IoT(Internet of Things)の最新ニュースや企業&ベンチャー事例(ケーススタディ)ほぼ毎日掲載

ライフスタイル
2018.03.09

離れた部屋へ音楽を届けるAmazon Echoの新機能
Echoデバイスをグループ化して家全体を音楽に包まれた生活空間へ

3月7日、AmazonはAmazon Echoに新機能「マルチルームミュージック」を追加した。
今回の新機能を使うことで、自宅にある複数のEchoデバイス(Echo、Echo DotまたはEcho Plus)を連携させ、生活のさまざまなシーンで音楽を楽しめるようになるという。

例えば、自宅に友人を招いたときに複数の部屋で同じ楽曲を一斉に流し、パーティー気分を盛り上げたり、リビングルームにあるEchoデバイスを通じて寝室のEchoデバイスで朝の目覚めの音楽をかけることで、まだ寝ている家族を気持ちよく起こしたりなど、家全体を音楽に包まれた生活空間へと変貌させる。

使い方は、まずAlexaアプリを用いて、各部屋にある複数のEchoデバイスを下記の手順でグループ化する。

①メニューから「スマートホーム」を選択する。
②「グループ」を選択する。
③「グループを追加」を選択する。
④「Amazonマルチルームミュージックグループ」を選択する。
⑤「リビング」や「キッチン」などの標準名からグループ名を選択するか、「カスタム名」のテキストフィールドにグループ名を入力する。
⑥グループに追加したいEchoデバイスを選択し、「保存」を選択

これによって、グループ化された任意のEchoデバイスを通じて、グループに追加したすべて、あるいは特定のデバイスの音楽を再生・再生の一時停止・再開・音量の調整を発話によって行なえるようになる。外部スピーカーがEchoデバイスにオーディオケーブルで接続されている場合は、外部スピーカーからも音楽を再生できる。

Amazon Musicで楽曲を購入したユーザーや、Amazon Music Unlimited(個人プランまたはファミリープラン)やPrime Musicの聴き放題サービスの利用者、あるいはdヒッツ、うたパス、TuneIn利用者は、下記のように呼びかけることでマルチルームミュージック機能を利用できる。

・「アレクサ、(グループ名)で(楽曲/アルバム/プレイリスト/その他)をかけて」
・「アレクサ、(デバイス名)で音楽をかけて」
・「アレクサ、(グループ名)の音量を(レベル)に設定して」

音楽配信サービスを選びたい場合は、下記のように呼びかける。

・「アレクサ、(音楽サービス)で(グループ名)で(楽曲)をかけて」

今回の新機能で、どこでもどこからでも、家中のあらゆる場所で音楽を楽しめるようになる。日々進化を続けるAmazon Echo(Alexa)。次はどんな機能が追加されるのか、楽しみである。

記事ランキング

  • 直近1時間
  • 昨日

話題のキーワード

注目連載

あわせてお読みください

空港案内から“手ぶらショッピング”まで 顔認証で顧客最適化――和歌山県白浜エリアでNECらが共同実証

海中センサーとドローンで広島の養殖牡蠣の生育環境を保全――シャープ、東大らが共同実証へ

NTTドコモ、IoTセンサーによる設備点検パック、1センサーあたり月額2700円 | IT Leaders

Armが2019年のIoT分野について予測を発表

「スマホで注文、ロボットがお届け」の未来カフェ実験が都内でスタート。2019年1月7日より

アナリストが見通す、LPWA“第2幕”の行方

主にIoTを担当する国内人材の総数は約47万人--IDC調査

[みんなのケータイ]続々登場のスマホ連携家電、ロボット掃除機と洗濯機を購入

イノベーション

アマゾンエフェクトからの脱却を図る小売業の新機軸

JD.comとインテルがIoTラボを設立--スマート小売アプリケーションを開発へ

White Motion蔵本CEOにコネクテッドカーの課題と未来を聞いた

アビーム、最新技術と企業が持つデータを組み合わせたデジタルソリューション「ABeam Digital powered by SAP Leonardo」

IoTにおいて守るべきところは「IT」だけでない――IDC、国内IoTセキュリティ製品の市場予測を発表

第2フェーズに入るIoT クラウドとの組み合わせが重要になるエッジコンピューティングとは何か?

スマート電球やスマートプラグのSTYLED、米Tuyaと提携しIoT家電のスピーディーな製造を目指す

Sigfox対応の消火器が最優秀賞――KCCSがIoTアイデアコンテストを開催

「ArmはIoTで最適な場所にいる」--買収戦略の意義などを強調

HOYAデジタルソリューションズ、生産設備向けの予知保全システム構築サービスを提供

Amazonで消耗品を自動再注文、在庫重量を計測するIoTマット

国内IoT市場、企業のIoT利用率は6.4%。「IoT担当者」の総数は174万8千人と推定――IDCが企業ユーザー動向調査

IoTニュース

空港案内から“手ぶらショッピング”まで 顔認証で顧客最適化――和歌山県白浜エリアでNECらが共同実証
海中センサーとドローンで広島の養殖牡蠣の生育環境を保全――シャープ、東大らが共同実証へ
NTTドコモ、IoTセンサーによる設備点検パック、1センサーあたり月額2700円 | IT Leaders
Armが2019年のIoT分野について予測を発表
「スマホで注文、ロボットがお届け」の未来カフェ実験が都内でスタート。2019年1月7日より
アナリストが見通す、LPWA“第2幕”の行方
主にIoTを担当する国内人材の総数は約47万人--IDC調査
[みんなのケータイ]続々登場のスマホ連携家電、ロボット掃除機と洗濯機を購入
JD.comとインテルがIoTラボを設立--スマート小売アプリケーションを開発へ
White Motion蔵本CEOにコネクテッドカーの課題と未来を聞いた
アビーム、最新技術と企業が持つデータを組み合わせたデジタルソリューション「ABeam Digital powered by SAP Leonardo」
IoTにおいて守るべきところは「IT」だけでない――IDC、国内IoTセキュリティ製品の市場予測を発表
第2フェーズに入るIoT クラウドとの組み合わせが重要になるエッジコンピューティングとは何か?
スマート電球やスマートプラグのSTYLED、米Tuyaと提携しIoT家電のスピーディーな製造を目指す
Sigfox対応の消火器が最優秀賞――KCCSがIoTアイデアコンテストを開催
「ArmはIoTで最適な場所にいる」--買収戦略の意義などを強調

IoTニュース”は、Mynd Engineを活用して、世の中のIoT関連の記事をまとめさせていただき、ご紹介させていただきます。