IoT(Internet of Things)の最新ニュースや企業&ベンチャー事例(ケーススタディ)ほぼ毎日掲載

ライフスタイル
2017.11.24

保有率1.1%? スマートスピーカー、大多数の本音とは
マクロミルがスマートスピーカーに関する調査結果を発表した

BY

LINEの「Clova WAVE」やGoogleの「Google Home」、そしてAmazonの「Amazon Echo」。日本でも次々に発売開始となり、にわかに盛り上がるスマートスピーカー市場。「ユーキャン新語・流行語大賞2017」にも「AIスピーカー」がノミネートされている。

IoT Todayでも度々取り上げてきたスマートスピーカーだが、実際のところ世間一般にはどう受け止められているのだろうか。マクロミルが11月21日(火)に発表した調査結果をもとに、世間の温度感について見ていこう。

10月27日(金)~29日(日)にかけて全国の20~59歳の男女1000人を対象に行なわれた前出の調査によれば、日本においてスマートスピーカーが「絶対に流行る」と考えているのは2.6%。「流行りそう」の37.3%と合わせると39.9%が「流行る」と回答していることになる。一方で最も多かった回答は「あまり流行らなさそう」で52.7%。「絶対に流行らない」は7.4%という結果となった。各人の予測はどういった根拠のもとに行なわれているのだろうか。推測するため、次いで認知状況を見てみよう。

 

スマートスピーカーの流行予想・画像はプレスリリースより引用

スマートスピーカーの認知状況を見ると、「すでに保有している」のはわずか1.1%。「どのような製品か知っている」は21.9%で、「名前は聞いたことがある」のは38.7%。合計すると61.7%の認知率となった。
 

スマートスピーカーの認知状況・画像はプレスリリースより引用

先陣を切ったClova WAVEの正式発売日が10月5日(木)であり、そこから一ヵ月経たない中で行なわれた調査であることを考えると、認知度自体は高いのではないだろうか。


名前の認知度と「できること」の認知度の乖離

マクロミルの同調査では、非認知者にもスマートスピーカーについての説明をした上で、購入意欲について尋ねている。結果は「ぜひ購入したい」が1.8%、「やや購入したい」が11.9%で、既に保有している1.1%と合わせて14.8%が購入に前向きであることが分かる。あまり多いとは言えない割合だが、一方で最も多いのが「どちらともいえない」の33.5%であることを踏まえると、「スマートスピーカーは日本人に不評」と断定するのは早計だ。

恐らく新しい物好き、ガジェット好き以外の人々にとって、スマートスピーカーは「何ができるのかよく知らないけど、最近名前はよく聞くよね」という印象に留まっているのだろう。

スマートスピーカーの購入意向・画像はプレスリリースより引用

今後スマートスピーカーが一般家庭で購入検討に挙がるためには、名前以上に「何ができるか」の認知を深めていく必要がありそうだ。

それでは、今(漠然とであっても)知られている機能の中で、多くの人々にとって魅力的だと受け止められている機能は何なのだろうか。

調査で挙げられた12項目のうち、「非常に魅力に感じる」「まあまあ魅力に感じる」の合計値が最も多かったのは「音楽を再生する」で60.3%。その次が「天気やニュースを読み上げる」の51.1%、3位が「スマート家電(照明、エアコン、テレビ、レコーダー等)の操作」で49.7%となっている。

スマートスピーカーで魅力に感じる機能 上位5位・画像はプレスリリースより引用

上位5項目はいずれもスマートフォンで行なえることだ。確かにこれらの機能を音声で操作できる、というだけでは購入の決め手にはならないであろうことが容易に推測できる。

それでは、一体どういった機能が搭載されていれば、一般層にとって購入の後押しとなるのだろうか。
同アンケートに寄せられたスマートスピーカーに対する要望(自由回答形式、一部抜粋)を見ると、以下のようになっている。

・話し相手、愚痴を聞いてくれて適度に相槌も打ってくれる。(55歳、女性)
・一人娘の話し相手をさせてみたい。子供に適切なアドバイスをしてくれるといい。娘も悩み相談など、親には言えないことでも、スマートスピーカーには語りかけると思う。(57歳、男性)
・健康に気を遣ってそろそろ寝たほうが良いと語りかける。男性用、女性用両方のモデルがあると良い。子供用から大人用まであると面白いと思う。(51歳、男性)
・留守の時にセキュリティの役目をしてほしい。泥棒が入った時にアラームがなったり、警備会社に自動に通報したり。(44歳、女性)
・母国語以外の、好きな言語で会話を返してくれ、勉強の助けになる。(35歳、女性)
・投資運用してお金を勝手に増やしてくれる(32歳、男性)
・料理のレシピを、作業するタイミングに合わせて読み上げてくれると、便利だなと思う。(42歳、女性)
・電車の遅延情報を読み上げて知らせてくれる。(22歳、女性)
・一日のスケジュールを管理してくれて、朝の目覚ましから、予定を入れたら時間になったら知らせてくれる。(38歳、女性)

上記には資産運用のアシストなど夢のある機能の他にも、目覚ましや遅延情報の読み上げなど既にスマートスピーカーでできることや、話し相手などの「一部可能だが現状ブラッシュアップが足りていないもの」も含まれている。こうした結果からも、やはり「スマートスピーカー」という名前の普及ほど「できること」の周知が徹底されていない現状が伺える。

つまりスマートスピーカーは機能の見せ方やアプローチの仕方次第では、現状の機能のままでも「あまり流行らなさそう」と回答した52.7%や、購入したいかは「どちらともいえない」と答えた33.5%のうち、幾分かを動かすポテンシャルを既に持っているということだ。

日本における「スマートスピーカー」という単語の周知という点では、Googleの広告展開の仕方が頭一つ抜けていた印象だ。しかし、今後年末商戦やサードパーティー製スマートスピーカーの市場参入を間近に控え、そろそろ各社プロモーションの仕方を変更してくる頃だろう。今後はスピーカーのスペックやAIの賢さではなく、「名前は知っている。けれど何ができるか分からない、自分に必要とは思えない」と考えている大多数に向けて適切なアプローチができるかどうかが、日本のスマートスピーカー市場が盛り上がるか否かの鍵となるのかもしれない。
 

 

記事ランキング

  • 直近1時間
  • 昨日

話題のキーワード

注目連載

あわせてお読みください

ガス機器や複数家電が連携、シャープAIoTが他社と組んで実現する新たな一歩

ウフル、IoTオーケストレーションサービス「enebular」を用いて3密をセンサーで検知し可視化するシステムを提供開始

マクニカと損保ジャパン、製造業向けにIoT監視データを活用した保険サービスを提供 | IT Leaders

トレンドマイクロが考えるリモートマネジメント時代のセキュリティ

クラウド、SaaS、IoTを国内事業の3本柱に--トレンドマイクロが掲げる2020年の事業戦略

三菱電機、機器の知見や技術資産を一元化した統合IoT「ClariSense」を展開開始

[製造業: 5/28]DXを活用した製造業の未来 製造現場のデジタルツイン構築からDXの活用事例(無料/ウェビナー)

トレンドマイクロが2020年の事業方針を発表、“新たな時代”に対応したセキュリティソリューションを提供へ

マクニカ・損保ジャパン・SOMPOリスク、製造業向けにIoT製品のデータを活用した専用保険のサービスを提供

トレンドマイクロ、クラウドを保護する新製品ブランド「Trend Micro Cloud One」を発表 | IT Leaders

OKI、AIとIoTセンサーを活用した可搬型エリア侵入監視システム「Motion Alert」を販売開始

マクニカ、損保ジャパン、SOMPOリスク、IoT製品のデータを活用した保険サービスを提供

京セラと慶應義塾大学、3軸水晶ジャイロセンサーを活用して卓球ラケットの角度や軌道を可視化するシステム「IoT on Table Tennis」を開発

CTCら、体温検知デバイスを発売--AIによる顔認識機能も

ロボット活用で安心・安全と生産性向上へ--QBIT、コロナ対策ソリューション

オーリック・システムズ・ジャパンのビッグデータ分析基盤「Pivotbillions」、540億件の位置情報データから移動パターンを抽出可能に

IoT人気記事ランキング|FAがわかれば製造現場がわかる、IoTゲートウェイ「PUSHLOG」―アスコ・杉村氏インタビューなど[5/18-5/24]

NTTドコモなど、医療機関・患者向けの ICT・IoT 活用における協業検討を開始 VR・ARによるバーチャル外出支援に取り組む

サイバーリンク、アドバンテック社と提携し、AI 顔認識エンジン「FaceMe(R)」をリテール、ホスピタリティ、セキュリティの AI/IoT アプリケーションに統合

IoTの重要性がさらに高まるコロナ後の世界

IoTニュース

ガス機器や複数家電が連携、シャープAIoTが他社と組んで実現する新たな一歩
ウフル、IoTオーケストレーションサービス「enebular」を用いて3密をセンサーで検知し可視化するシステムを提供開始
マクニカと損保ジャパン、製造業向けにIoT監視データを活用した保険サービスを提供 | IT Leaders
トレンドマイクロが考えるリモートマネジメント時代のセキュリティ
クラウド、SaaS、IoTを国内事業の3本柱に--トレンドマイクロが掲げる2020年の事業戦略
三菱電機、機器の知見や技術資産を一元化した統合IoT「ClariSense」を展開開始
[製造業: 5/28]DXを活用した製造業の未来 製造現場のデジタルツイン構築からDXの活用事例(無料/ウェビナー)
トレンドマイクロが2020年の事業方針を発表、“新たな時代”に対応したセキュリティソリューションを提供へ
マクニカ・損保ジャパン・SOMPOリスク、製造業向けにIoT製品のデータを活用した専用保険のサービスを提供
トレンドマイクロ、クラウドを保護する新製品ブランド「Trend Micro Cloud One」を発表 | IT Leaders
OKI、AIとIoTセンサーを活用した可搬型エリア侵入監視システム「Motion Alert」を販売開始
マクニカ、損保ジャパン、SOMPOリスク、IoT製品のデータを活用した保険サービスを提供
京セラと慶應義塾大学、3軸水晶ジャイロセンサーを活用して卓球ラケットの角度や軌道を可視化するシステム「IoT on Table Tennis」を開発
CTCら、体温検知デバイスを発売--AIによる顔認識機能も
ロボット活用で安心・安全と生産性向上へ--QBIT、コロナ対策ソリューション
オーリック・システムズ・ジャパンのビッグデータ分析基盤「Pivotbillions」、540億件の位置情報データから移動パターンを抽出可能に

IoTニュース”は、Mynd Engineを活用して、世の中のIoT関連の記事をまとめさせていただき、ご紹介させていただきます。