IoT(Internet of Things)の最新ニュースや企業&ベンチャー事例(ケーススタディ)ほぼ毎日掲載

ライフスタイル
2017.06.28

ポチっと押すだけ。Amazon Dash Buttonラインアップが100 ブランド以上に
Amazonプライム会員は1,000 種類以上の商品をワンプッシュで注文が可能

IoTの仕組みを利用して、ポチっとボタンを押すだけで簡単にAmazonに商品を注文できる「Amazon Dash Button」は、昨年12月に発売された際には大きな注目を集めていた。しかし、スタート時に用意されていたのは全部で30種類のボタンしかなかったため、自分が普段使っている日用品は対応していないとガッカリした人も多かっただろう。

そんなAmazon Dash Buttonだが、2017年6月28日(水)より、新たに70 種類以上のブランドを追加し、合計で100 種類以上のラインアップに拡大した事を発表した。 Amazon プライム会員は今後、新カテゴリーを含めた数十以上の商品カテゴリーから、合計で1,000 種類以上の日用品商材から選ぶことが可能となる。

(Dash Button上から順に)
王⼦ネピア株式会社「ネピア」ユニ・チャーム株式会社「デオシート」⽇本ヒルズ・コルゲート株式会社「サイエンス・ダイエット」
(Dash Button左から順に)
カルビー株式会社「じゃがりこ」⻲⽥製菓株式会社「ハッピーターン」東洋⽔産株式会社「⾚いきつねうどん」⼤塚製薬株式会社「カロリーメイト」サッポロビール株式会社「サッポロプラス」
(Dash Button上から順に)
コカ・コーラカスタマーマーケティング株式会社「コカ・コーラ」ネスレ⽇本株式会社「ネスカフェドルチェグスト」
(Dash Button上から順に)
⼤塚製薬株式会社「ネイチャーメイド」はごろもフーズ株式会社「シーチキン」
(Dash Button上から順に)
花王株式会社「ビオレu」ドーバー酒造株式会社「ドーバーバストリーゼ」スリーエムジャパン株式会社「スコッチ・ブライト」

アマゾンジャパン合同会社 バイスプレジデント 消費財事業本部 統括本部長 前田宏氏は、今回の発表について次のように述べている。

「昨年12 月にDash Buttonを発売して以来、お客様から大変ご好評いただいております。そして、この度、新たに多くの人気のある日用品ブランドのDash Buttonを追加することにより、Amazonプライム会員の皆様の日用品の注文が、より簡単になることを期待しています。今回は新たにサプリメントや菓子類、アルコール飲料、掃除用品など、新しい商品カテゴリーが加わり、より広範な日用品のラインナップの中から商品を選ぶことができるようになります。また、重くてかさばる飲料や洗濯洗剤、ペット用品などお客様の間で需要が高かった炭酸飲料、ソフトドリンク等のラインナップも一層拡大しました」。

ボタンを押すだけで日用品を簡単に注文できる小型端末であるAmazon Dash Buttonは、菓子類やオフィス文房具、ベビー・育児用品、ペット用品、飲料など、いつも使用している日用品のボタンを押すだけで簡単に注文ができ、備蓄切れした時の買い忘れの心配を解消してくれる存在だ。現在、人気のあるAmazon Dash Buttonトップ5 は上位から順に、サントリー天然水、ウィルキンソン、エリエール、アリエール、ムーニーとなっている。

Amazon Dash Buttonは、Amazonプライム会員のみが購入可能で、価格は500 円(税込)。Amazon Dash Button を使って商品を注文すると、Amazon.co.jp で購入した初回注文の金額から、500 円相当が差し引かれるため、実質的には無料で入手できる。該当商品は、Amazon で販売されている最低価格で、かつ配送料は無料となる。

あわせてお読みください

記事ランキング

  • 直近1時間
  • 昨日

話題のキーワード

注目連載

あわせてお読みください

IoTニュース

補聴器がウェアラブル端末として進化していく可能性
なぜプライヴァシーは「蒐集」されるのか?:「GDPR:データとインターネット〜EUが描く未来」第2回
KDDI、IoT通信「IoTコネクト LPWA」などを来年1月に提供開始
横河電機、LoRaWAN対応のIIoT向け小型無線センサ「スシセンサ」を開発
ドコモら、東南アジアでのプラスチック成形業界向けIoT実証を開始
生体認証をスマートフォンで手軽に実現!業務効率化・モバイルの活用事例を展示していたsantec - Japan IT Week 秋 2017より
NSWとセゾン情報システムズ、セキュアなデータ転送を可能にしたIoTサービスを提供開始
Microsoft、Apache Sparkベースの「Azure Databricks」や新しいAI、IoT、機械学習ツールを発表
組み込みに特化した商用の深層学習フレームワーク
Clouderaを活用したIIoTプラットフォームをコマツが採用- 採掘効率の向上へ
カメラに画像認識機能を搭載、エッジ側で処理
OKI、IoTとAIを活用した店舗業務改善支援ソリューション「VisIoT」提供開始
KDDI、月額40円~のIoT向け通信サービス「KDDI IoT コネクト LPWA」
IoTをデバイスからクラウドまでトータルでサポートするローム/ラピス - ET 2017
マルチホップ無線搭載、低電力センサーシステム
振動監視の実証実験を手軽に、MEMSセンサーで

IoTニュース”は、Mynd Engineを活用して、世の中のIoT関連の記事をまとめさせていただき、ご紹介させていただきます。