IoT(Internet of Things)の最新ニュースや企業&ベンチャー事例(ケーススタディ)ほぼ毎日掲載

ライフスタイル
2017.08.07

事前運賃“確定”アプリでもっと気軽にタクシー利用を
突然の渋滞や回り道でも支払いは事前に確定した分だけ

日常生活において、あまりタクシーを利用しないという方は多いだろう。

ためらう理由は人それぞれだろうが、原因の一つとして、電車やバスと違って“目的地に着くまで料金が確定しない”という点が挙げられるのではないだろうか。

そんな「到着するまで絶えずメーターを気にし続けなくてはいけない」不安を解消するサービスが、一部の事業者により8月7日から実施される。

国土交通省の「タクシー事前確定運賃サービス」の実証実験によるもので、対応の配車アプリを通して乗車地、降車地を入力して事前予約・配車依頼することで、乗車前に確定した運賃でタクシーを利用することができる。

予定外の回り道や渋滞が生じたとしても、事前に確定した運賃より高くなることはないというのだからありがたい。

対象地域・期間等の詳細は以下の通り。

期間:2017年8月7日(月)9:00〜2017年10月6日(金)24:00
※10月6日中に配車依頼された運送も対象
地域:東京都内23区及び三鷹市、武蔵野市
対象車両数:4,648両

「App Store」「Google play」からダウンロードできる対応アプリは以下の4種類で、今回の実験に参加する4グループの事業者それぞれに対応している。

・全国タクシー:日本交通グループ※8月1日よりアップデート開始
・大和自動車交通タクシー配車(実証実験):大和自動車交通グループ※Androidは8月7日より、iOSは8月14日(予定)よりダウンロード開始
・(事前確定運賃)モタク:第一交通産業グループ※8月7日よりダウンロード開始
・kmタクシー:国際自動車グループ※8月7日よりダウンロード開始

アプリ画面イメージ

また、「事前確定運賃」の利用対象となるのは3,000円以上(迎車料金等を含む)の運送のみとされているので注意が必要。その他、道路が空いていた場合などは事前確定運賃がメーター運賃よりも高くなってしまう場合もあるので、状況を見極めて利用したいところだ。

国土交通省が発表している「タクシー事業者の現状について」によると、リーマンショック以降タクシー業界の運送収入や事業者数、車両数や輸送人員はいずれも大幅に減少している。
タクシー適正化・活性化法施工後、日車営収(実働1日1車当たりの運送収入)は上昇傾向にあるとはいえ、やはり利用者数増加を狙いたいところだろう。

この度の実証実験では、事前に確定した運賃が実際の走行に照らして適切であったかどうかの検証や利用者アンケート等を行い、結果を踏まえて必要な制度を検討していくとのこと。
他の交通手段より「利用したい」と思える魅力を高めていけるかどうかは、利用者が鍵を握っている。

一般社団法人 全国ハイヤー・タクシー連合会の発表によれば、平成28年度の全産業男性労働者の年間賃金推計額は549万4,300円のところ、タクシー運転手は322万100円という賃金推計額が算出されている。タクシー運転者(男)と全産業男性労働者との間には、227万4,200円という格差が開いているのだ。このような結果からみても、現状タクシー運転手の労働時間や年間所得の水準は他産業と比べて低いと言わざるを得ない。

その点、今回の実験の狙いには配車アプリの利便性を高めて普及を促進することにより、タクシーの空車走行を減らし、生産性を向上させることも含まれているという。
効率、生産性を高めることによりタクシー業界全体の労働環境改善に繋がる可能性も大きい。

今回は実験ということで地域や期間は限定的だが、普段からタクシーを愛用している方はもちろん、普段は料金体系で利用をためらいがちという方は是非、この機会に利用してみると良いだろう。

あわせてお読みください

記事ランキング

  • 直近1時間
  • 昨日

話題のキーワード

注目連載

あわせてお読みください

IoTニュース

MAMORIOが法人向け紛失防止IoTサービスを提供開始、貸与PCの紛失などを管理可能に
【CEATEC 2018】Society5.0---盛りだくさんの企画で来場者16万人を目指す
Mirrorが2,500万米ドルを調達、1,495米ドルのIoTミラーをローンチ——自宅で受講できるバーチャルフィットネスクラスを提供
現場革新に主眼を置くオムロンが綾部工場で実践する「高度1~10m」の取り組み
デルタ電子からエネルギーを見える化するマートホーム・マネジメントシステム--自動制御や遠隔制御も
IoTで乳幼児の突然死対策、ソフトバンクグループのhugmoが保育士の負担軽減サービス
AI/IoT時代に「オントロジー」が注目される理由──JDMC理事 北澤氏に聞く
KDDIやNRIなど、会津若松市で5Gやドローンを活用した「日本酒造り」の実証事業を開始 | IT Leaders
【後編】”製造業特化型”×”高速クラウド”のIoT基盤「FA Cloud」が始動、その全容と3社共同開発の狙いとは —FAプロダクツ、MODE、神戸デジタル・ラボ
日立グループとタイ・サイアムセメントグループがIoTを活用し協創 | IT Leaders
GMOクラウドと双日、コネクテッドカー関連事業の推進で業務提携
映像IoTを支えるネットワーク構築のポイント「エッジで映像は捨てる」
【前編】”製造業特化型”×”高速クラウド”のIoT基盤「FA Cloud」が始動、その全容と3社共同開発の狙いとは —FAプロダクツ、MODE、神戸デジタル・ラボ
サイアムセメントグループと日立がIoTを活用し、 工場のエネルギー省力化や流通業務の効率化に向けた協創を開始
ドローンと5Gを活用した「日本酒造り」、KDDIらが実証実験
データ流通の実現が事業発展のカギ ―データ流通推進協議会 理事 杉山氏インタビュー

IoTニュース”は、Mynd Engineを活用して、世の中のIoT関連の記事をまとめさせていただき、ご紹介させていただきます。