IoT(Internet of Things)の最新ニュースや企業&ベンチャー事例(ケーススタディ)ほぼ毎日掲載

ライフスタイル
2016.10.06

CEATEC Japan 2016 IoT関連の基幹技術から応用可能ソリューションまで
~パナソニックブース紹介~

BY

「CEATEC Japan 2016」に出展しているパナソニックのブースは、HALL1の中で最大の面積を占める。HALL1からHALL6を含めた中でも最大規模と言っていいだろう。

同社のブースで行われている各種デモや実演をすべて見るだけでも、おそらく半日ほど費やすのではないかと思えるくらい内容が充実している。ということでパナソニックブースの展示内容について紹介しよう。

ブースを3つの空間に分けて展示

「CEATEC Japan 2016」自体が「社会エリア(一部街エリア)」、「家エリア」、「特別企画エリア」、「CPS/IoTを支えるテクノロジ、ソフトウェアエリア」に分かれているようにパナソニックブースも「空間」と称してエリアを分けている。

ひとつ目は、商用関連製品や技術を扱う「商業空間 Future Retail Experience」、もうひとつは「住空間 Better Living Tomorrow」という私たちの生活に関連が深い技術や製品を展示、そして3つ目は「技術・デバイスエリア」で、同社がすでに持っている技術やデバイス、今後登場が予想される技術やデバイス類が展示されている。

これら3つのうち商業空間と住空間において、最もIoTに関わっていると思われるのが「透明ディスプレイ」や「透明スクリーン」と呼ばれる技術だ。商業空間ではデジタルサイネージ用に利用され、住空間ではインテリアの一部として機能する。

商業空間に設置されているデジタルサイネージの一種。背後に複数の画像が投影されているのがわかる。

お酒&ワイン用のセラー。扉の透明ディスプレイによってレシピ情報などを表示可能。
透明ディスプレイの応用。窓がテレビになっている。

あわせてお読みください

記事ランキング

  • 直近1時間
  • 昨日

話題のキーワード

注目連載

あわせてお読みください

IoTニュース

ソフトバンク、NB-IoTを利用した水道メーター向け無線自動検針の実証実験を開始
ヘルスケアが次の注目すべきxTech分野【iNTERNET magazine Reboot】
IoTにSnapdragonが求められる理由、クアルコムがIoT戦略を解説
ソフトバンク、自治体向けIoTをパシフィックコンサルタンツと提携し強化
クラウディアン、深層学習用にGPUを搭載した小型のIoTエッジ処理サーバー「AI Box」を開発 | IT Leaders
もっと賢い公共インフラを5G通信とIoTで──ソフトバンクがインフラ設計大手と業務提携
建設現場の生産性を向上するIoTプラットフォーム「LANDLOG」、アプリ開発プロバイダ向けAPI第一弾を提供開始
新しい半導体の流れを作る、IoTと5G
ソフトバンクとパシコンが「IoT×AI」で提携、防災や社会インフラ改善に
ソフトバンクとパシフィックコンサルタンツ、スマートシティ実現に向け提携
GMOクラウド、IoTデバイスをセキュアに一括管理する「IoTプラットフォーム(仮称)」β版を提供開始
IoTや顔認証で路線バスのヒヤリ・ハット予備軍を把握 - KDDIと小湊鐵道
顔認識で危険運転防止、地中の水道メーター検針、牛の突然死防止--IoT活用が広がる
環境から「収穫」した電力で自立するデバイス 〜IoTを変える「エナジーハーべスティング」技術とは?
ソフトバンクら、NB-IoTを活用した水道メーターの実証実験
オープンIoTからIoSへ、モノからコトへ

IoTニュース”は、Mynd Engineを活用して、世の中のIoT関連の記事をまとめさせていただき、ご紹介させていただきます。