IoT(Internet of Things)の最新ニュースや企業&ベンチャー事例(ケーススタディ)ほぼ毎日掲載

イノベーション
2017.09.02

26兆円市場を目指すマイクロソフトのパートナー戦略とは
Japan Partner Conference 2017 Tokyo基調講演レポート

日本マイクロソフトは9月1日、国内パートナー向けイベント「Japan Partner Conference 2017 Tokyo」を開催した。基調講演ではPCからモバイル、そしてクラウドからIoTへと時代が移り変わりゆく中で今後、同社が目指す方向性が総括されたので紹介する。

インテリジェントクラウドが作る世界とは

最初に登壇したのは、同社代表取締役・平野拓也氏。2015年7月に就任した同氏は売上構成のうち5割をクラウドにすることを目指してきたが、6月で終了した同社の2017年度実績において約47%をクラウドが占めるようになったとした。

モバイルファーストからパラダイムシフトが進み、これからはクラウドとAI、IoTから成る“インテリジェントクラウド&インテリジェントエッジ”の世界観が展開されていく。その世界観の中では、様々なデバイス同士がシームレスにつながり、インテリジェンスをもって強調していくという。

象徴的なのが、先日発表されたばかりのAmazon AlexaとMicrosoft Cortanaの提携。AlexaからはCortanaを呼び出すことでWindowsマシンがなくてもOfficeの予定表などにアクセスでき、またCortanaからはAlexaを通じてAmazonの各種サービスなどを使えるようになる。

IoT端末をはじめ、様々なデバイスが人々の生活に広がっているため、こうした動きは今後、ますます進んでいくのだろう。

そして平野氏はマイクロソフトがソリューションを展開する市場について言及。起業当初から同社のコアであった「パソコンとWindows」の市場規模は1995年頃に1,400億円。そして、インターネットが普及しWebサービスが展開されるようになった2005年頃の「クライアント+サーバー」では約10倍の1兆4,400億円にのぼり、さらにスマートフォンが普及した現在の「モバイル+クラウド」ではさらに10倍の14兆4,000億円になるという。

今後、注力していく市場が“インテリジェントクラウド&インテリジェントエッジ”による「デジタルトランスフォーメーション」であり、同社は26兆円市場と考えているようだ。

 

あわせてお読みください

記事ランキング

  • 直近1時間
  • 昨日

話題のキーワード

注目連載

あわせてお読みください

IoTニュース

ソフトバンク、IoTデバイス向けにeSIMプラットフォームを運用開始
シスコ、オープンなIoTデータファブリック「Kinetic」を紹介
ヤフー、IoTセンサーによるコミュニケーション活性化の実証実験
日本郵船とNTT、船舶IoTに関する共同実験を開始
徳島県からIoTサービス事業を創出--日本IBMや地元企業が共同施策
コノル、スマホタッチでつながるIoT製品「CORONA」でNFC導入をサポート
シスコのIoTプラットフォーム「Kinetic」、国内でも年内に提供開始へ
東急が渋谷にIoTスマートホームの体験スペース、帰宅すると自動的にエアコン作動(ニュース)
富士通とアジラ、町田市でIoTを活用した帰宅困難者の見守り実験
レオパレス21、IoTとLoRaによる見守りシステムの実証実験
ソフトバンク、ウエアラブル端末などのIoTデバイス向けにeSIMプラットフォームの運用を開始
進化する「goo」のAI、次はIoTで“あうんの呼吸”実現へ 
ビッグデータ時代のものづくりに必須--米FlyDataが産業IoTで日本参入
オフィスレイアウトの変更でコミュニケーションは活性化するか?――ヤフーがIoTセンサーで可視化へ
IoT機器を標的にしたメキシコからの攻撃が急増、横浜国大とBBSSが報告 
ユニ電子とインフォテリア、IoTセンサーから取得したデータの管理で協業

IoTニュース”は、Mynd Engineを活用して、世の中のIoT関連の記事をまとめさせていただき、ご紹介させていただきます。