IoT(Internet of Things)の最新ニュースや企業&ベンチャー事例(ケーススタディ)ほぼ毎日掲載
テクノロジー
2016.10.07

CEATEC Japan 2016カンファレンスレポート~日・米におけるサイバーセキュリティの現状~

BY

CEATECでは、会場での技術・テクノロジーの紹介、製品の展示といったこと以外に、現状や将来の展望を専門家の視点で切り取る「カンファレンス」が多数設置されている。今回は、その中でIoT時代のセキュリティに注目し、関連するカンファレンスに出席した。その内容をお伝えしよう。

東京オリンピックに向けてサイバー攻撃も激化の方向へ

2020年に東京で開催されるオリンピック・パラリンピックを控え、日本へのサイバー攻撃は今後激化するものと予測される。企業では、組織体制、人材育成、そしてシステム面でのセキュリティ対策が急務となっている現状がある。

そうした状況を踏まえ、国際的なサイバー脅威にさらされサイバーセキュリティ大国と呼ばれるアメリカから有識者を招き、サイバー攻撃対策の最新の状況や先進的人材育成等についてご紹介いただくとともに、日本との違いや、とるべき対策についてディスカッションが行われた。

ディスカッションは、IPA参事・セキュリティセンター長 江口純一氏をモデレータに、米国から米アイアンネットサイバーセキュリティ社最高経営責任者 / 米国 国家安全保障局(NSA)元長官 / 米国 サイバー軍初代司令官 / 米国 大統領国家サイバーセキュリティ強化委員会委員 キース・アレキサンダー将軍、米マイター社主席政策アドバイザー バーバラ・グレーヴェ氏を迎え、経済産業省サイバーセキュリティ・情報化審議官 伊東寛氏とトヨタ自動車 情報セキュリティ推進室長 藤瀬浩史氏をパネリストとして、サイバー攻撃対策の最新の状況や、日米との違い、人材育成、とるべき対策について語られた。

ディスカッションは、下記の3セッションに分かれて実施された。

I.米国および日本におけるサイバー攻撃の脅威の状況、対策について
II.
企業におけるサイバーセキュリティ対策と経営者の関わりについて
III.人材育成の必要性と経産省が推進するCOE構想について

あわせてお読みください

注目連載

innovators 情熱のカラクリ
いまさら聞けないIoTの基本のキ
大辻雄介の「教育のIoT思議」

記事一覧

記事ランキング

  • 直近1時間
  • 昨日

IoTニュース”は、Mynd Engineを活用して、世の中のIoT関連の記事をまとめさせていただき、ご紹介させていただきます。