IoT(Internet of Things)の最新ニュースや企業&ベンチャー事例(ケーススタディ)ほぼ毎日掲載

2018.05.18

操縦マナーも学べる! ドローンデビューに最適な専門店
大丸東京店にドローン専門ストアのポップアップショップが登場

BY

5月23日、大丸東京店に日本初のコンセプトドローン専門ポータルストア「ドローン ザ ワールド」のポップアップショップが登場する。

同ストアを手掛けるのはドローン関連コンテンツの企画、開発、運営を行なうドローンネット。店舗内では常時無料でドローンの操縦体験ができるほか、プロのドローンインストラクターから直接ドローンの操縦マナーや航空マナーを学べる「紳士向けのドローンマナー講座」を開催予定だという。

様々な分野での活躍が期待され、拡大するドローン市場。IoT Todayでは以前、日本企業のドローン活用事情や「ドローンタクシー」について専門家の方に話を伺ったが、ドローンは個人の趣味としても注目を集めている。ただ飛ばすだけでなく空撮やレースなど様々な楽しみ方ができるため、最新の「大人の趣味」として、密かに「チャンスがあれば触ってみたい」と考えている読者も多いのではないだろうか。

とはいえ、ドローンはまったく知識がない状態から始めるには少しハードルの高い趣味でもある。まず何を買えば良いのか分からないという悩みはもちろん、“紳士”として気になるのはマナーや法律面だろう。今や手の平に乗ってしまうような小型ドローンも珍しくないが、小さいからといっていつでもどこでも好きに飛ばして良い訳ではないのが悩みどころだ。

今回のポップアップショップで開催予定の「ドローンマナー講座」では、有人飛行機の操縦歴22年かつ教育歴13年、のべ700人以上のパイロットの教育に携わってきたというプロのインストラクターから直接、操縦マナーや航空マナーの手ほどきを受けられる。

(画像はプレスリリースより引用)

マナー講座(50分5800円、定員4名/回)に参加するには店舗での予約が必要となるが、ショップへの来場は予約不要だ。お近くの方は立ち寄って「ドローンデビュー」への第一歩を踏み出してみてはいかがだろうか。

(画像はプレスリリースより引用)

●「ドローン ザ ワールド」大丸東京店 期間限定ポップアップショップ
・店名:「ドローン ザ ワールド」大丸東京店
・期間:2018年5月23日(水)〜6月5日(火)
・場所:東京都千代田区丸の内1-9-1 7F、英國屋横イベントスペース
・営業時間:10:00~20:00、木・金のみ 10:00~21:00

●「ドローン ザ ワールド」ポータルサイト:https://drone-the-world.com

記事ランキング

  • 直近1時間
  • 昨日

話題のキーワード

注目連載

あわせてお読みください

IoTニュース

「スマホで注文、ロボットがお届け」の未来カフェ実験が都内でスタート。2019年1月7日より
アナリストが見通す、LPWA“第2幕”の行方
主にIoTを担当する国内人材の総数は約47万人--IDC調査
[みんなのケータイ]続々登場のスマホ連携家電、ロボット掃除機と洗濯機を購入
JD.comとインテルがIoTラボを設立--スマート小売アプリケーションを開発へ
White Motion蔵本CEOにコネクテッドカーの課題と未来を聞いた
アビーム、最新技術と企業が持つデータを組み合わせたデジタルソリューション「ABeam Digital powered by SAP Leonardo」
IoTにおいて守るべきところは「IT」だけでない――IDC、国内IoTセキュリティ製品の市場予測を発表
第2フェーズに入るIoT クラウドとの組み合わせが重要になるエッジコンピューティングとは何か?
スマート電球やスマートプラグのSTYLED、米Tuyaと提携しIoT家電のスピーディーな製造を目指す
Sigfox対応の消火器が最優秀賞――KCCSがIoTアイデアコンテストを開催
「ArmはIoTで最適な場所にいる」--買収戦略の意義などを強調
HOYAデジタルソリューションズ、生産設備向けの予知保全システム構築サービスを提供
Amazonで消耗品を自動再注文、在庫重量を計測するIoTマット
国内IoT市場、企業のIoT利用率は6.4%。「IoT担当者」の総数は174万8千人と推定――IDCが企業ユーザー動向調査
TECHFUND 松山CEO xアプリックス 長橋社長:IoTとブロックチェーンが「相性抜群」の理由

IoTニュース”は、Mynd Engineを活用して、世の中のIoT関連の記事をまとめさせていただき、ご紹介させていただきます。