IoT(Internet of Things)の最新ニュースや企業&ベンチャー事例(ケーススタディ)ほぼ毎日掲載

イノベーション
2018.01.30

今後の新たな広告手法「会話広告」で日本が"ぶち上がる"
会話広告「fanp」展開のZEALSが累計5億円を調達

会話広告「fanp (ファンプ)」を展開するZEALS(ジールス)が、ジャフコとフリークアウトから総額約 4.2 億円を調達したと発表した。 今回の調達によってZEALSの累計調達額は、約5億円にのぼる。

ZEALSは「次なる産業革命を興し、日本をぶち上げる」をミッションに掲げ、「会話広告」という新たな広告概念を打ち立てた「fanp」を展開している。調達した資金によって展開を一層加速することで、会話広告という新たな広告領域で圧倒的No.1を目指すという。

ZEALS代表取締役 清水正大氏

「会話広告」とはチャット上でユーザーに商品やサービスを"会話"を通じて紹介し、購入や登録ができる新たな広告手法。「fanp」では、購入や申し込みなどにどれくらい至っているかを示す指標のCVR(コンバージョンレート)が、広告やリンクをクリックした際に表示されるページとなるLP(ランディングページ)のCVRに比べて 7倍となっていると発表している。これまでの広告手法と比べて大きな効果が得られており、人材・保険・不動産・ECといった業種の大手各社に利用されているという。

Facebook広告を例に見てみると、バナーやタイムライン上に流れてくる広告をクリックすることでLPへ遷移するような仕組みになっている。しかし、fanpでは広告をクリックするとLPに飛ぶ代わりにFacebook Messengerのチャットボットが立ち上がる。ユーザーはそのチャットボットとのやり取りを通じて、広告を出稿した企業の商品の理解を深めるというわけだ。

現在はFacebookメッセンジャーのみの展開となっているが、スマートスピーカーへの応用も期待できる。例えば歴史について知りたいと思い、スマートスピーカーに対して「〇〇の歴史について知りたい」と問いかけたとしよう。簡単な概要とともに「〇〇の歴史について学ぶのにオススメの書籍『XXX』を購入しますか?」などという提案がされることも想像できる。

2月9日にはアップルからHomePodも発売され、さらなる盛り上がりが期待されるスマートスピーカー業界。それらと親和性の高い会話広告で産業革命が起こり、日本がぶち上がるのを期待したい。

記事ランキング

  • 直近1時間
  • 昨日

話題のキーワード

注目連載

あわせてお読みください

IoTニュース

トイレを電池・配線レスでIoT化、スライドラッチ受け「SWITCHSTRIKE AIR」3月末に発売 元離宮二条城で試験運転も開始
BIGLOBEモバイルがIoT/M2M通信向けサービスを強化 月額400円台からの低価格プランや固定IPオプションなどを提供
住友電工とNEC、モビリティ事業で協業--自動車でのAI/IoT活用を加速
“トイレのIoT化”で混雑時の利用効率を向上--安否確認や犯罪防止にも活用
混雑トイレに新たな"IoT"、世界遺産、元離宮二条城での試験運用開始
シーメンスのIoTプラットフォームがAWS上で利用可能に | IT Leaders
Keychain、ブロックチェーンを使ったIoT認証セキュリティソフトを開発
三菱電機、低消費電力や低コストをAI技術で実現
NTT Comと成蹊大、IoTによる大学構内の環境モニタリング実証実験を開始
IoTデバイスのセキュリティ向上へ--MITが低電力暗号処理チップを開発
VMwareがIoTセキュリティで特に重視するのは自動車業界
Oracle、「Oracle IoT Cloud」の新しいインダストリー4.0機能を発表
三菱電機、AI技術で機器やエッジをスマート化
クアルコムが産業IoT向け「Wireless Edge Services」、5G NRの計画など披露
【NW未来予想図04】セルラーLPWAが急成長――2022年にはNB-IoTがシェア50%近くに
BIGLOBEモバイルがIoT向け通信サービスを強化、低容量の100MB/上り高速の300GBプラン

IoTニュース”は、Mynd Engineを活用して、世の中のIoT関連の記事をまとめさせていただき、ご紹介させていただきます。