IoT(Internet of Things)の最新ニュースや企業&ベンチャー事例(ケーススタディ)ほぼ毎日掲載

イノベーション
2017.09.02

26兆円市場を目指すマイクロソフトのパートナー戦略とは
Japan Partner Conference 2017 Tokyo基調講演レポート

日本マイクロソフトは9月1日、国内パートナー向けイベント「Japan Partner Conference 2017 Tokyo」を開催した。基調講演ではPCからモバイル、そしてクラウドからIoTへと時代が移り変わりゆく中で今後、同社が目指す方向性が総括されたので紹介する。

インテリジェントクラウドが作る世界とは

最初に登壇したのは、同社代表取締役・平野拓也氏。2015年7月に就任した同氏は売上構成のうち5割をクラウドにすることを目指してきたが、6月で終了した同社の2017年度実績において約47%をクラウドが占めるようになったとした。

モバイルファーストからパラダイムシフトが進み、これからはクラウドとAI、IoTから成る“インテリジェントクラウド&インテリジェントエッジ”の世界観が展開されていく。その世界観の中では、様々なデバイス同士がシームレスにつながり、インテリジェンスをもって強調していくという。

象徴的なのが、先日発表されたばかりのAmazon AlexaとMicrosoft Cortanaの提携。AlexaからはCortanaを呼び出すことでWindowsマシンがなくてもOfficeの予定表などにアクセスでき、またCortanaからはAlexaを通じてAmazonの各種サービスなどを使えるようになる。

IoT端末をはじめ、様々なデバイスが人々の生活に広がっているため、こうした動きは今後、ますます進んでいくのだろう。

そして平野氏はマイクロソフトがソリューションを展開する市場について言及。起業当初から同社のコアであった「パソコンとWindows」の市場規模は1995年頃に1,400億円。そして、インターネットが普及しWebサービスが展開されるようになった2005年頃の「クライアント+サーバー」では約10倍の1兆4,400億円にのぼり、さらにスマートフォンが普及した現在の「モバイル+クラウド」ではさらに10倍の14兆4,000億円になるという。

今後、注力していく市場が“インテリジェントクラウド&インテリジェントエッジ”による「デジタルトランスフォーメーション」であり、同社は26兆円市場と考えているようだ。

 

あわせてお読みください

記事ランキング

  • 直近1時間
  • 昨日

話題のキーワード

注目連載

あわせてお読みください

IoTニュース

スマホの通知を伝えるスマートボールペン「INFO+」を衝動買い
IoTプラットフォーム「SORACOM」のIoT契約回線が100万を突破
「CES Asia 2019」レポート ~IoT家電が目白押し! ファーウェイのスマートホーム規格も
中部電力が取り組む「コト売り」とIoTやクラウドの使い方
これが製造業DXのすべてだ!生産ライフサイクル管理からVRまで、全方位で提供
IoTは誰のため
東芝デジタルソリューションズ、ビッグデータ・IoT向けスケールアウト型分散DB「GridDB」機能強化版を提供開始
マルウェア感染済みのIoT機器ユーザーに注意喚起、総務省などが「NOTICE」に加えて新たな取り組み 
エッジ・コンピューティングはなぜ重要か? ガートナーが解説する4つのポイント
「IoTセキュリティに新技術基準」、総務省 竹内サイバーセキュリティ統括官に聞く
台湾AppWorks(之初創投)、AI・IoT・ブロックチェーン・仮想通貨に特化した第18期のデモデイを開催——25組中18組を海外勢が占める
Huawei独自OS登場の真実味と虚構。Androidベースならば可能性はあるかもしれない(本田雅一)
モノをなくしたらスマホに通知するIoT紛失防止デバイス
米Multi-Tech、LoRaWANで日本市場に本格参入
東京の地震データを改ざん不能なブロックチェーンに記録開始、ツバイスペース
UR都市機構がセンサー42個装備のスマートホーム--昭和30年代の暮らしと比較も

IoTニュース”は、Mynd Engineを活用して、世の中のIoT関連の記事をまとめさせていただき、ご紹介させていただきます。