IoT(Internet of Things)の最新ニュースや企業&ベンチャー事例(ケーススタディ)ほぼ毎日掲載
テクノロジー
2016.10.04

ギネス認定の卓球ロボットも登場。CEATEC JAPAN 2016で体験するオムロンの未来テクノロジー

BY

ギネスに認定! 世界初の卓球コーチロボット「フォルフェウス」

本日から10月7日まで開催されているCPS・IoTの展示会「CEATEC JAPAN 2016」に先立ち、10月3日におこなわれたメディアコンベンションにおいて、オムロンの卓球ロボット「フォルフェウス」のギネス世界記録認定証授与式が開催された。

卓球ロボット「フォルフェウス」は、オムロンが描く“人と機械の関係の進化”を紹介するための、体験型デモンストレーション。今年1月に世界初の卓球コーチロボットとしてギネス世界記録に認定された。

 

2013年の誕生以来開発を続けている「フォルフェウス」の最新版は、毎秒80回の撮影によりボールの軌跡を把握。AI技術を実装し、学習結果を基にラリーの最中に相手の卓球の腕前を瞬時に判断してくれる。

相手のレベルに合わせたラリーを通して「人も機械もお互いに成長する」を体験できるのだという。授与式に参加した、ギネスワールドレコーズジャパンのビハーグ・クルシュレーシュタ氏は「日本の匠が世界一になることをうれしく思う」と語っていた。

 

また、この日はオムロンの新製品AI搭載モバイルロボット「屋内用モバイルロボットLDプラットフォーム」の製品紹介もおこなわれた。

モノづくり現場の課題はモバイルロボットが解決

「モバイルロボットLD」はモノづくりの現場をはじめ、屋内空間においてさまざまな人や障害物を自動で回避しながら最適なルートを自ら考え決められた場所に荷物を届ける搬送ロボット。最新技術による測定で自らの位置を特定しながら、人や障害物をどう動いて避けるかリアルタイムに考え、ぶつかることなく最大130kgの搬送ができる。

現在、労働者数不足や人件費の高騰のほか、モノづくりの現場では作業者の小さなミスが、大きな品質トラブルや生産性の低下につながるなど、解決すべき課題も多い。モバイルロボットLDはモノを移動させるという単純・単調で重労働な作業から人々を開放し、より創造的な分野での仕事に従事することが可能となる。

 

2017年1月20日より世界33カ国で一斉発売される「モバイルロボット」は、IoT時代の新たなモノづくりに期待される「マスカスタマイゼーション」を実現させるためのカギとなるロボット。生産ラインが商品に合わせて自動的に構成を変える、フレキシブルなモノづくり現場を実現するうえで、これから大きな役割を担うことになる。

機械が人間の動きや考えを理解し、アシストするような人と機械の新たな協調がオートメーションの進む未来と考えるオムロンは、これからも製造業のための新しいロボットソリューションの創出に取り組んでいくという。

人の知恵を機械にプラス。オムロンが目指す「+Think」

CEATEC JAPAN 2016では「フォルフェウス」を通じ、オムロンが目指す「+Think」による人と機械がお互いに成長する未来の姿を紹介。さらに、オムロンが注力する「モノづくり」「ヘルスケア」「モビリティ」分野において、「センシング&コントロール+Think」で解決すべき社会的課題へ取り組み、オムロンのIoTデバイスの幅広さなどを動作モデルやプレゼンテーションによって知ることができる。

 

あわせてお読みください

注目連載

innovators 情熱のカラクリ
いまさら聞けないIoTの基本のキ
大辻雄介の「教育のIoT思議」

記事一覧

記事ランキング

  • 直近1時間
  • 昨日

IoTニュース”は、Mynd Engineを活用して、世の中のIoT関連の記事をまとめさせていただき、ご紹介させていただきます。