IoT(Internet of Things)の最新ニュースや企業&ベンチャー事例(ケーススタディ)ほぼ毎日掲載

イノベーション
2018.01.30

今後の新たな広告手法「会話広告」で日本が"ぶち上がる"
会話広告「fanp」展開のZEALSが累計5億円を調達

会話広告「fanp (ファンプ)」を展開するZEALS(ジールス)が、ジャフコとフリークアウトから総額約 4.2 億円を調達したと発表した。 今回の調達によってZEALSの累計調達額は、約5億円にのぼる。

ZEALSは「次なる産業革命を興し、日本をぶち上げる」をミッションに掲げ、「会話広告」という新たな広告概念を打ち立てた「fanp」を展開している。調達した資金によって展開を一層加速することで、会話広告という新たな広告領域で圧倒的No.1を目指すという。

ZEALS代表取締役 清水正大氏

「会話広告」とはチャット上でユーザーに商品やサービスを"会話"を通じて紹介し、購入や登録ができる新たな広告手法。「fanp」では、購入や申し込みなどにどれくらい至っているかを示す指標のCVR(コンバージョンレート)が、広告やリンクをクリックした際に表示されるページとなるLP(ランディングページ)のCVRに比べて 7倍となっていると発表している。これまでの広告手法と比べて大きな効果が得られており、人材・保険・不動産・ECといった業種の大手各社に利用されているという。

Facebook広告を例に見てみると、バナーやタイムライン上に流れてくる広告をクリックすることでLPへ遷移するような仕組みになっている。しかし、fanpでは広告をクリックするとLPに飛ぶ代わりにFacebook Messengerのチャットボットが立ち上がる。ユーザーはそのチャットボットとのやり取りを通じて、広告を出稿した企業の商品の理解を深めるというわけだ。

現在はFacebookメッセンジャーのみの展開となっているが、スマートスピーカーへの応用も期待できる。例えば歴史について知りたいと思い、スマートスピーカーに対して「〇〇の歴史について知りたい」と問いかけたとしよう。簡単な概要とともに「〇〇の歴史について学ぶのにオススメの書籍『XXX』を購入しますか?」などという提案がされることも想像できる。

2月9日にはアップルからHomePodも発売され、さらなる盛り上がりが期待されるスマートスピーカー業界。それらと親和性の高い会話広告で産業革命が起こり、日本がぶち上がるのを期待したい。

記事ランキング

  • 直近1時間
  • 昨日

話題のキーワード

注目連載

あわせてお読みください

IoTニュース

「日本発の海中光LAN」で世界をリード、JEITAが新産業を支援する「共創プログラム」とは? 
ドア全体が巨大な液晶に 未来の扉「未来ドア UPDATE GATE」
ドローンをあらゆる角度からセキュアに、「ドローンセキュリティガイド」の意義
CEC、工場IoTデータを可視化する「Visual Factory」を提供開始
セールスワン、IoT/RFIDと連携した点検管理ソリューション「StampFlow」を提供開始
OKIが考える「高度IoT社会」とは――常務執行役員・坪井氏が講演
多様なIoT無線をサポートするアドバンテックの「M2.COM」
de:code 2018の基調講演で披露された「Visual Studio」「Visual Studio Code」の新機能
SAPジャパン、業種別・テクノロジー別のSAP Leonardoアクセラレーターパッケージを国内で本格提供開始
企業IT
広島県、AIやIoTなどの実証実験の場「ひろしまサンドボックス」を始動 | IT Leaders
インテルとC3 IoTが提携--AIアプライアンス提供へ
コネクシオ、IoTシステムを迅速・簡単に構築するためのテンプレート
シーイーシー、工場IoTデータを可視化する「Visual Factory」を発表
戦略から実践へ--北米最大規模「IoTワールド2018」開催
パートナー企業とIoTビジネスを共に創るNTTコム

IoTニュース”は、Mynd Engineを活用して、世の中のIoT関連の記事をまとめさせていただき、ご紹介させていただきます。