IoT(Internet of Things)の最新ニュースや企業&ベンチャー事例(ケーススタディ)ほぼ毎日掲載

イノベーション
2017.12.28

2017年を振り返る「AI」関連記事3選
AIに仕事を奪われる日は来るのか

BY

2016年にGoogleやAppleなど大手テクノロジー企業から始まったAIを利用する製品やサービスは、2017年には中小含めた様々な企業からリリースされ、いよいよAIの利活用が本格的に始まろうとしていることが感じられるようになってきた。

来年に向けて各分野でますます普及が進むと考えられるAIだが、IoT Todayでも度々、取り上げてきた。今回は2017年公開した記事の中でも反響の大きかった記事を紹介したいと思う。

なお、AIスピーカーは別の記事に譲るとして、ここでは他領域で用いられているAIの記事を取り上げたい。

1:自動運転とAIの到来が描く「製造業に不都合な未来」

3月17日公開。2017年1月に米ラスベガスで開催されたCES(家電見本市)の主役が、これまでのウェアラブル/スマートフォンからAI/自動運転に代わったことから、今後の製造業のあり方を考察した記事。CESの基調講演をGPUメーカーの雄であるNVIDIAが務めた背景などを読み解けるような記事になっている。

2:AI時代に「何もしない」取り残される日本の危機

7月10日公開。総務省などの調査データを基に、20世紀では「ものづくり大国」と呼ばれていた日本がAI分野ではなぜ、欧米に比べて出遅れているのかを考察した記事。そこには日本の独特の企業文化が影響していることを伺い知れる内容となっている。2018年以降、日本が世界で存在感を取り戻すために欠かせないであろうAIに対して、どのように取り組んでいけばいいのか示唆も読み取れる記事となっている。

3:AIは人間の仕事を奪うのか? 歴史が示す意外な事実

8月22日公開。AIというとよく囁かれる「人間の仕事を奪うのでは」という危機感。それに応えるかのように、オックスフォード大学マイケル・A・オズボーン准教授の『雇用の未来 コンピュータ化によって仕事は失われるのか』などを引き合いに出しながら、どういった仕事が代替されるのか、全ての仕事が代替されるのか、を考察した記事となっている。

 

いかがだっただろうか。冒頭でも触れたとおり、各社から製品やサービスがリリースされ、AIの応用領域はますます広がり続けている。2018年はAIを用いた製品・サービスが1つでも多く日本から登場することを期待したい。

記事ランキング

  • 直近1時間
  • 昨日

話題のキーワード

注目連載

あわせてお読みください

IoTニュース

三菱重工航空エンジン、IoTデータアナリティクスプラットフォームを導入
スマホでIoTプログラミング/電子工作ができる小型開発ボード「Obniz」
富士山がIoTだらけに。登山ルートの気温・混雑度もウェブで一目瞭然
NTTドコモらによる「未来の家プロジェクト」を体験--生活に気づきを与えるIoT機器20個を導入
農業向けIoTソリューション「e-kakashi」で、AIを活用した栽培支援アプリなどを提供
スターツアメニティーとソフトバンク、 IoTを活用したパーキングシェアリング事業で提携
シーカンスとNTTドコモ、日本におけるNB-IoT技術の普及促進で提携
東北電力、AI/IoT/ロボットなど活用する「スマートプロジェクト」
沖縄県でAI運行バスなどの実証実験、NTTドコモが実施へ
次世代「5G」の時代に必要なマルウェアへの警戒
ドーワテクノス、ロームの「EnOcean」デバイスを活用したモータ監視IoTソリューションを開発
エージーテック、エッジコンピューティングを実現するIoT向けデータベース「Actian Zen Edge」を販売開始
ウインドリバーが注力するIoT時代に求められる5つの技術トレンド
KDDIや御殿場市など、富士山の登山者数や温湿度の可視化サービス
村田製作所、IoTで工場設備の非稼動要因を見える化する「m-FLIP」を提供開始
三菱重工航空エンジン、SASのAIテクノロジーでスマートファクトリー化を促進

IoTニュース”は、Mynd Engineを活用して、世の中のIoT関連の記事をまとめさせていただき、ご紹介させていただきます。