IoT(Internet of Things)の最新ニュースや企業&ベンチャー事例(ケーススタディ)ほぼ毎日掲載

イノベーション
2017.10.11

ソラコムの新発表。自由度高まるIoT機器向けSIMの王道
IoT通信プラットフォームのソラコムが7つの新発表を行った

2017年10月10日(火)、IoT通信プラットフォームを提供するソラコムが都内にて新しい取り組みの発表を行なった。特別に招待されたメディア向けのもので、IoT Today編集部はその模様をお伝えする。

現時点で8000ユーザーを抱え、業界の第一線を走り続けるソラコム。8月1日(火)付けでKDDIの子会社となり、大きな話題を呼んだことも記憶に新しい。
今回発表されたニュースは全部で7つ(最後の1つは発表会後に追加発表された)。

・「SORACOM」プラットフォームに加入者管理機能(HLR)を実装
・機器への組み込みが可能なチップ型SIMの提供を開始
・API経由のSMS送信が可能に
・「SORACOM」独自のアプリケーション(アプレット)を組み込んだSIMを提供
・Sigfoxネットワークを自由に構築できるレンタル基地局の事前受付を開始
・「SORACOMパートナースペース」における認定済パートナーとして6社を追加認定
・SORACOM Funnelのパートナーアダプタにアクロクエストテクノロジー「Torrentio」連携開始

いずれもビッグニュースだが、今回は“IoTプラットフォームのソラコム” に焦点を絞り、特に注目すべき2つのニュースを紹介する。

加入者管理機能(HLR)を実装

これまで「SORACOM Air SIM」には、SIM発行元MNO(NTTドコモ)のHLR(Home Location Register=加入者管理機能)が用いられていた。今回発表されたようにSORACOMがHLRを独自実装したことで、様々な用途に対応した、より柔軟な料金体系の提供が可能になる。

例えば、これまでは、SIMを導入したIoT製品が在庫になっている間や、運用はしていたがある一定期間利用を中断している等といったようにSIMが一切通信を行っていない状態でも、ユーザーは基本料金を払う必要があった。
それが今回、独自HLRと新たな料金体系が実装されたことにより、ユーザー側で「利用中断中」や「利用開始待ち」など、SIMの状態をより細かくコントロールできるように。SIMを運用していない間のコストを削減できるようになった。

「利用開始待ち」「利用中断中」状態共に通信は行われず、基本料金無料(ただし1年以上経過すると更新料がかかる)でSIMを保持しておくことができるが、両状態には明確な違いがあり、用途に合わせて使い分けることができる。
具体的には、「利用開始待ち」状態になっている間は、接続要求が確認され次第自動で接続される。一方「利用中断中」の間は接続要求が確認されても無視される、といった違いがある。

これにより、工場出荷時に動作確認のため一度接続し、その後エンドユーザーの手元に届けるまでの間は「利用開始待ち」状態で在庫として置いておく、などといった使い方ができる。

 

これまでも「利用中断中」という概念はあったが、利用していない期間は完全に無料になる、という料金体系ではなかった。後述するチップ型SIMと組み合わせれば、より合理的な運用が可能となるだろう。

機器への組み込みが可能なチップ型SIMの提供を開始

チップ型SIMの提供も、HLRの独自実装により実現したことの一つだという。
あらかじめ製品や機器に組み込んでしまえるチップ型SIMに関しては、以前から製造業や流通業からのニーズが高かったとのこと。
現在ではSIMと言えばカード型が当たり前になっているが、元々は携帯電話用のSIMも組み込み式が主流だった。

従来のカード型SIMに比べてとても小さいチップ型SIM

カード型と比べた際のチップ型(組み込み型)のメリットは、容易に抜けないからこそのセキュリティ面での堅牢さ。そして物理的な振動や温度耐性といった点でも、組み込み型が勝る。特に車載器や工業製品で利用するなら、チップ型SIMの方が適しているだろう。

課題としては、機器に組み込んだ段階でプロファイルと機器が紐づいてしまうので、運用の柔軟性にかける点がある。しかし、ソラコムでは遠隔でのプロファイル情報書き込みを可能にするOTA(On The Air)機能などに対応したプラットフォームを自社で構築しているため、そうした課題にも対応の目処が立っている。

チップ型SIMはカード型(写真右)と違い左のような形で提供される。最小ロット数3000個から。

これまでは、在庫としてSIMを保有しているだけで基本料金がかかってしまうということで、導入をためらっていた層もいるだろう。そのようなユーザーにとって、今回の発表は力強い後押しになったのではないだろうか。
HLRを独自実装し、ユーザーにコントロール権を委ねることで、より柔軟な利用を可能にしたソラコム。今後も現場の声を意識したサービス拡充に期待したい。

記事ランキング

  • 直近1時間
  • 昨日

話題のキーワード

注目連載

あわせてお読みください

IoTニュース

AWS re:Invent 2017 MLとIoTの発表: Amazon SageMaker, AWS DeepLens, IoT Device Manager
IoT人気記事ランキング|国際ロボット展レポート、スマートウォッチwena wristの新モデル発売など[12/4-12/10]
ウフル八子知礼氏に聞く、ものづくり企業が「IoTプラットフォーム」を構築すべき理由
グラモ、スマートスピーカーと連携、IoTスマートホーム自動制御システムを開発
路線バスの危険運転を顔認識で防ぐ、KDDI開発のIoTソリューション
[12/19] IoTパートナーコミュニティフォーラム 2017 虎ノ門ヒルズにて開催[PR]
NEC、IoTプラットフォーム「Predix」を活用した肥料プラントの運転・保全最適化システムをTOYOに納入
クアルコムとバイドゥが提携--スマホやIoT機器の音声AIアシスタントを改良へ
アマゾン、エッジデバイス向けに6つのIoTサービス群を発表
“泥にまみれて”農業IoTを実践する--IIJの取り組み
AIを軸にIoTや自動車、医療分野を狙うIntel
IoTデバイスに共通のセキュリティ基盤を、Arm「PSA」
【オンライン参加者の募集開始】製造業IoT、「可視化」と「予知保全」がわかるセミナー、国内8社が大集合 12/20(水) [PR]
「Sigfoxで世の中は変わる。セルラーIoTとは別世界だ!」、KCCS黒瀬社長インタビュー
写真で見る「鉄道技術展」--ホームドアやVRシミュレータ、IoTによる設備監視など
クアルコムとBaidu、スマートフォンやIoTデバイスのAI音声ソリューションで協業

IoTニュース”は、Mynd Engineを活用して、世の中のIoT関連の記事をまとめさせていただき、ご紹介させていただきます。