IoT(Internet of Things)の最新ニュースや企業&ベンチャー事例(ケーススタディ)ほぼ毎日掲載

テクノロジー
2017.08.18

6億円超えの支援金を獲得。世界初のスマートウォッチ
日本初上陸 “針のついた”スイス製クラシックデザインスマートウォッチZeTime

一度の充電で30日間利用可能なスイス製クラシックデザインスマートウォッチ「ZeTime(ジータイム)」が、2017年8月16日よりMakuakeにて先行販売をスタートした。

ZeTimeは洗練されたクラシック時計を大前提としながらも、利便性の高いスマートウォッチ機能が数多く搭載されている。丸型のカラーディスプレイでありながら、従来の腕時計のように”本物”の時計の針も取り付けるという技術が使われているのが大きな特徴の一つだ。

カバーの下にタッチパネル、針、カラーディスプレイという四層構造になっており、針はタッチパネルの下に設けられているため、操作時に邪魔になることがない。さらにメッセージ受信や電話の着信などを通知する場合は、針がディスプレイの表示内容を遮らない位置へ一時的に動くので、ユーザーはストレスなく情報を読み取ることが可能となる。

 

既存のスマートウォッチは、バッテリーの持ちが悪い。デザインがいまいち。時間を見るのに手間がかかる。丈夫さや耐水性が乏しい。などといった不満点を抱えているものも多かったが、ZeTimeはデザイン性が高いことはもちろんのこと、上記の問題を全て解決している。

バッテリー性能

1回の充電でスマートウォッチモードでは約3日間、メカニカル(時計)モードでは約30日間バッテリーが持続。また、フル充電にかかる時間はおよそ2時間と、今までのスマートウォッチを凌駕するスペックとなっており、充電の煩わしさを解消してくれる。

 

フルカラータッチスクリーン

丸型のフルカラータッチスクリーンで、指先で直感的に操作が可能。通知やアクティビティ、ZeTimeのアプリ操作など手軽に行える。

 

防水性能

3気圧防水までの日常生活耐水機能を備えているため、普段の生活の中で水に濡れるのを気にしなくても大丈夫。

 

デザイン性

従来のスマートウォッチは電池の消耗を抑えるため、普段は画面表示がオフになっているものが多い。これに対しZeTimeは機械式時計のため、スマートウォッチにありがちな「画面がオフの時には時間が見れない」という事がない。画面には常に針が表示されており、時間を確認する事が可能。

 

その他多機能搭載

 

ZeTimeは、米国のクラウドファンディング「Indiegogo」で590万ドル(約6億4千万円)の資金調達に成功。国内最大手クラウドファンディング「Makuake」でも、販売開始わずか3時間で目標支援金を達成している。

【ZeTime】
価格:25,600円(定価の20%OFF)〜
紹介サイト:https://www.makuake.com/project/zetime/
 

あわせてお読みください

記事ランキング

  • 直近1時間
  • 昨日

話題のキーワード

注目連載

あわせてお読みください

IoTニュース

ソフトバンク、IoTデバイス向けにeSIMプラットフォームを運用開始
シスコ、オープンなIoTデータファブリック「Kinetic」を紹介
ヤフー、IoTセンサーによるコミュニケーション活性化の実証実験
日本郵船とNTT、船舶IoTに関する共同実験を開始
徳島県からIoTサービス事業を創出--日本IBMや地元企業が共同施策
コノル、スマホタッチでつながるIoT製品「CORONA」でNFC導入をサポート
シスコのIoTプラットフォーム「Kinetic」、国内でも年内に提供開始へ
東急が渋谷にIoTスマートホームの体験スペース、帰宅すると自動的にエアコン作動(ニュース)
富士通とアジラ、町田市でIoTを活用した帰宅困難者の見守り実験
レオパレス21、IoTとLoRaによる見守りシステムの実証実験
ソフトバンク、ウエアラブル端末などのIoTデバイス向けにeSIMプラットフォームの運用を開始
進化する「goo」のAI、次はIoTで“あうんの呼吸”実現へ 
ビッグデータ時代のものづくりに必須--米FlyDataが産業IoTで日本参入
オフィスレイアウトの変更でコミュニケーションは活性化するか?――ヤフーがIoTセンサーで可視化へ
IoT機器を標的にしたメキシコからの攻撃が急増、横浜国大とBBSSが報告 
ユニ電子とインフォテリア、IoTセンサーから取得したデータの管理で協業

IoTニュース”は、Mynd Engineを活用して、世の中のIoT関連の記事をまとめさせていただき、ご紹介させていただきます。