IoT(Internet of Things)の最新ニュースや企業&ベンチャー事例(ケーススタディ)ほぼ毎日掲載

ライフスタイル
2018.04.13

充電不要! 体温で発電するスマートウォッチ登場
消費カロリー、歩数計、睡眠量計を備えた防水スマートウォッチ

BY

ソフトバンク コマース&サービスから、体温で発電する世界初のスマートウォッチ「MATRIX PowerWatch」が発売された。独自の熱発電技術を搭載しており、体温と外気温との温度差により本体の駆動に必要な電力を生み出すことが可能。体温による発電は、常に身につけるスマートウォッチとして最適な発電方法だろう。なお、非装着時にも蓄電された電力で駆動する。

また、一日で自分の体温により発電した電力量を確認・友人へとシェアもできるため、誰が一番電力を創りだしたか、などゲーム感覚で楽しむこともできる。

スマートウォッチとしての機能としては、以下のとおり。

・カロリー計算
人の体内で消費カロリーは熱に変換される。MATRIX PowerWatchは熱からその消費カロリーを正確に計測する。

・歩数計
歩数を計測することで、一日の活動量を把握できる。

・睡眠量計
睡眠時間を計測する。計測中も体温によって発電するため、翌朝、充電する必要はない。

ほかに、50M防水を備えている他、文字盤のカスタマイズも可能。

計測したデータは本体の画面で確認できる。また、スマートフォンと本製品をBluetoothで接続することで、計測したデータを専用のアプリケーションによる管理することも可能だ。

ラインアップはSilver(税込3万5,424円)とBLACK OPS PACK(税込4万824円)の2種類。
また、5月以降に上記に加えて着信通知機能などを備えた「MATRIX PowerWatch X」も販売開始予定。

なお、MATRIX PowerWatchはソフトバンク コマース&サービスの「+Style」という、アイデアや試作中の製品を商品化に向けて支援する消費者参加型プラットフォームから販売される。「+Style」は、消費者と一緒にものづくりができるプラットフォームで、製品の段階に応じて3つの機能を有しており、本製品は「ショッピング」で販売される。

「プランニング」では、投稿された製品やアイデアにユーザーが意見を述べることで、企業とユーザーが商品化に向けて一緒に企画を進めていくことが可能。

「クラウドファンディング」では、消費者の声を取り入れながら製品を作り上げていくとともに、インターネット経由で多くのユーザーから事前に商品購入を募って商品化することが可能。

そして「ショッピング」では、一般販売前の商品などを、先行や数量限定で販売するといった活用ができるとともに、商品に対する購入者からの意見を集めることが可能。

今後も新機軸の製品が登場することを楽しみにしたい。

記事ランキング

  • 直近1時間
  • 昨日

話題のキーワード

注目連載

あわせてお読みください

IoTにおいて守るべきところは「IT」だけでない――IDC、国内IoTセキュリティ製品の市場予測を発表

第2フェーズに入るIoT クラウドとの組み合わせが重要になるエッジコンピューティングとは何か?

スマート電球やスマートプラグのSTYLED、米Tuyaと提携しIoT家電のスピーディーな製造を目指す

Sigfox対応の消火器が最優秀賞――KCCSがIoTアイデアコンテストを開催

「ArmはIoTで最適な場所にいる」--買収戦略の意義などを強調

HOYAデジタルソリューションズ、生産設備向けの予知保全システム構築サービスを提供

Amazonで消耗品を自動再注文、在庫重量を計測するIoTマット

国内IoT市場、企業のIoT利用率は6.4%。「IoT担当者」の総数は174万8千人と推定――IDCが企業ユーザー動向調査

TECHFUND 松山CEO xアプリックス 長橋社長:IoTとブロックチェーンが「相性抜群」の理由

セールスフォース、「Field Service Lightning」で「IoT Insights」を提供開始

ドコモの5G、AI、IoT技術が集結するイベント、ビッグサイトで開催

ArmがハードウェアIP「Cordio」の開発を中止

業務上の課題を解決するサービスを訴求するIoT基盤「Pelion」、アームが優位性を強調 | IT Leaders

国内IoT市場の企業ユーザー動向調査、IoT利用企業の割合は6.4%~IDC Japan調査

センシングデータで入居者の活動状況を把握 介護の質向上と業務負荷軽減へ――HITOWAケアサービス、パナソニックのIoT/AIを導入

交換時期に歯ブラシや水が自動で届く「Amazon Dash Replenishment」--IoTで状態を把握

国内IoTセキュリティ製品市場、2017年は前年比20.5%増の624億円。2022年には約2倍の1,221億円に――IDC予測

人間がセキュリティホールにも守りの要にもなるIoTならではのセキュリティの勘所

ドコモ、「IoT×5G×SDGsパートナー協創プロジェクト」を開始

“完璧なセキュリティ人材”などいない――企業のリーダーはなぜ幻を追い求めるのか

IoTニュース

IoTにおいて守るべきところは「IT」だけでない――IDC、国内IoTセキュリティ製品の市場予測を発表
第2フェーズに入るIoT クラウドとの組み合わせが重要になるエッジコンピューティングとは何か?
スマート電球やスマートプラグのSTYLED、米Tuyaと提携しIoT家電のスピーディーな製造を目指す
Sigfox対応の消火器が最優秀賞――KCCSがIoTアイデアコンテストを開催
「ArmはIoTで最適な場所にいる」--買収戦略の意義などを強調
HOYAデジタルソリューションズ、生産設備向けの予知保全システム構築サービスを提供
Amazonで消耗品を自動再注文、在庫重量を計測するIoTマット
国内IoT市場、企業のIoT利用率は6.4%。「IoT担当者」の総数は174万8千人と推定――IDCが企業ユーザー動向調査
TECHFUND 松山CEO xアプリックス 長橋社長:IoTとブロックチェーンが「相性抜群」の理由
セールスフォース、「Field Service Lightning」で「IoT Insights」を提供開始
ドコモの5G、AI、IoT技術が集結するイベント、ビッグサイトで開催
ArmがハードウェアIP「Cordio」の開発を中止
業務上の課題を解決するサービスを訴求するIoT基盤「Pelion」、アームが優位性を強調 | IT Leaders
国内IoT市場の企業ユーザー動向調査、IoT利用企業の割合は6.4%~IDC Japan調査
センシングデータで入居者の活動状況を把握 介護の質向上と業務負荷軽減へ――HITOWAケアサービス、パナソニックのIoT/AIを導入
交換時期に歯ブラシや水が自動で届く「Amazon Dash Replenishment」--IoTで状態を把握

IoTニュース”は、Mynd Engineを活用して、世の中のIoT関連の記事をまとめさせていただき、ご紹介させていただきます。