IoT(Internet of Things)の最新ニュースや企業&ベンチャー事例(ケーススタディ)ほぼ毎日掲載

ライフスタイル
2017.03.20

内閣官房も推進するシェアリングエコノミー
関係者の仲介役となって地域課題を解決することを期待

最近、シェアリングエコノミーが話題だ。自動車配車プラットフォームの「Uber」ではタクシーの配車に加え、登録ドライバーが自身の自家用車を使って空き時間に運送サービスを行える(日本では開始未定)。民泊などの宿泊施設マッチングサービス「Airbnb」では、住宅などの物件を登録しておき、利用者を宿泊させることができる。

いずれも、遊休資産を共有(シェア)することで個人がビジネスを展開できるサービスになっている。提供者にとっては遊休資産で収入を得ることができ、利用者にとっては利便性や特殊な体験をできるため、双方にメリットのある仕組みといえよう。

また、カーシェアリングやレンタルサイクルなど、自分で持たずに共用のものを積極的に利用する層も増えつつある。こうした動きは、近年の流行語ともなった「ミニマリスト」に表されるように、必要最小限のものしか持たないライフスタイルを具現するものとして賛同者も多いようだ。

これらのシェアリングエコノミーは、モノをインターネットに接続しマッチングサービスを提供することで成立するケースも多いため、IoTの普及によってますます発展していくものと思われる。

政府も普及を後押し

そうした動きを背景に、政府も動き出している。この度、内閣官房が「シェアリングエコノミー伝道師」(内閣官房シェアリングエコノミー伝道師)の第一弾を任命した。任命されたのは、一般社団法人シェアリングエコノミー協会の佐別当隆志氏、石山アンジュ氏、積田有平氏の3名。

 

内閣官房シェアリングエコノミー伝道師とは、地方におけるシェアリングエコノミーの導入推進を促す役割を担い、豊富な知見を備えた人材に与えられる。

期待されるのは、日本の超少子高齢化社会における地域独自の課題解決に向けて、シェアリングエコノミーを一つの主要な手段として推進すること。地域内外の様々な関係者の仲介役となり、地域環境の整備を図るとされている。

一般社団法人シェアリングエコノミー協会について

一般社団法人シェアリングエコノミー協会は、2016年1月15日に設立。会員数は140社(2017年3月現在)。シェアリングエコノミー普及活動、事業者間の交流・勉強会、会員向けサービス開発を活動内容としている。

その理念は、以下の通り。

<協会の理念>
1・すべての人が様々なカタチで、経済行為に参加できる社会の実現
2・新しい経済行為を活性化させ、 日本経済全体の発展に寄与すること
3・プラットフォーム事業者の健全なるビジネス環境と利用者保護体制の整備

一般社団法人シェアリングエコノミー協会
http://sharing-economy.jp/

記事ランキング

  • 直近1時間
  • 昨日

話題のキーワード

注目連載

あわせてお読みください

IoTニュース

アドバンテック×日本ラッド、IIoT分野でのソリューション販売で協業を発表
ソニー、視覚的にディープラーニング設計・評価ができる開発環境。IoT対応に強み
不動産テックのライナフ、スマートロックと室内端末の無線通信について特許を取得
定期継続ビジネス向けプラットフォーム「Bplats®」を提供するビープラッツ株式会社 IoT事業者向けサービス事例「PaPeRo i コラボマーケットプレイス」[PR]
ソラコム買収だけではない、KDDIがIoTビジネス拡大に打った"先手"
アドバンテックと日本ラッドがインダストリアルIoT分野での協業を発表
IoTで注目される「LPWA」、KDDIが富士山で「見える化」したモノとは
AI時代の生産性向上に対して、日立が示した"社員幸福度"という解
IoT広告が目指す未来 第3回 実証実験から得られた、消費者インサイトとは?
日本イスラエル双方の強みをIoTソリューションでレバレッジIQPの挑戦
「IoTの雄」ソラコム、通信大手の中でKDDI傘下の道を選んだ理由
IoTレンタル自転車「Mobike」札幌でスタート-地元企業と協業し駐輪場を設置
テープストレージ市場の縮小も見直し気運に期待--IDC調査
IoT時代、メトロネットワークはどう革新されるか?
Mobike、IoT自転車によるシェアバイクサービスを札幌市で開始
IoT人気記事ランキング|コマツのIoTプラットフォームLANDLOG、リンクジャパン、既存エアコンをIoT化するデバイスeRemote proなど[8/7-8/13]

IoTニュース”は、Mynd Engineを活用して、世の中のIoT関連の記事をまとめさせていただき、ご紹介させていただきます。