IoT(Internet of Things)の最新ニュースや企業&ベンチャー事例(ケーススタディ)ほぼ毎日掲載

イノベーション
2017.08.16

芽吹くか、日本の人工知能ベンチャー
活発化するAIビジネスを後押しする動き

BY

“第三次AIブーム”と言われる近年。すでに人工知能のビジネス応用を実現する企業も登場してきており、いよいよ本格的な広がりも見えてきそうだ。

富士キメラ総研のレポート「『2016 人工知能ビジネス総調査』まとまる」によれば、2030年度には市場規模(※1)として2兆1,200億円にも成長すると予測しており、これは実に2015年度比で14.1倍にもなるという。本レポートによれば、「需要業種カテゴリー別市場」の予測として以下の通りとしており、中でも「金融」「公共/社会インフラ」が大きく成長する見込みとなっている。

※1 この報告書でいう「AIビジネス市場」とは、AIを用いた分析サービスやAI環境を構築するためのコンサルティング/システムインテグレーション、プロダクト(ハードウェア・ソフトウェア)やクラウドサービスを含んでいる。


出所:富士キメラ総研「『2016 人工知能ビジネス総調査』まとまる(2016/11/28発表 第16095号)」より作成

 

また、「注目(AI活用製品/システム/サービス)市場」(※2)として、以下のような予測も示しており、「需要予測」「コールセンター」「映像監視」といった分野での応用が大きく成長する見通しを示している。

※2 「注目(AI活用製品/システム/サービス)市場」は製品/システム/サービスごとに活用されるキーデバイスなども含んでいるためAIビジネス市場とは一致しない。


出所:富士キメラ総研「『2016 人工知能ビジネス総調査』まとまる(2016/11/28発表 第16095号)」より作成

 

このように、大きく成長することが期待される“人工知能ビジネス”は新しいビジネス領域として、日本の経済発展にも大きく寄与する可能性が高い。そのためにも、ベンチャーをはじめとした新規参入者による業界の活性化が望まれる。

しかし、人工知能の真価を発揮するためには、分析に供されるデータの多様性やボリューム、分析のためのアルゴリズムや知見など、幅広い資産が必要となる。これらは資金や知見の蓄積を十分に持たない新規参入者にとっては、ハードルとなりそうだ。

こうした背景を受けて、人工知能ビジネスへの新規参入を促進するような動きが出始めている。

あわせてお読みください

記事ランキング

  • 直近1時間
  • 昨日

話題のキーワード

注目連載

あわせてお読みください

IoTニュース

カメラセンサーを使ったIoTパーキングシェア ソフトバンクが10月下旬から開始
GMOあおぞらネット銀行が「新しい」インターネット銀行事業を開始 ~ブロックチェーン技術を活用した新決済方式の開発も視野に
そのIoTはどこにつながっているのか?-塵も積もればプライバシー 【第4回】
マイクロソフトとGEが連携拡大--産業用IoT導入加速へ
OKI、IoTやAIで店舗のデジタル変革を支援する「Enterprise DX」ソリューション
未来の家はこうなる?「IoTスマートホーム」の快適さを横浜の実証実験で体感してきた!
三菱重工航空エンジン、IoTデータアナリティクスプラットフォームを導入
スマホでIoTプログラミング/電子工作ができる小型開発ボード「Obniz」
富士山がIoTだらけに。登山ルートの気温・混雑度もウェブで一目瞭然
NTTドコモらによる「未来の家プロジェクト」を体験--生活に気づきを与えるIoT機器20個を導入
農業向けIoTソリューション「e-kakashi」で、AIを活用した栽培支援アプリなどを提供
スターツアメニティーとソフトバンク、 IoTを活用したパーキングシェアリング事業で提携
シーカンスとNTTドコモ、日本におけるNB-IoT技術の普及促進で提携
東北電力、AI/IoT/ロボットなど活用する「スマートプロジェクト」
沖縄県でAI運行バスなどの実証実験、NTTドコモが実施へ
次世代「5G」の時代に必要なマルウェアへの警戒

IoTニュース”は、Mynd Engineを活用して、世の中のIoT関連の記事をまとめさせていただき、ご紹介させていただきます。