IoT(Internet of Things)の最新ニュースや企業&ベンチャー事例(ケーススタディ)ほぼ毎日掲載

ライフスタイル
2017.07.19

配送業版“Uber”は物流業界の人手不足を救う?
小口のニーズに対応したドライバーと依頼者のマッチングサービス「PickGo for Personal」

BY

軽貨物運送のニーズが高まっている

最近、話題に上がることの多い物流業界。ネットショッピングの普及などを受け、増加する再配達やシビアな配達条件など労働環境が過酷に。その結果、ドライバー不足が叫ばれている。

再配達が増える要因の1つに、単身であるため昼間、家族に受け取ってもらうことができないということもあるようだ。厚生労働省の「平成28年 国民生活基礎調査の概況」によれば、単独世帯の割合が平成19年に25.0だったのが、平成28年では26.9と上昇している。

そんな単身者をメインターゲットにした小口の配送サービス「PickGo for Personal」(以下、PickGo)が8月9日にCBcloud社からリリースされる見通しだ。

PikckGoでは増え続けている単身者の引っ越しニーズに応えるサービス。アプリを通して登録ドライバーと依頼者をマッチングさせる。

 

単身者にとって、引っ越し業者のサービスだとサービス過多な場合があるという。引っ越し業者が保有する車両の多くは2t車以上の場合が多く、少量の荷物で移動したい単身者の要望を満たしきれていないというのだ。

本サービスでは、軽貨物運送を行なう1,300名の登録済み個人事業主ドライバーと依頼者をマッチング。従来よりもリーズナブルな価格での引っ越しを可能にするとのこと。

また、登録済みドライバーにとってもメリットがある。配送ドライバーとしては帰り便や空き時間を有効活用したいと考えるが、予定された日に稼働する従来の引っ越しサービスではそうした柔軟性のある運用は難しかった。

本サービスのマッチングであれば、位置情報などを利用した迅速なマッチングが行なえ、突発的な依頼でも対応することが可能。配送ドライバーにとっても稼働率を上げることができるというわけだ。

まさに、一般人がドライバーとしてタクシーのように輸送を行なう米国発のライドシェアリングサービス「Uber」のような仕組みだ。

CBcloud社は本サービスによって配送業を魅力的なものにし、ドライバーの人材不足解消も期待したいとしている。

あわせてお読みください

記事ランキング

  • 直近1時間
  • 昨日

話題のキーワード

注目連載

あわせてお読みください

IoTニュース

ソフトバンク、NB-IoTを利用した水道メーター向け無線自動検針の実証実験を開始
ヘルスケアが次の注目すべきxTech分野【iNTERNET magazine Reboot】
IoTにSnapdragonが求められる理由、クアルコムがIoT戦略を解説
ソフトバンク、自治体向けIoTをパシフィックコンサルタンツと提携し強化
クラウディアン、深層学習用にGPUを搭載した小型のIoTエッジ処理サーバー「AI Box」を開発 | IT Leaders
もっと賢い公共インフラを5G通信とIoTで──ソフトバンクがインフラ設計大手と業務提携
建設現場の生産性を向上するIoTプラットフォーム「LANDLOG」、アプリ開発プロバイダ向けAPI第一弾を提供開始
新しい半導体の流れを作る、IoTと5G
ソフトバンクとパシコンが「IoT×AI」で提携、防災や社会インフラ改善に
ソフトバンクとパシフィックコンサルタンツ、スマートシティ実現に向け提携
GMOクラウド、IoTデバイスをセキュアに一括管理する「IoTプラットフォーム(仮称)」β版を提供開始
IoTや顔認証で路線バスのヒヤリ・ハット予備軍を把握 - KDDIと小湊鐵道
顔認識で危険運転防止、地中の水道メーター検針、牛の突然死防止--IoT活用が広がる
環境から「収穫」した電力で自立するデバイス 〜IoTを変える「エナジーハーべスティング」技術とは?
ソフトバンクら、NB-IoTを活用した水道メーターの実証実験
オープンIoTからIoSへ、モノからコトへ

IoTニュース”は、Mynd Engineを活用して、世の中のIoT関連の記事をまとめさせていただき、ご紹介させていただきます。