IoT(Internet of Things)の最新ニュースや企業&ベンチャー事例(ケーススタディ)ほぼ毎日掲載

テクノロジー
2017.08.08

日本のラーメン文化を伝えるAIおもてなしロボット
米国シアトルの「らーめん山頭火 University Village店」で稼働開始

日本の国民食ともいえる“ラーメン”の文化を米国で伝えるのは、AIを搭載したおもてなしロボットだ。

ロボットアプリ開発で日本有数の実績をもつヘッドウォータースと米国で「らーめん山頭火 University Village店」を展開するPlenty USA Inc.は、新しいロボット体験を創出するサービスを共同開発した。

店舗入口のウェイティングスペースに設置された本システムは、来店客に北海道から始まった「らーめん山頭火」のストーリーやアイヌ文化、そして商品について、楽しくかつインタラクティブに知ることができるコンテンツを提供するという。

 

システムは大型ディスプレイとコミュニケーションロボットから構成される。ディスプレイにはマルチタッチ式大画面の「55インチのMicrosoft Surface Hub」を採用。来店客がコンテンツをドラッグ&ドロップすると動画や画像が表示されるSurface Hubアプリを搭載している。

また、パネルには2つのHDカメラが内蔵されており、来店客の特徴と待合状況の人数をカメラが捉え、空間自動解析を行う。その結果を基に、パネル脇に設置されたヴイストン社の卓上ロボット「Sota」が約200パターンのレコメンドパターンに自動分類し、音声で自動レコメンドを行うという。空間自動解析や音声自動レコメンドには、Microsoft Azureが提供するAPIを活用している。

ロボットの発話内容、商品コンテンツ、レコメンデーション内容は、ヘッドウォータースが開発するクラウドロボティクスサービス「SynApps(シナップス)」で管理。Microsoft Azure IoT Hubも活用することで、ディスプレイとロボットのAIデータ連携を行ない、タッチパネルで商品がどれだけ選ばれているかなどのデータ分析することも可能だという。

 

今後は、“ジャパン・カルチャー”を打ち出し、海外で増えていく日本食レストランとの差別化を図っていくとともに、Microsoft Surface Hubから得られる来店客のデータとPOSを連動させ、マーケティングデータとして活用していきたいという。さらには、接客におけるフルオートメーション化を視野に入れ、さらなるコンテンツの開発に注力していく予定とのこと。

日本でもロボットによる接客が注目を集め始めて入るが、海外でも競合店との差別化としてロボット接客を導入する動きは加速するのかもしれない。

あわせてお読みください

記事ランキング

  • 直近1時間
  • 昨日

話題のキーワード

注目連載

あわせてお読みください

IoTニュース

KDDIが法人向けに工場生産設備の故障予兆を検知するサービス
ボッシュ・ジャパン、イノベーションフレームワーク「FUJI」 でIoT・AI領域へ積極参入[PR]
KDDIが工場向けIoT――センサーからデータ分析までワンストップで提供
NEC、製造業のデジタルトランスフォーメーションに向け、共創型体験スペース「NEC DX Factory」を開設
IoT市場を牽引する自動車と産業用インターネット - IC Insights
パナソニック、レガシーと最先端技術でモノにした3つの新規事業
IoTやAI、ブロックチェーンなどの最新技術が集結--Interop Tokyo 2018開幕
「ロボット×IoTデバイス」で介護負担を軽減、NTTデータが見守りロボットサービス「エルミーゴ」を提供開始
「5G」標準仕様の策定が完了、サービス開始へのカウントダウンへ
TIS、IoTプラットフォーム推進団体「FIWARE Foundation」に参画
IBM、エッジと連携するアナリティクスクラウドデータ基盤
ニャンだこれは?「AIoT」を活用して、大切なネコの健康を見守るプロダクト『ペットケアモニター』がシャープから登場
ArmがStream Technologies社を買収、IoTコネクティビティとデバイス管理ソリューションを拡充
Interop Tokyo 2018 、IoTやAIと、ネットワークの関係を考える
さくらインターネットがIoT/M2M向けSIMサービスでSIMルート機能
セキュリティターミナル製品の要求仕様を策定、セキュアIoTアライアンス

IoTニュース”は、Mynd Engineを活用して、世の中のIoT関連の記事をまとめさせていただき、ご紹介させていただきます。