IoT(Internet of Things)の最新ニュースや企業&ベンチャー事例(ケーススタディ)ほぼ毎日掲載

イノベーション
2018.05.31

KDDIとTelexistenceが遠隔操作ロボット「MODEL H」を発表
ロボットを通じて遠隔地の「触覚」も体感できるように

BY

5月29日、KDDIは同社がコーポレート・ベンチャー・ファンド「KDDI Open Innovation Fund」を通じて出資しているTelexistenceがテレイグジスタンス(遠隔存在)技術・VR・通信・クラウドを活用した、空間を超える遠隔操作ロボット「MODEL H」の量産型プロトタイプを開発したことを発表した。

テレイグジスタンスとは、遠隔のロボットを自分の分身として利用し、人間を時空の制約から解放しようとする概念のことだ。以下の動画を見てもらうとイメージしやすいだろう。
 

Telexistence Model H unveil

MODEL Hは視覚や聴覚だけでなく、触覚も伝えることができる。両社は今後、このテレイグジスタンス技術を活用したロボットの遠隔操作を体験できるイベントの実施(2018年夏頃)を予定している。同イベントではロボット旅行体験ができるとのことで、小笠原返還50周年記念事業の一環として、東急不動産と鹿島建設、CiP協議会の共同で検討しているという。

通信事業者とロボットの組合せというと、白いボディも相まってソフトバンクの「Pepper」が思い浮かぶが、両社は全く違った性質のロボットだ。利用者の傍に寄り添い、会話などのコミュニケーションが取れるPepperに対し、MODEL Hにできるのは利用者の「身体の代わり」。自分の手足として、道具として「使う」ためのロボットなのだ。

「視覚」面でのVRやAR、MR技術の発達に加えて、手触りまでデバイス越しに感じられるこの技術が普及すれば、時間や場所といった概念は薄れていくだろう。

視覚、聴覚、触覚とくれば残るは「嗅覚」と「味覚」だが、こちらも研究が進んでいる。いずれ五感の全てをデバイス越しに体験できるようになるはずだ。距離や時間、現実と虚構の境目が消える日は近い。

記事ランキング

  • 直近1時間
  • 昨日

話題のキーワード

注目連載

あわせてお読みください

IoTニュース

世界を視野に入れたIoTネットワーク「Sigfox」とは?
「IoT/AIでフィジカルとデジタルの世界を融合」、米PTCのへプルマンCEO
プログラミングが学べて、実用的なIoT製品が作れる一石二鳥のプログラミングキット【今日のライフハックツール】
スマートホームのIoTを狙うハッカーの手口
ドコモ、『未来の家プロジェクト』でIoTスマートホームによる生活モニタリング実証実験を開始
VMwareが「プライベートクラウドという言葉を使わなくなった」理由
航空電子と東大生研が連携研究協力協定を締結
【IoT時代の無線通信技術「LPWA」とは?】(第4回)LPWAのハイエンドにあたるM2M向け規格「LTE Cat.1」、最大10MbpsでLTE同様のカバレージとハンドオーバー性能【ネット新技術】
「2年で2倍」の成長ペース、ファーウェイ法人事業が次に狙うもの
[本日の一品]手軽に家電をIoT化するスマート家電リモコン
ウイングアークら、個室トイレの利用分析IoTソリューションを共同開発
Gmailが「IFTTT」「Gmail Backup」など外部サービスのサポートを終了、その理由は【やじうまWatch】
激安入手可な据置型LTEルーター+格安SIMで月1000円以下の固定回線(?)を実現する
IoTセキュリティに向けた“シフトレフト”が一筋縄ではいかない理由
IoTデバイスの少量生産を可能に、25万円から金型が作れる企業があった
ソフトバンク銀座・表参道に「おうち型」IoT体験コーナー設置

IoTニュース”は、Mynd Engineを活用して、世の中のIoT関連の記事をまとめさせていただき、ご紹介させていただきます。