IoT(Internet of Things)の最新ニュースや企業&ベンチャー事例(ケーススタディ)ほぼ毎日掲載

イノベーション
2017.09.02

26兆円市場を目指すマイクロソフトのパートナー戦略とは
Japan Partner Conference 2017 Tokyo基調講演レポート

日本マイクロソフトは9月1日、国内パートナー向けイベント「Japan Partner Conference 2017 Tokyo」を開催した。基調講演ではPCからモバイル、そしてクラウドからIoTへと時代が移り変わりゆく中で今後、同社が目指す方向性が総括されたので紹介する。

インテリジェントクラウドが作る世界とは

最初に登壇したのは、同社代表取締役・平野拓也氏。2015年7月に就任した同氏は売上構成のうち5割をクラウドにすることを目指してきたが、6月で終了した同社の2017年度実績において約47%をクラウドが占めるようになったとした。

モバイルファーストからパラダイムシフトが進み、これからはクラウドとAI、IoTから成る“インテリジェントクラウド&インテリジェントエッジ”の世界観が展開されていく。その世界観の中では、様々なデバイス同士がシームレスにつながり、インテリジェンスをもって強調していくという。

象徴的なのが、先日発表されたばかりのAmazon AlexaとMicrosoft Cortanaの提携。AlexaからはCortanaを呼び出すことでWindowsマシンがなくてもOfficeの予定表などにアクセスでき、またCortanaからはAlexaを通じてAmazonの各種サービスなどを使えるようになる。

IoT端末をはじめ、様々なデバイスが人々の生活に広がっているため、こうした動きは今後、ますます進んでいくのだろう。

そして平野氏はマイクロソフトがソリューションを展開する市場について言及。起業当初から同社のコアであった「パソコンとWindows」の市場規模は1995年頃に1,400億円。そして、インターネットが普及しWebサービスが展開されるようになった2005年頃の「クライアント+サーバー」では約10倍の1兆4,400億円にのぼり、さらにスマートフォンが普及した現在の「モバイル+クラウド」ではさらに10倍の14兆4,000億円になるという。

今後、注力していく市場が“インテリジェントクラウド&インテリジェントエッジ”による「デジタルトランスフォーメーション」であり、同社は26兆円市場と考えているようだ。

 

あわせてお読みください

記事ランキング

  • 直近1時間
  • 昨日

話題のキーワード

注目連載

あわせてお読みください

IoTニュース

NTTデータ、IoTエッジでリアルタイムにデータを収集・解析するシステム構築サービスを提供 | IT Leaders
ノキア、複数のIoTパッケージをローンチ--企業によるIoTサービスの構築を容易に
エッジコンピューティングが興隆する2019年
気温や人の接近が分かり、他機器の電源をリモート制御可能――IoTセンサー2種をプラネックスが発売
「IoT-PLC」の普及元年に――高速電力線通信の“第4世代”が登場
コーヒーはIoTと自動化でどこまで変われるか--新形態のコーヒーショップを訪ねて
国のIoT機器調査「NOTICE」が20日から実施、その前にやっておきたい自宅のセキュリティチェック【イニシャルB】
加賀市や金沢大学、フレイ・スリーが動画を用いた観光ハッカソン
NTTデータ、FogHorn製品を利用したエッジ向けIoT/AI活用インテグレーションサービス
日本マイクロソフト、電子タグとIoTデータを活用した実証実験に参画
学生向け“IoTマンション”登場 玄関の鍵や家電をスマホで操作
「KDDI ∞ Labo」、AIやIoTに関するピッチイベント
量子コンピュータでも解読できない暗号アルゴリズム、実証実験に成功
自社サービス専用のIoTボタンを手軽に開発可能に、ソラコムがボタン型デバイス
Google、Android Thingsをスマートスピーカーとスマートディスプレイ向けに路線変更
【クローズアップ】 「近大マダイ」の養殖にマイクロソフトのAIを活用 近畿大学水産研究所の現場レポート

IoTニュース”は、Mynd Engineを活用して、世の中のIoT関連の記事をまとめさせていただき、ご紹介させていただきます。