IoT(Internet of Things)の最新ニュースや企業&ベンチャー事例(ケーススタディ)ほぼ毎日掲載

ライフスタイル
2018.04.05

ニッチな観光情報も入手できるAI搭載 観光SNS
AIがユーザーの興味関心に沿った観光情報を提案するアプリ

BY

2016年の流行語大賞にも選ばれた「聖地巡礼」に代表されるように、近年、観光ニーズは多様化し、一般的なガイドブックには載っていないような観光スポットを訪れる人も増えている。そんなニーズに応えてくれるのがAI搭載観光SNSアプリ「Deaps」だ。

 

Deapsはスポット情報に位置情報とハッシュタグを付けて投稿することで、自動的にオリジナルの地図を作成することが可能な、オープンなSNSアプリ。「#聖地巡礼」「#酒蔵」「#城」「#マンホール」など、特定のテーマに沿った地図(ハッシュタグマップ)を不特定多数のユーザーと共有することができる。

 

作成したオリジナルマップは生成されるURLによってWebサイトや他社SNSでもシェア可能。Deapsではハッシュタグによってスポット情報を拡散することで、平成28年度より観光庁主導のもと行なわれているテーマ別観光による地方誘客を促進するとしている。

また、ハッシュタグ同士を関連付けるハッシュタグチェーン機能により、関連付けられたハッシュタグマップに容易に移動できるという。これによって、地図上で俯瞰しながら興味のある情報を連続的につなぐことで、特定の興味関心を深めるだけでなく、ユーザーが想定しなかったような新しい興味関心へたどりつくことをサポートするとのこと。

 

Deapsユーザーの趣味嗜好属性は、同じ趣味嗜好を持つ人々のオリジナル情報のもと拡大していくという。例えばマンホール好きが同アプリにログインすると、同じマンホール好きのユーザーが夢中になっている別の趣味の中から、例えば「ダム」「映画の舞台」など新しいテーマを提案する。これによって、自身も気づかなかったニッチで希少な情報が得られるため、新しい感動や発見が生まれ、より深い旅やおでかけを楽しめるという。

新たな発見を求めて旅に出たいとき、参考にしてみはいかがだろうか。
 

記事ランキング

  • 直近1時間
  • 昨日

話題のキーワード

注目連載

あわせてお読みください

IoTニュース

広島県、AI・IoTの実証プラットフォームを構築へ--ソフトバンクやNTT西日本らが協力
IoTエッジ装置「AI BOX」で「Azure IoT Edge」を活用、クラウディアンが検証 | IT Leaders
IoT用OS「Android Things」とスマートディスプレイに隠されたグーグルの狙い
オプティム、佐賀県でドローン×AIによる減農薬米栽培を実施
みずほFG・富士通など、スマートスタジアム構想におけるIoT決済の実証実験
「Build 2018」で見せたマイクロソフトの思惑
広島県、AI/IoTを活用したソリューションを創り出す実証実験の場を提供
エッジAIで実現する未来、ソシオネクストが提案
FIDO準拠でセキュアな"カンタンログイン"を実現。ソフト技研のセキュリティソリューション - 2018 Japan IT Week春より
CDNで遅延1秒以下の動画配信を全世界で実現--ライムライト・ネットワークス
中部電力など、AIやIoT利用のGPSによる子供見守りサービス
パートナーを重視するArmのIoT戦略、日本市場に期待
韓国電力公社(KEPCO)の「ビハインド・ザ・メーター」プロジェクト、ArmのIoTソリューションを採用
“100通りの課題に100通りの使い方”名刺サイズのIoTを提案するビッグローブ - 2018 Japan IT Week 春より
東電とインフォメティス、電力×機器分離技術によるIoTプラットフォーム事業を本格展開
養殖エビを救え!IIJがタイで水質モニタリングを実証実験

IoTニュース”は、Mynd Engineを活用して、世の中のIoT関連の記事をまとめさせていただき、ご紹介させていただきます。