IoT(Internet of Things)の最新ニュースや企業&ベンチャー事例(ケーススタディ)ほぼ毎日掲載

テクノロジー
2018.01.30

ドローンはどこなら飛ばせるの? そんな疑問をアプリで解消
ドローン飛行可能空域をスマホでチェックできる無料アプリ「ドローン飛行チェックアプリ」がリリース

ドローンに関する話題は「IoT Today」でもたびたび取り上げているが、農業をはじめ、施設点検、測量など様々な場面で利用されている。

上空からのダイナミックな画が撮影できるということでミュージックビデオなどでも多用されており、目にしたことがある人も多いだろう。

国内でドローンを飛ばす際は国が定めた航空法にのっとり、飛行する高度や禁止区域に指定されていないかに注意しなければならない。実施したことがある人なら共感してくれると思うが、国土交通省のホームページを訪問し、飛行可能か否かをチェックするのは煩わしさを感じる。

そんな中、ドローンビジネス専門オンラインプラットフォーム「drone market」を運営するdoが、ドローンを飛行させたい空域が航空法で定められている無人航空機の飛行許可が必要となる空域かどうかを、チェックできるスマホアプリ「ドローン飛行チェックアプリ」をリリースした。

「ドローン飛行チェックアプリ」では、国土交通省が定める人口集中地区(DID)、空港やヘリポート等、飛行の許可が必要な空域が表示され、スマホアプリから簡単に飛行させたい場所の空域を調べる機能を搭載している。

また、航空法123条その2に記載されている、「 [1]日中(日の出から日没まで)に飛行させること」に対応しており、現在時刻と位置情報から日中または日没の時間を割り出し、現在飛行可能かどうかがわかる機能も備えている。

無人航空機の飛行許可が必要となる空域

この「ドローン飛行チェックアプリ」は、現在日本語のみに対応しているというが、今後は、国際的なイベント等の開催により訪日外国人旅行者の増加が見込まれるため、英語をはじめとした多言語化にも対応していく予定だという。

「ドローン飛行チェックアプリ」の登場によって、ドローンを飛ばして良いか否かの判断をする際の煩わしさが軽減されることだろう。

現在の航空法では通常飛行禁止のエリアでも、地方航空局長の許可や承認があれば飛行させることができる場所も存在する。このアプリを通じて許可申請までできるようになれば、より手軽にドローンを飛行させることができるのではないだろうか。「ドローン飛行チェックアプリ」に、そのようなアップデートの発表があることを期待したい。

記事ランキング

  • 直近1時間
  • 昨日

話題のキーワード

注目連載

あわせてお読みください

IoTニュース

現場革新に主眼を置くオムロンが綾部工場で実践する「高度1~10m」の取り組み
デルタ電子からエネルギーを見える化するマートホーム・マネジメントシステム--自動制御や遠隔制御も
IoTで乳幼児の突然死対策、ソフトバンクグループのhugmoが保育士の負担軽減サービス
AI/IoT時代に「オントロジー」が注目される理由──JDMC理事 北澤氏に聞く
KDDIやNRIなど、会津若松市で5Gやドローンを活用した「日本酒造り」の実証事業を開始 | IT Leaders
【後編】”製造業特化型”×”高速クラウド”のIoT基盤「FA Cloud」が始動、その全容と3社共同開発の狙いとは —FAプロダクツ、MODE、神戸デジタル・ラボ
日立グループとタイ・サイアムセメントグループがIoTを活用し協創 | IT Leaders
GMOクラウドと双日、コネクテッドカー関連事業の推進で業務提携
映像IoTを支えるネットワーク構築のポイント「エッジで映像は捨てる」
【前編】”製造業特化型”×”高速クラウド”のIoT基盤「FA Cloud」が始動、その全容と3社共同開発の狙いとは —FAプロダクツ、MODE、神戸デジタル・ラボ
サイアムセメントグループと日立がIoTを活用し、 工場のエネルギー省力化や流通業務の効率化に向けた協創を開始
ドローンと5Gを活用した「日本酒造り」、KDDIらが実証実験
データ流通の実現が事業発展のカギ ―データ流通推進協議会 理事 杉山氏インタビュー
GoogleのIoTプラットフォームを利用した開発支援、富士通が提供
国内IoT市場、2022年にソフト/サービスの支出割合が61.1%へ--IDC Japan予測
2022年のIoT市場規模は11.7兆円、スマートホームやスマートグリッド普及でソフトウェア/サービスがけん引――IDC調べ

IoTニュース”は、Mynd Engineを活用して、世の中のIoT関連の記事をまとめさせていただき、ご紹介させていただきます。