IoT(Internet of Things)の最新ニュースや企業&ベンチャー事例(ケーススタディ)ほぼ毎日掲載

ライフスタイル
2018.06.30

スマートスピーカーでお坊さんが呼べる? 注目のClovaスキル
LINE Clovaで「お坊さん便」を利用できるように

BY

6月28日、株式会社よりそう(以下、よりそう)はLINEの音声アシスタント「Clova」スキルストアで僧侶4名の法話(各3種)が聞ける「3分法話」スキルと、同社が運営する定額の僧侶手配サービス「お坊さん便」への問い合わせを行なえるスキルを7月下旬以降より配信開始することを発表した。スキルの詳細は以下の通り。

1.僧侶4名の法話が聞ける「3分法話スキル」

Clova搭載端末に向かって「ねぇClova、3分法話を開いて」と話しかけると、スキルが起動し、「今の気持ちを3つから選んでください」と反応。
「迷い・悲しさ・怒り」の3つの感情から選択することで、その時の気持ちに寄り添った法話を聞くことが可能だ。なお、法話は僧侶4名分、計12話収録されており、感情を選択すると4人の法話の中からランダムに再生される。

スキル体験フロー例(画像はプレスリリースより引用)

2.お坊さん便を呼べる「僧侶手配」スキル

葬儀や法要の際、対応端末に話しかけることで「お坊さん便」を手配することができる。「ねぇClova、僧侶手配を開いて」と話しかけるとスキルが起動。
続いて「お坊さんを呼んで」と話しかけ、葬儀・供養・戒名授与の3つの目的の中から希望のサービスを選択して連絡先の電話番号を伝えると、コールセンターから電話が掛かってきて、お坊さん便の依頼を行うことができる。

「よりそう」は、前述の「お坊さん便」や定額葬儀サービス「よりそうのお葬式」を運営する話題のベンチャー企業。今回のスキル配信は、僧侶をより身近にすることを目的に、現代社会における僧侶の可能性を探求するために立ち上がった「お坊さん便ラボ」の第一弾プロジェクト。

先日発表されたばかりの「Clova Extensions Kit」ならびに「Clovaスキルストア」の初期パートナー34社中の1社が「よりそう」というわけだ。今後も、こうした一見ITとは縁遠そうな分野とスマートスピーカーとの融合により、ユニークなスキルが生まれることに期待したい。

記事ランキング

  • 直近1時間
  • 昨日

話題のキーワード

注目連載

あわせてお読みください

IoTニュース

ユビキタスAIコーポレーションと凸版印刷、IoT機器のライフサイクルマネジメントを中核とした「Edge Trust」を2019年3月提供
EDAプラットフォームに備わるセキュリティ確保の仕組み | IT Leaders
なぜ「変革が必須」の小売で、デジタル対応“した”店舗が逆に苦しむのか
今なお人気の「Arduino」、IoT時代の到来で
IoTやAIが浸透したデジタル社会の取り組みを披露--NECの新野社長が基調講演
Gartner、2018~2023年の戦略的IoTテクノロジートレンドのトップ10を発表
携帯基地局に「カメラ」設置 ソフトバンクが法人向け新サービス
水中環境を計測できるIoTルアー「スマートルアーα」
and factory、IoT学生寮をプロデュース--騒音など共同生活の課題をIoTで解決
IoTやLPWAで益田市をスマートシティのテストベッドに--構想を推進する協議会が発足
西菱電機、屋内位置情報ソリューション「オフィスIoT」を提供開始
パナソニック執行役員「すべての電動アシスト自転車をIoT対応したい」
ソフトバンクも「共創」へ、IoTに本腰
パナソニック、中国・モバイク社とIoT電動アシスト自転車で協業検討開始
AIベンチャーが医療分野で協業 【iNTERNET magazine Reboot】
Maxim、新たな産業用IoTプラットフォームを発表

IoTニュース”は、Mynd Engineを活用して、世の中のIoT関連の記事をまとめさせていただき、ご紹介させていただきます。