提携し、製造段階で認証を実装するという取り組みをはじめとした、セキュアIoTプラットフォーム(SIOTP)を展開。鍵や証明書をチップに埋め込むことで、IoTデバイスを運用する際にはすでにセキュリティ対策が施された状態となっている。

 

採用事例の第一号として、京都の繊維会社ミツフジの事例を紹介。着衣型のウェアラブルセンサーから得る生体情報をSIOTPによりセキュアに取得・分析し、従業員のストレス状態、体調管理などに役立てるという。現在はBluetoothレベルでの実装だが、いずれは無線LANレベルでの実装も予定している。

 

エイベックスがコグニティブで挑む雰囲気の可視化

世界的に話題となったピコ太郎を抱えるエイベックスでは、「エンターテインメント×テクノロジー」を追求している。ライブ会場の様子をVRによって配信することで遠隔地でも会場の雰囲気を味わえたり、データ活用の面では、AIを使ってSNSをクロールすることで新人発掘に役立てたりするなど、テクノロジーの活用領域は広がっているとのこと。

今回紹介された事例は、マイクロソフトのコグニティブサービシーズを使った観客の感情を可視化する取り組み。人気アーティストlol(エルオーエル)のライブで観客を撮影した映像からリアルタイムに感情を可視化。定量的に会場の雰囲気を分析できるため、次に活かせる情報を得られるとのことだ。

 

深層学習の実社会応用を推進するPreferred Networksの取り組み

パートナー事例紹介の最後に登壇したのはPreferred Networks。フレームワーク「Chainer」をはじめとした深層学習ソリューションを提供する企業だ。線画イラストを自動的に着色したり、画像分析による異常検知、白黒映像のカラー化などのソリューションを紹介。

 

これらのソリューションをMicrosoft Azure上で提供することで、すぐに使い始めることができ、またサービスにアクセスが集中してもスムーズに稼働できるという。これらの特長は、今後IoTデバイスの数が肥大化し、集まるデータが膨大になっていってもサービスを安定的に運用していく上では、必須条件となっていくだろう。

ITシステムからデジタルトランスフォーメーションへ活動を広げていくマイクロソフト

PCからモバイル、クラウドと時代の環境が変化していく中で、ITベンダーとして業界をリードしていくマイクロソフト。IoT時代になってもその姿勢を崩さず、膨大なデータ、そしてセキュリティに注力するという同社の取り組みは、多くのパートナーと共に着実に実用へと進んでいく、そんな印象を持たせる講演となった。

記事ランキング

  • 直近1時間
  • 昨日

話題のキーワード

注目連載

あわせてお読みください

IoTニュース

LoRaWANのIoT環境を無料で試用、西菱電機が法人向けに提供
試作から本番実装まで--「IoT in Action」会場で気になったIoT技術のいま
NEC、東京大学、NTT、早稲田大学の4者、IoT機器からクラウドへの通信量を削減する実証実験を開始
IoTを活用して除雪車の運行を支援---システムを開発
「企業データ基盤」はこう創る!─ANAの“顧客体験基盤”構築の要諦 | IT Leaders
NECとNTT、クラウドからエッジに処理を移動させて緊急時に必要な通信帯域を確保する実験 | IT Leaders
加賀市の“コネクテッド除雪車”も! ―― 3周年迎えるIoT共創ラボが成果を発表
DMG森精機、制御システム向けIoTソリューションでMicrosoft Azureなどを活用
経産省キーマンが示す、GAFAに負けない「日本のエッジコンピューティング戦略」
マイクロソフトとDMG森精機、工作機械のデジタル化促進で協業
ヤフー、飲食店の空き状況をリアルタイムに表示するIoT実証実験--新宿の6店舗で
IoTで積雪量の観測と除雪車の管理、BIGLOBEとMomoが会津若松で実証実験
IoTで除排雪の効率化、Momoとビッグローブが協業
デジタル変革とともに異業種企業のコラボレーションで生まれる革新的な製品デザイン
IoTを使った保育園の昼寝の見守りサービス、藤枝市の認可保育園など10カ所で採用
【CES2019現地レポ】家電メーカーの自動運転進出で、なぜ「OS開発」なのか

IoTニュース”は、Mynd Engineを活用して、世の中のIoT関連の記事をまとめさせていただき、ご紹介させていただきます。