IoT(Internet of Things)の最新ニュースや企業&ベンチャー事例(ケーススタディ)ほぼ毎日掲載

テクノロジー
2017.10.04

ARライトセーバーはポケモンボールに迫れるか
ARゲーム「Star Wars/ジェダイ・チャレンジ」が日本でも発売される。

BY

10月2日(月)、レノボ製ARゲーム「Star Wars/ジェダイ・チャレンジ」(以下、ジェダイ・チャレンジ)の国内発売が正式に発表された。

10月中旬から予約販売を開始し、11月中旬の出荷を予定しているとのこと。レノボの直販サイトでの販売価格は3万800円(税別)。

ジェダイ・チャレンジは8月31日(木)、ドイツで開催された家電展示会「IFA2017」に合わせてレノボとディズニーにより発表されたARゲームキット。スマートフォンと接続して使用する「LenovoミラージュARヘッドセット」、「トラッキング・ビーコン」、「ライトセーバー・コントローラー」などが同梱されており、併せて使用することで映画の世界に入り込んだかのような体験ができる。ヘッドセットに接続するスマートフォンはLenovo製である必要はなく、iOSとAndroid両方に対応。現在公式サイトで明記されている端末の他にも、随時対応端末は更新される予定だ。
 

画像はレノボのニュースリリースより引用

ジェダイ・チャレンジでは以下3つのARゲームを楽しむことができる。

・ライトセーバー・バトル:スター・ウォーズシリーズを象徴する架空の武器、“ライトセーバー”を模したコントローラーを手に、カイロ・レンやダース・ベイダーのような劇中の印象的な悪役を相手に戦うことができる。
・戦略バトル:劇中に登場し主人公が属する勢力の銀河共和国、反乱同盟軍、レジスタンスのフォースを結集し、敵対する分離主義勢力、銀河帝国、ファーストオーダーの力に対抗して壮大な戦闘を自室の床の上で繰り広げることができるとのこと。様々な戦闘に疑似参加することで、戦略や作戦の技能を磨くことができる。
・ホロチェス:映画「スター・ウォーズ エピソード4/新たなる希望」に登場し、ミレニアム・ファルコン船内でプレイされた架空のボードゲームを再現したゲーム。ホログラムで描かれたエイリアンの駒を盤上で動かし、陣地や支配力を競って遊ぶことができる。
 

ジェダイ・チャレンジは待ち望まれたキラーコンテンツとなるか

数年前と比べ、ARやVRという言葉は確実に一般層にまで浸透してきた。人々がヘッドマウントディスプレイを身に付け空に手を伸ばすある種「異様」な写真も、ネット記事やSNSなどで大分見慣れてきたという読者も多いだろう。だがAR、VR共に数年前と変わらず、相変わらずキラーコンテンツの登場が熱望され続けている状況だ。

本稿ではARに焦点を絞って、最近の動向を見てみよう。

ARのキラーコンテンツと聞いて、日本では昨年の7月22日(金)にリリースされた「ポケモンGO」を思い浮かべる方も多いかもしれない。だが、ポケモンGOにおけるAR機能はオン・オフを切り替えられるものであり、それ自体が肝となるコンテンツではない(もちろん、ARという単語と概念の知名度を一気に広めたという意味では充分に「キラー」コンテンツなのだろうが)。

ここで注目したいのは、ポケモンGOのヒットで分かった「コンテンツとの相性が良ければ、極限まで洗練された技術は必要ない」という事実。実際、ポケモンGOに使われている技術やゲームシステムはリリース当時でも特に目新しい物ではなかった。ポケモンというコンテンツが積み上げてきた人気や、既存の技術が上手くかみ合った結果、大ヒットにつながっているのだろう。

逆に、どんなに高度なAR技術が使われていても、どんなに認知度のあるコンテンツだとしても、現実世界との親和性が皆無だとしたら「へえ、すごいね」という一瞬の感動で終わってしまう。もしくはそのコンテンツのコアなファン層にしか響かず、AR技術の普及には関与し得ないだろう。

その点、今回スター・ウォーズシリーズというコンテンツの世界観とARの相性は抜群。
現にスター・ウォーズの熱心なファンならずとも、ライトセーバーを操れると聞いて胸躍る読者は多いだろう。
加えてホロチェス以外にも、劇中ホログラムを使用するシーンは幾度となく登場する。空中に投影された登場人物達が会議を行うシーンが印象に残っている方もいるはず。
そういったスター・ウォーズの世界を表現するには、完全に外界と遮断されるVRより、現実であるARの方と相性が良いのは言うまでもない。

もちろん、技術面を含め様々な点において、ポケモンGOのような基本無料のスマホアプリと同列で語ることはできない。だが少なくとも技術とコンテンツとの親和性という面から見ると、今回のジェダイ・チャレンジは一部の熱心なスターウォーズファン以外にも響くはずだ。価格設定も、安いとは言えないが手が届かないわけではない。
11月中旬発売ということでクリスマスには少し早いが、本格的なARの普及に一躍買ってくれるのではないだろうか。

Star Wars™: Jedi Challenges - Awaken Your Inner Jedi

記事ランキング

  • 直近1時間
  • 昨日

話題のキーワード

注目連載

あわせてお読みください

IoTニュース

スマホの通知を伝えるスマートボールペン「INFO+」を衝動買い
IoTプラットフォーム「SORACOM」のIoT契約回線が100万を突破
「CES Asia 2019」レポート ~IoT家電が目白押し! ファーウェイのスマートホーム規格も
中部電力が取り組む「コト売り」とIoTやクラウドの使い方
これが製造業DXのすべてだ!生産ライフサイクル管理からVRまで、全方位で提供
IoTは誰のため
東芝デジタルソリューションズ、ビッグデータ・IoT向けスケールアウト型分散DB「GridDB」機能強化版を提供開始
マルウェア感染済みのIoT機器ユーザーに注意喚起、総務省などが「NOTICE」に加えて新たな取り組み 
エッジ・コンピューティングはなぜ重要か? ガートナーが解説する4つのポイント
「IoTセキュリティに新技術基準」、総務省 竹内サイバーセキュリティ統括官に聞く
台湾AppWorks(之初創投)、AI・IoT・ブロックチェーン・仮想通貨に特化した第18期のデモデイを開催——25組中18組を海外勢が占める
Huawei独自OS登場の真実味と虚構。Androidベースならば可能性はあるかもしれない(本田雅一)
モノをなくしたらスマホに通知するIoT紛失防止デバイス
米Multi-Tech、LoRaWANで日本市場に本格参入
東京の地震データを改ざん不能なブロックチェーンに記録開始、ツバイスペース
UR都市機構がセンサー42個装備のスマートホーム--昭和30年代の暮らしと比較も

IoTニュース”は、Mynd Engineを活用して、世の中のIoT関連の記事をまとめさせていただき、ご紹介させていただきます。