IoT(Internet of Things)の最新ニュースや企業&ベンチャー事例(ケーススタディ)ほぼ毎日掲載

コミュニケーション
2017.07.25

インバウンド市場を意識。他言語対応ロボットで快適な環境を追求
「変なホテル ハウステンボス」にて実証実験開始

少子高齢化による人材不足などの社会的課題を解決するために、AIやロボットの労働代替化が期待されている。そんな中、三信電気とイーフローは、7月11日から8月31日までコミュニケーションロボットを中核とした客室環境を構築し、実証実験を行っている。実験が行われているのは、フロントにリアルな人型ロボットを配置したり、チェックインを顔認証で行ったりするなど、生産性とエンターテイメントを融合させたユニークなホテルの「変なホテル ハウステンボス」。

エレクトロニクスの総合商社である三信電気と、IoTのビジネスモデルなどをトータルプロデュースするイーフローは、人とロボットの対話に基づく“楽しく快適な環境”を追求し、インバウンド市場、ロボティクス産業の成長加速への貢献を目指していく。

今回の実証実験で使用するコミュニケーションロボット「くま〜ぬ」は、海外で製造されている、マイコン、マイク、スピーカー、WiFiなどが搭載された縫いぐるみ電子玩具を調達し、低価格を実現。対話ロボット・システム構築のためのソフトウェア基盤である「イーフロー ロボティクス・プラットフォーム」と連動している。

他言語コミュニケーションロボット「くま〜ぬ」

くま〜ぬは「変なホテル ハウステンボス」のイーストアームのデラックスルーム12室へ設置されており、対話することによってホテル内の施設、テーマパークのイベント、天気予報などの情報取得や、目覚ましアラームのセット、客室内の照明やエアコンの制御を行える。また、くま〜ぬとゲームで遊ぶことも可能だ。言語は日本語と英語に対応しており、中国語にも対応予定だという。

日本発信の“kawaii”(かわいい)はすでに世界共通のコトバになっている。「くま〜ぬ」もkawaii分野のロボットに分類されるだろう。そんな「くま〜ぬ」から得られたデータで、“楽しく快適な環境”をkawaii同様に日本から世界へ向けて発信できるような未来に期待したい。

あわせてお読みください

記事ランキング

  • 直近1時間
  • 昨日

話題のキーワード

注目連載

あわせてお読みください

IoTニュース

データ流通の実現が事業発展のカギ ―データ流通推進協議会 理事 杉山氏インタビュー
GoogleのIoTプラットフォームを利用した開発支援、富士通が提供
国内IoT市場、2022年にソフト/サービスの支出割合が61.1%へ--IDC Japan予測
2022年のIoT市場規模は11.7兆円、スマートホームやスマートグリッド普及でソフトウェア/サービスがけん引――IDC調べ
IoT人気記事ランキング|IFA2018レポートなど[9/3-9/9]
AIに使えるデータはわずか30%、ただちに企業データを「AI Ready」にせよ
高度に自動化された世界を実現する、アプトポッドの産業IoTミドルウェア
交通量調査を深層学習で自動化するIoTエッジ装置、クラウディアンがβ版を提供 | IT Leaders
BIGLOBEがIoTデバイス「BL-02」のパッケージソリューションを提供開始、パートナー企業の募集も
CData、API開発・運用基盤「CData API Server」2018版をリリース
日立、IoTを活用した上下水道事業のクラウドサービスを開始
国内IoT市場、ソフトウェア/サービスの支出割合は2022年までに8.3ポイント増加し61.1%に――IDCが分野別予測
“IoTドア”で独居シニアの安否確認 賃貸住宅のリスク低減対策にも――NTT西日本ら、九州で高齢者見守りサービスのトライアルを実施
低コストで高速にIoTソリューションが開発できる「isaax」【9/14体験展示】
IoTの目を進化させるインテルの「OpenVINOツールキット」
ネットと繋がる未来の自動車、その活用分野

IoTニュース”は、Mynd Engineを活用して、世の中のIoT関連の記事をまとめさせていただき、ご紹介させていただきます。