IoT(Internet of Things)の最新ニュースや企業&ベンチャー事例(ケーススタディ)ほぼ毎日掲載

テクノロジー
2017.12.27

2017年を振り返る「スマートスピーカー」関連記事5選
実機による解説から2018年以降の「スマスピ」進化予測まで

BY

今年も残すところ一週間を切った。今年後半はClova WAVEやGoogle Home、Amazon Echoといったスマートスピーカーが次々に国内発売日を迎え、IoT周りの話題をさらっていった印象だ。

惜しくも受賞は逃したが「ユーキャン新語・流行語大賞2017」のノミネート語にも「AIスピーカー」が選ばれた。一般層にまでその名が知られるようになったことがよく分かる。
2017年は日本にとっての「スマートスピーカー(AIスピーカー)元年」とするメディアもあるようだ。

IoT Todayも早いうちからこの一大トレンドに注目し、スマートスピーカーについての記事を作成してきた。2017年の総括として、特に読者からの人気を集めた上位5記事を見ていこう。

1:AIスピーカーはBluetoothスピーカーと何が違う?

10月23日(土)公開。10月6日(金)に国内発売されたGoogle Home実機を触りながら、「スマートスピーカーとは何なのか」を初心者向けに解説した、写真や画像多めの記事。

2:アマゾンアレクサが家に来て分かったこと驚いたこと

12月15日(金)公開。11月15日(水)に国内発売されたAmazon Echo(Echo Dot)の使用感や、AmazonによるAlexa導入戦略について書かれた記事。
Echoシリーズは招待制という特殊な購入方法をとっていることもあり、いまだ購入希望者全員の手には行き渡っていないのが現状だ。実際に触った感想を知りたいという需要はかなり高いと言えそうだ。

3:続々登場スマートスピーカー、普及が遅れる理由は?

10月27日(水)公開。既に世界ではかなり普及しているスマートスピーカーだが、こうして日本で主要機種が発売されるようになるまで3年ほどかかっている。現在も名称だけが独り歩きしていて、まだまだ「飛ぶような売れ行き」といえるようなブームは起こせていない。その理由や、今後普及させるための鍵について考察した記事。

4:Amazon Echo登場、変わるスマートスピーカー勢力図

11月10日(金)公開。Amazon Echoの発売日が正式に決定し、予約受付が開始された際のニュース記事。Echoシリーズ各機種の違いや、できることについて紹介。2位の記事に続きAmazon Echo関連の記事がランクインしており、世界シェア1位を誇る同スピーカーに対する読者の関心の高さがうかがい知れる。

5:スマートスピーカーは人間の「親友」になり得るか?

11月6日(月)公開。スマートスピーカーに搭載されている音声アシスタントに着目し、人間の話し相手としての機能について考察した記事。日本語の難しさや口語と文語の違いに触れ、今後国内ではGoogleアシスタントやAlexaではなく、日本発の音声アシスタントが覇権をとる可能性が残されていることを示唆した。

秋口以降、にわかに盛り上がり始めたスマートスピーカー界隈。とはいえ、最大の黒船と言われたAmazo Echoの発売日から二ヶ月も経っていない上に、 Echoに関しては供給が安定していない。本格的な盛り上がりはもう少し先になりそうだ。

ソニーの「LF-S50G」(Googleアシスタント搭載、12月9日発売)など、音質を売りにしたサードパーティー製のスマートスピーカーも発売され始めている。

2018年以降、海外並みに普及して「一家に一台」が当たり前になっていくのか。それともこのまま、大多数にとっては「名前は知っているけど、よく分からないおもちゃ」として忘れ去られていくのか。2018年もスマートスピーカーから目が離せない。
 

記事ランキング

  • 直近1時間
  • 昨日

話題のキーワード

注目連載

あわせてお読みください

LoRaWANのIoT環境を無料で試用、西菱電機が法人向けに提供

試作から本番実装まで--「IoT in Action」会場で気になったIoT技術のいま

NEC、東京大学、NTT、早稲田大学の4者、IoT機器からクラウドへの通信量を削減する実証実験を開始

IoTを活用して除雪車の運行を支援---システムを開発

「企業データ基盤」はこう創る!─ANAの“顧客体験基盤”構築の要諦 | IT Leaders

NECとNTT、クラウドからエッジに処理を移動させて緊急時に必要な通信帯域を確保する実験 | IT Leaders

加賀市の“コネクテッド除雪車”も! ―― 3周年迎えるIoT共創ラボが成果を発表

DMG森精機、制御システム向けIoTソリューションでMicrosoft Azureなどを活用

経産省キーマンが示す、GAFAに負けない「日本のエッジコンピューティング戦略」

マイクロソフトとDMG森精機、工作機械のデジタル化促進で協業

ヤフー、飲食店の空き状況をリアルタイムに表示するIoT実証実験--新宿の6店舗で

IoTで積雪量の観測と除雪車の管理、BIGLOBEとMomoが会津若松で実証実験

IoTで除排雪の効率化、Momoとビッグローブが協業

デジタル変革とともに異業種企業のコラボレーションで生まれる革新的な製品デザイン

IoTを使った保育園の昼寝の見守りサービス、藤枝市の認可保育園など10カ所で採用

【CES2019現地レポ】家電メーカーの自動運転進出で、なぜ「OS開発」なのか

【CES 2019】デンソー、車載エッジコンピュータ「Mobility IoT Core」でリアルなMaaSを実演

あなたが知らない10のモビリティ・スタートアップ、「CASE」時代の最先端技術とは?

KDDI、海外展開する法人向けの統合型マネージドソリューション「KDDI GX Platform」

「つながる特装車」車両データを遠隔地から収集、極東開発がシステムを提供

IoTニュース

LoRaWANのIoT環境を無料で試用、西菱電機が法人向けに提供
試作から本番実装まで--「IoT in Action」会場で気になったIoT技術のいま
NEC、東京大学、NTT、早稲田大学の4者、IoT機器からクラウドへの通信量を削減する実証実験を開始
IoTを活用して除雪車の運行を支援---システムを開発
「企業データ基盤」はこう創る!─ANAの“顧客体験基盤”構築の要諦 | IT Leaders
NECとNTT、クラウドからエッジに処理を移動させて緊急時に必要な通信帯域を確保する実験 | IT Leaders
加賀市の“コネクテッド除雪車”も! ―― 3周年迎えるIoT共創ラボが成果を発表
DMG森精機、制御システム向けIoTソリューションでMicrosoft Azureなどを活用
経産省キーマンが示す、GAFAに負けない「日本のエッジコンピューティング戦略」
マイクロソフトとDMG森精機、工作機械のデジタル化促進で協業
ヤフー、飲食店の空き状況をリアルタイムに表示するIoT実証実験--新宿の6店舗で
IoTで積雪量の観測と除雪車の管理、BIGLOBEとMomoが会津若松で実証実験
IoTで除排雪の効率化、Momoとビッグローブが協業
デジタル変革とともに異業種企業のコラボレーションで生まれる革新的な製品デザイン
IoTを使った保育園の昼寝の見守りサービス、藤枝市の認可保育園など10カ所で採用
【CES2019現地レポ】家電メーカーの自動運転進出で、なぜ「OS開発」なのか

IoTニュース”は、Mynd Engineを活用して、世の中のIoT関連の記事をまとめさせていただき、ご紹介させていただきます。