IoT(Internet of Things)の最新ニュースや企業&ベンチャー事例(ケーススタディ)ほぼ毎日掲載

ライフスタイル
2018.01.29

阪神ファン"トラキチ"のマストバイアイテム登場!
いつでもどこでも応援できるウェアラブル端末

日本では根強い人気があるプロ野球。テレビ中継でもさまざまなアングルからの映像や球種情報などが見られるようになってきていて、スポーツとテクノロジーの融合が感じられる場面も出てきている。

そんな折に、シャープから発売されるのがクラウド連携ウェアラブル端末「funband」(ファンバンド)だ。今回、阪神タイガースモデルを2種発売。チームカラーである白と黒が用意されている。

 

「funband」はBluetoothでスマートフォンと接続しクラウドで連携することで、スコア情報のほかホームランやヒットなど各打席の対戦状況をディスプレイに逐次表示するほか、振動やLEDでも通知してくれる。これによって、テレビやラジオで試合状況を確認できないときにも確認できるようになっている。

また、試合時にはユーザーの応援する腕の動きを内蔵センサーで検知。動作回数を「応援アクション」としてクラウド上で集計。数値化された「応援パワー(応援量)」は、本体ディスプレイのほかスマートフォンでも確認可能。これにより、球場内ではもちろん、離れた場所でも応援の盛り上がりを同じチームを応援するファン同士で共有し、盛り上がることができる。

この「funband」はこれまでに、
・広島カープ
・福岡ソフトバンクホークス
・横浜DeNAベイスターズ
のモデルも発売されており、今回の阪神タイガーズで4球団のモデルが揃うことになる。

広島カープ

福岡ソフトバンクホークス

横浜DeNAベイスターズ

今回の阪神タイガースモデルから、新たに阪神タイガースや選手に関するニュース、旬の話題を配信するサービスに対応。ますます、ファン活動を楽しめるアイテムにバージョンアップしている。

販売場所(予定)
・阪神タイガース オフィシャルグッズショップ
・阪神タイガース公式オンラインショップ T-SHOP
・電器販売店ウェブサイト

製品仕様
「funband」HANSHIN TIGERS MODEL(Black/White)
・型番:SA-BY004(黒)/SA-BY005(白)
・質量:約39g
・希望小売価格:10,000円(税別)
・発売日:2018年2月1日
・サービス利用料:月額120円(税込・初回1年分は無料)
・ディスプレイタイプ:白色有機EL(サイズ約0.77インチ/解像度96 × 39 ピクセル)
・Bluetooth 4.2
・バッテリー:250mAh(満充電時・試合中約5時間/試合中以外約200時間使用可能)
・充電端子:microUSB端子(Type-B)

記事ランキング

  • 直近1時間
  • 昨日

話題のキーワード

注目連載

あわせてお読みください

IoTニュース

KDDI総合研究所、軽量化、省電力化した新型のスマートブイ開発
「柏の葉IoTビジネス共創ラボ」設立--公民学連携で実証実験の場を提供
日立、MATLABとMicrosoft Dynamics 365の「Lumada」による連携技術を開発
スマホに投球データ送れるIoT野球ボール、韓国展開を開始
IoTが保険業界を破壊する?高まる「付加価値」への需要
「IoT向けの長期戦略では利益の犠牲も必要」 Arm
IoTの最重要課題のひとつ、「セキュリティ対策」をどう解決するか?[PR]
目指すは「AI/IoTの街」―― 柏の葉IoTビジネス共創ラボが発足
Beaconのそばを通るだけで時刻を記録、アプリックスがスマート打刻サービス「DAKOQ(ダコク)」を発売
セキュリティターミナル製品の要求仕様を策定、セキュアIoTアライアンス
日立、ERP「Dynamics 365」と数値解析ソフト「MATLAB」を連携、故障予知などを容易に | IT Leaders
農業ベンチャーのグリーンリバーホールディングス、IoTを利用した関連特許5件を取得
西菱電機、LoRaWAN対応センサーを用いたスマート農業を兵庫県伊丹市で実施
2019年 日本はAPACで最大市場に - IoTの普及が成長を後押しするTelit
NTTドコモらによるIoT搭載宅配ボックスシステムを支援 - Telit
NEC、シリコンバレーに新会社「NEC X」設立 スタートアップに研究技術提供し、新事業開発へ

IoTニュース”は、Mynd Engineを活用して、世の中のIoT関連の記事をまとめさせていただき、ご紹介させていただきます。