IoT(Internet of Things)の最新ニュースや企業&ベンチャー事例(ケーススタディ)ほぼ毎日掲載

テクノロジー
2018.01.11

今度は靴! 続々登場、AI搭載ウェアラブルデバイス
日本のスタートアップ企業によるIoTシューズのプラットフォーム

BY

1月8日(月)、no new folk studioはスマートフットウェアのプラットフォーム「ORPHE TRACK」を発表した。

東京都千代田区に本社を置くスタートアップ企業であるno new folk studioが開発したORPHE TRACKは、既存の靴をAI搭載のIoTシューズにするためのプラットフォーム。

靴に搭載されたAIが利用者の足の動きのデータを機械学習し、ランニングフォームのコーチングや健康状態のアドバイスを行なってくれる。運動能力や健康状態と密接な関係にある「歩き」や「走り」を精密に記録して解析することで、生活の変革を目指すというものだ。

ORPHE TRACK: The world's first SHOE LOG PLATFORM

ORPHE TRACKの核は、AI搭載のセンサーモジュール「ORPHE CORE」。ORPHE COREは靴から取り出して交換できる。コアとなる電子部品を交換して使い続けられるのは経済的であり、大きな利点だろう。

 

ORPHE CORE(画像はプレスリリースより引用)

ORPHE COREは6軸モーションセンサー、気圧センサー、振動モーターに加えてSTマイクロエレクトロニクス社製のマイクロコンピューター「STM32L4+」シリーズを内蔵することで、低消費電力かつ高速処理、かつリアルタイムでの高精度な運動解析とフィードバックを可能にしている。no new folk studioのスマートフットウェアの「らしさ」でもある(後述)側面のLEDは、着用者の行動に応じて変化する。

さらに、各靴メーカー向けにORPHE TRACKプラットフォーム適合の靴をデザインするためのフレームワーク「ORPHE FRAMEWORKS」を用意。これを用いることで他メーカーもORPHE COREを内蔵できる靴を作ることが可能だ。

ORPHE FRAMEWORKS イメージ(画像はプレスリリースより引用)

ORPHE FRAMEWORKSが広く利用されるようになれば、靴メーカー単独で行なうことは難しい内蔵デバイスやソフトウェアの開発をno new folk studioが引き受ける形となる。普及が遅れる靴のIoT化を合理的に進めていくことができるだろう。

現在ラスベカスで開催中(1月9日~12日開催予定)の、世界最大の家電見本市CES 2018では、ORPHE TRACKのデモンストレーションとコンセプトスニーカー、そして使用者の「歩き」や「走り」のフォーム解析を行なうアプリ「Gait Visualizer」の展示が行なわれている。

ORPHE TRACKやGait Visualizerにより、ランニングのケイデンス(時間あたりの歩数)やストライド(歩幅)プロネーション(足首の回転)を3D再現して分析できるとのこと。

より身近で実用的なAI搭載デバイスへ

これまではORPHEと言えば以下の動画のような、ダンサーやパフォーマーのための「光る靴」という印象が強かった。(水曜日のカンパネラやAKB48といった人気アーティストやアイドルの舞台でパフォーマンスに使用されている)。言ってしまえば、ごく限られたユーザー向けの製品だったわけだ。

Orphe Smart footwear for Artists & Performers

しかし今回発表されたORPHE TRACKは一転、広いユーザーに受け入れられそうな製品郡。ウォーキングやランニングは手軽に始められる運動として老若男女から支持されているし、健康志向の高まる昨今その人気は高まるばかり。

そもそも靴は誰もが社会生活を送るため、一足以上は所持している。AIが搭載される意味や意義を理解しやすいのだ。ともすれば流行のスマートスピーカーよりも、「欲しい」と思う層は多いだろう。

また、各メーカーがしのぎを削るスポーツシューズ開発そのものに取り組むのではなく、プラットフォーム開発に特化した点にも、no new folk studioの勝機があると言えよう。

普及を目指す際、第一のハードルとなるのはORPHE COREの堅牢さや価格(現状、販売価格未定)だろうか。靴に内蔵するということは当然、常に振動や衝撃に晒される上に高温多湿になりがちという、ハードな環境に耐えられる必要がある。もちろん、安価であるに越したことはない。

当然これらは織り込み済みだろうが、せっかくの取り外し可能なデバイス。頻繁に買い替えや修理が必要になってくるようでは、実用的とは言えない。逆に言えば堅牢で実用的なデバイスならば、多少高価でも購入してみようと思わせることができるはず。靴は毎日使う物であり、「毎日使う物」「長く使える物」へは投資しても良いと考える消費者は多いからだ。

今後はランニングを主としたスポーツ、フィットネス、ヘルスケアといった用途を中心に、運動解析や行動解析、移動経路解析(道案内、見守り)といった様々な機能を提供していく予定とのこと。

より生活に密着した、人間の「歩き」に注目したIoTプラットフォーム。2018年夏に予定されている実用化、並びに普及が待ち遠しいところだ。
 

記事ランキング

  • 直近1時間
  • 昨日

話題のキーワード

注目連載

あわせてお読みください

LoRaWANのIoT環境を無料で試用、西菱電機が法人向けに提供

試作から本番実装まで--「IoT in Action」会場で気になったIoT技術のいま

NEC、東京大学、NTT、早稲田大学の4者、IoT機器からクラウドへの通信量を削減する実証実験を開始

IoTを活用して除雪車の運行を支援---システムを開発

「企業データ基盤」はこう創る!─ANAの“顧客体験基盤”構築の要諦 | IT Leaders

NECとNTT、クラウドからエッジに処理を移動させて緊急時に必要な通信帯域を確保する実験 | IT Leaders

加賀市の“コネクテッド除雪車”も! ―― 3周年迎えるIoT共創ラボが成果を発表

DMG森精機、制御システム向けIoTソリューションでMicrosoft Azureなどを活用

経産省キーマンが示す、GAFAに負けない「日本のエッジコンピューティング戦略」

マイクロソフトとDMG森精機、工作機械のデジタル化促進で協業

ヤフー、飲食店の空き状況をリアルタイムに表示するIoT実証実験--新宿の6店舗で

IoTで積雪量の観測と除雪車の管理、BIGLOBEとMomoが会津若松で実証実験

IoTで除排雪の効率化、Momoとビッグローブが協業

デジタル変革とともに異業種企業のコラボレーションで生まれる革新的な製品デザイン

IoTを使った保育園の昼寝の見守りサービス、藤枝市の認可保育園など10カ所で採用

【CES2019現地レポ】家電メーカーの自動運転進出で、なぜ「OS開発」なのか

【CES 2019】デンソー、車載エッジコンピュータ「Mobility IoT Core」でリアルなMaaSを実演

あなたが知らない10のモビリティ・スタートアップ、「CASE」時代の最先端技術とは?

KDDI、海外展開する法人向けの統合型マネージドソリューション「KDDI GX Platform」

「つながる特装車」車両データを遠隔地から収集、極東開発がシステムを提供

IoTニュース

LoRaWANのIoT環境を無料で試用、西菱電機が法人向けに提供
試作から本番実装まで--「IoT in Action」会場で気になったIoT技術のいま
NEC、東京大学、NTT、早稲田大学の4者、IoT機器からクラウドへの通信量を削減する実証実験を開始
IoTを活用して除雪車の運行を支援---システムを開発
「企業データ基盤」はこう創る!─ANAの“顧客体験基盤”構築の要諦 | IT Leaders
NECとNTT、クラウドからエッジに処理を移動させて緊急時に必要な通信帯域を確保する実験 | IT Leaders
加賀市の“コネクテッド除雪車”も! ―― 3周年迎えるIoT共創ラボが成果を発表
DMG森精機、制御システム向けIoTソリューションでMicrosoft Azureなどを活用
経産省キーマンが示す、GAFAに負けない「日本のエッジコンピューティング戦略」
マイクロソフトとDMG森精機、工作機械のデジタル化促進で協業
ヤフー、飲食店の空き状況をリアルタイムに表示するIoT実証実験--新宿の6店舗で
IoTで積雪量の観測と除雪車の管理、BIGLOBEとMomoが会津若松で実証実験
IoTで除排雪の効率化、Momoとビッグローブが協業
デジタル変革とともに異業種企業のコラボレーションで生まれる革新的な製品デザイン
IoTを使った保育園の昼寝の見守りサービス、藤枝市の認可保育園など10カ所で採用
【CES2019現地レポ】家電メーカーの自動運転進出で、なぜ「OS開発」なのか

IoTニュース”は、Mynd Engineを活用して、世の中のIoT関連の記事をまとめさせていただき、ご紹介させていただきます。