IoT(Internet of Things)の最新ニュースや企業&ベンチャー事例(ケーススタディ)ほぼ毎日掲載

テクノロジー
2017.07.27

大人も子供も楽しめる。夏休みは最先端テクノロジーに触れよう!
最先端のテクノロジー製品が一堂に会する展示スポットがアキバに誕生!

関東地方の公立小学校では、すでに夏休みというところが多い。子どもから「どこかに連れて行って」とせがまれるも、公園や遊園地では自分が楽しめず疲れに行くようなものだ……、と気後れすることはないだろうか。そんな時に提案したいのが、VRをはじめ、最新のIoT機器や、クラウドファンディングで製品化を進めている新製品など、最先端のIT関連製品を「見て・触れて・体感」することができるような場所だ。

7月28日(金)に「少し先の未来に出逢えるアキバスポット」をテーマとした情報発信スポットとして、秋葉原に『パソコン工房 AKIBA STARTUP』がオープンする。

『パソコン工房 AKIBA STARTUP』外観イメージ

 

出展製品は順次入れ替えを行なうとのことだが、オープン時に取り扱い予定の製品は以下の通りだ。

「Gliding to the Moon」

クレッセントが出展する小型でVRに最適化されたモーションベース。ドラゴンに乗って仮想の街を飛び回るコンテンツに合わせてモーションベースが動くことで、より高い没入感を体感できる。
※展示期間は7月30日(日)までの予定

 

「ELSA ドームスクリーン」

エルザ ジャパンが出展する「ELSA ドームスクリーン」。視界全てを覆う臨場感溢れる4K対応曲面スクリーンとなっている。プロジェクターからの映像を独自の形状に湾曲させた高反射率のスクリーンへ投影させることでVR体験を複数人数で同時に共有可能な、今までに無い新しいカタチのシステム。広大な風景や宇宙空間など広がりのある映像はもちろん、室内映像やゲームなどにも応用可能。臨場感溢れる広視野な映像出力を実現している。

 

「EarsOpen (イヤーズオープン)」

GREEN FUNDINGが出展する「EarsOpen」は骨を通じて音を聴く事で耳を塞がない(鼓膜を使わない)、 骨伝導を採用したイヤホン。世界初のハイレゾ級骨伝導CLIP型イヤホン。

 

「ダヴィンチ  miniMaker」

XYZプリンティングジャパンが出展する「ダヴィンチ  miniMaker」は、現在発売されているほとんどのデスクトップ型3Dプリンターよりも小さく、8kgという重さにもかかわらず、最大印刷サイズは15x15x15cm。常時印刷実演も開催予定。

 

「QuietOn(クワイエットオン)」

QuietOnが出展する次世代の耳栓QuietOn」。 従来の耳栓ではブロックしきれない騒音、特に低周波騒音と呼ばれる飛行機のエンジン音、交通騒音、室内のエアコン音などを減少させるアクティブノイズキャンセル機能を搭載している。

 

「電玉SAO EDITION」

ASCII STARTUPが出展する「電玉SAO EDITION」は、スマートフォンと接続して、対戦やクエスト攻略、アバターの育成、チャットなどができる未来のおもちゃ。人気アニメ『ソードアート・オンライン』とコラボしており、けん玉技に合わせて、キリト役・松岡禎丞さん録り下ろしボイスでのソードスキルも発動する。

 

その他の出展企業・製品

こうしたスポットであれば、自分も子どもも楽しめるのではないだろうか。帰り道に未来のテクノロジーに思いを馳せて子どもと語り合うのも夏の良い思い出になるだろう。

あわせてお読みください

記事ランキング

  • 直近1時間
  • 昨日

話題のキーワード

注目連載

あわせてお読みください

IoTニュース

auのホームIoT、月額490円は妥当か
組み込みハイパーバイザーが守るIoTの安心・安全―セルテック | IT Leaders
IoT活用で灯油配送を効率化、北海道新篠津村で12月から実証実験(ニュース)
スマートスピーカーを新築マンションに全戸導入、その狙いは?
“インテリジェントエッジ”を実現する「Azure IoT Edge」、機械翻訳のオンプレ版が利用可能に
スマートホームの市販IoT機器にセキュリティ問題、隣人に操作される可能性も【IoT推進委員会 第7回シンポジウム】
ドラレコ搭載スマートヘルメットから現場に潜むIoTまで 韓国スタートアップ企業の注目すべきアイデア製品
日立、“総合システム工場”の大みか事業所を公開 IoTを利用した先端の取り組みを実施
スマホやPCを脅威から守る、IoT時代の新しいセキュリティー
2016年の今日、Xbox One Sが発売されました:今日は何の日?
KDDIなど、IoTを漁業に活用した「鯖、復活」養殖効率化プロジェクト
スマホやスマートスピーカーで家電操作&ドア・窓をセンサー検知&IoTスマートホーム化できる「インテリジェントホーム」を使ってみた
コネクテッドホームにGoogle Homeを活用、大和ハウスが「Daiwa Connect(ダイワ コネクト)」プロジェクト開始
コマツ、産業用IoT基盤を導入--採掘機械の稼働率や生産性を向上
月額40円からのセルラーLPWA、KDDIがIoT向けに提供
au、スマホで家電を操作できる赤外線リモコンやGoogle HOME連携でホームIoTサービスを強化

IoTニュース”は、Mynd Engineを活用して、世の中のIoT関連の記事をまとめさせていただき、ご紹介させていただきます。