IoT(Internet of Things)の最新ニュースや企業&ベンチャー事例(ケーススタディ)ほぼ毎日掲載

テクノロジー
2017.08.08

日本のラーメン文化を伝えるAIおもてなしロボット
米国シアトルの「らーめん山頭火 University Village店」で稼働開始

日本の国民食ともいえる“ラーメン”の文化を米国で伝えるのは、AIを搭載したおもてなしロボットだ。

ロボットアプリ開発で日本有数の実績をもつヘッドウォータースと米国で「らーめん山頭火 University Village店」を展開するPlenty USA Inc.は、新しいロボット体験を創出するサービスを共同開発した。

店舗入口のウェイティングスペースに設置された本システムは、来店客に北海道から始まった「らーめん山頭火」のストーリーやアイヌ文化、そして商品について、楽しくかつインタラクティブに知ることができるコンテンツを提供するという。

 

システムは大型ディスプレイとコミュニケーションロボットから構成される。ディスプレイにはマルチタッチ式大画面の「55インチのMicrosoft Surface Hub」を採用。来店客がコンテンツをドラッグ&ドロップすると動画や画像が表示されるSurface Hubアプリを搭載している。

また、パネルには2つのHDカメラが内蔵されており、来店客の特徴と待合状況の人数をカメラが捉え、空間自動解析を行う。その結果を基に、パネル脇に設置されたヴイストン社の卓上ロボット「Sota」が約200パターンのレコメンドパターンに自動分類し、音声で自動レコメンドを行うという。空間自動解析や音声自動レコメンドには、Microsoft Azureが提供するAPIを活用している。

ロボットの発話内容、商品コンテンツ、レコメンデーション内容は、ヘッドウォータースが開発するクラウドロボティクスサービス「SynApps(シナップス)」で管理。Microsoft Azure IoT Hubも活用することで、ディスプレイとロボットのAIデータ連携を行ない、タッチパネルで商品がどれだけ選ばれているかなどのデータ分析することも可能だという。

 

今後は、“ジャパン・カルチャー”を打ち出し、海外で増えていく日本食レストランとの差別化を図っていくとともに、Microsoft Surface Hubから得られる来店客のデータとPOSを連動させ、マーケティングデータとして活用していきたいという。さらには、接客におけるフルオートメーション化を視野に入れ、さらなるコンテンツの開発に注力していく予定とのこと。

日本でもロボットによる接客が注目を集め始めて入るが、海外でも競合店との差別化としてロボット接客を導入する動きは加速するのかもしれない。

あわせてお読みください

記事ランキング

  • 直近1時間
  • 昨日

話題のキーワード

注目連載

あわせてお読みください

IoTニュース

日本企業を「ノキアの二の舞」にしないためにできることは?
積極的な取り組みが相次ぐ「MaaS」で日本の移動は本当に変わるのか:佐野正弘のITトレンドウォッチ
IDC Japan、国内でIoT事業を手掛ける企業の「データエコシステム」に対する取り組み状況の調査結果を発表
【IoT時代の無線通信技術「LPWA」とは?】(第20回)単三で20年の電池寿命、最大150kbpsのIoTアプリ向けネットワーク「Milli 5」【ネット新技術】
DHT、IoTシステムの保守や連携検証などを行える月額制のマネージドサービス
製造業におけるERP-MES-FA間の「垂直統合」、代替できない“あの業務”がカギとなる
マウスコンピューター、IoT製品「スマートホーム」を販売終了
「mouse スマートホーム」の製品販売が終了 サービスも2022年6月30日終了に
2024年にセルラーIoT接続デバイスが41億個に、鉱工業、自動車が主役
意義あり? 誤解?--IoT脅威を可視化する「NOTICE」プロジェクトの舞台裏
PTC、DX支援を鮮明に--「LiveWorx 19」で見えた“製造業×AR”の未来
IoT市場は今後どうなる? 急速に立ちがるIoTセキュリティの「市場」と「懸念」
ソフトバンクと米VANTIQが資本・業務提携、リアルタイムなデータ処理を行えるIoTサービスを提供可能に
狙われた大量のIoTデバイス なぜ攻撃される? 有効な対応策は
今「稼げるテクノロジー」は何なのか CompTIAがテクノロジーランキングを発表
レノボ、厳しい設置状況に対応したエッジサーバー「ThinkSystem SE350」

IoTニュース”は、Mynd Engineを活用して、世の中のIoT関連の記事をまとめさせていただき、ご紹介させていただきます。