IoT(Internet of Things)の最新ニュースや企業&ベンチャー事例(ケーススタディ)ほぼ毎日掲載

ライフスタイル
2018.04.11

LINEのClovaがスマートホーム機能に対応
まずは照明のPhilips Hueから対応開始

BY

LINEはスマートスピーカーに搭載されているAIアシスタント「Clova」によるホームIoTサービス「Clova Home」の提供を開始した。LINEのスマートスピーカー「Clova WAVE」「Clova Friends」のどちらでも利用できる。

第一弾として「Philips Hue」をサポート。インターネットを経由して照明の操作ができるようになった。 照明のON/OFF操作はもちろんのこと、 明るさ・色等の細かな調整も音声で簡単に操作することが可能となる。さらに、 事前に設定を行うことによって「リビングの照明をつけて」など場所を指定した操作も可能。

Philips Hueに対して行なえる操作

これまでもClova WAVEでは、赤外線対応家電をコントロールする「音声リモコン」機能が用意されていた。しかし、スマートスピーカーと家電製品の間に障害物がなく、お互いを赤外線の届く範囲に配置する必要があった。

今回対応した「Clova Home」では、Clovaが各サービス企業のインターネットサーバーを経由して自宅にあるゲートウェイ(ブリッジ)とつながり、各家電製品をコントロールする。このため、音声リモコンのような制約にしばられることなく配置が可能となる。

Clova Homeと音声リモコンの仕組みの違い

また、Cova Friendsでも利用できる機能であり、今後対応予定の音声リモコンオプションも必要なく、音声コントロールが可能となる。

LINEによれば、今回のPhilips Hueを皮切りに、様々なメーカーとの連携、多種多様な機器との対応を進めるとのこと。

記事ランキング

  • 直近1時間
  • 昨日

話題のキーワード

注目連載

あわせてお読みください

IoTニュース

ソフトバンクのNB-IoT戦略――月額10円~で全国展開
NECら、加古川市でスマートシティプロジェクト - 見守りサービス導入
IoTデバイス・サービスを顧客とマッチング、ソフトバンクが約140社と「パートナープログラム」
IoT時代のビルシステム向けセキュリティ対策、NTTセキュリティらが提供
Microsoftとタッグを組んだWalmart 対Amazonで譲れるものと譲れないもの
アサヒ電子・TIS・ブリスコラ、脈波・血管年齢を算出するアルゴリズムとデータを収集・活用向けIoTプラットフォーム/APIゲートウェイを共同開発
三井不動産が東京・日本橋でIoT実証実験、センスウェイのLoRaWANを活用
丸紅情報システムズ、IoTデバイス向け軽量暗号「Speck」に対応する暗号鍵保護ソフトウェアを提供
OKI、IoTやAIを活用しビジネスモデルの再構築を支援する店舗デジタル変革製品を提供 | IT Leaders
ソラコム初のピッチイベント、Moffなど注目IoTスタートアップ登壇
IoT人気記事ランキング|NECが少量の収集データで活用可能な機械学習技術を開発、など[7/9-7/15]
「スマートスピーカーに飽きた人にも使って欲しい」──au HOMEが機能拡充、Alexa対応
ソフトバンク、顧客とパートナーをマッチングさせIoTビジネスの拡大を図るプログラム
西松建設、LPWAとIoT技術を用いた農業分野向け計測監視システムの実証実験を開始
GEとMicrosoftが提携を拡大、インダストリアルIoTソリューションを共同で推進
ウォルマートがマイクロソフトと戦略的提携--Azureなど活用、小売のデジタル変革加速へ

IoTニュース”は、Mynd Engineを活用して、世の中のIoT関連の記事をまとめさせていただき、ご紹介させていただきます。