IoT(Internet of Things)の最新ニュースや企業&ベンチャー事例(ケーススタディ)ほぼ毎日掲載

ライフスタイル
2017.06.17

LINEが放つAIプラットフォーム戦略
スマートスピーカーにキャラクター性は宿るか

BY

WAVEができること

スマートスピーカーであるWAVEは、他のスマートスピーカーと同様、音声による情報取得・家電コントロールなどはもちろん、LINEのトークメッセージも操作可能。コミュニケーションプラットフォームならではの機能と言えそうだ。

また、スピーカーという製品の性格上、中核機能と位置付けているのが「MUSIC」。同社の音楽配信サービス「LINE MUSIC」が提供する約4,000万曲の楽曲を対象に、指定した曲以外に雰囲気やユーザーの気分にあった曲の推薦もできるという。

秋の製品発売に先駆けて、このMUSIC機能だけに限定した先行版を今夏に税別10,000円で発売も予定。先行版は正式版の発売後、同じタイミングで正式版と同じ機能にアップデートされるという。いち早く触れてみたい人には朗報だろう。

スマートスピーカーにキャラクター性が宿る可能性

また、「LINE CONFERENCE 2017」と同じタイミングで、ヤマハVOCALOIDとLINE Clovaのパートナーシップ締結も発表された。VOCALOIDと言えば「初音ミク」などの歌声合成技術としてご存知の方も多いだろう。

今回のパートナーシップでは、ヤマハがLINEのClovaを用いた製品やサービス開発に向けたものということで、WAVEに直接的に影響を与えるものではなさそうだ。しかし、WAVEはMUSICを中核機能と位置付けているだけに、展開が楽しみだ。

いずれはボーカロイドがWAVE上で歌う日が来るのかもしれない。

そして、LINEと言えば、ホログラムの少女が日常生活を支援してくれるバーチャルホームロボット「Gatebox」の開発会社ウィンクルを買収している。

製品の性格としてWAVEと共通する部分があり、今後どのような関係になっていくのか非常に興味深い。

音声コントロールは、今でもスマートフォン(Androidであれば「OK, Google」、iOSであれば「SIri」)で実現されている。しかし、日本では人前でスマートフォンに話しかけている姿は、あまり見かけない。

そうしたことを考えると、スマートスピーカーにキャラクター性が宿ると、より話しかけやすくなるのではないか。特に日本においては、キャラクター文化が根付いており、より受け入れられやすいようにも感じる。

ライバルとなるAmazon Echo、Google Home、Apple HomePodなどとの差別化としても独自性を強く出せる部分でもあるので、今後の展開に期待したい。

あわせてお読みください

記事ランキング

  • 直近1時間
  • 昨日

話題のキーワード

注目連載

あわせてお読みください

IoTニュース

村田製作所がIoTビジネス参入へ
2018年へ向け知っておくべき技術トレンドトップ10
NEC、IoTのエッジやデバイスを守るソフトウェア群を提供 | IT Leaders
日立、IoTを活用し経営情報と製造現場のKPIを見える化するダッシュボード | IT Leaders
IoT環境をどう守る? トレンドマイクロが「IoT向けセキュリティ戦略」を発表
SORACOMが大型アップデート、HLRの独自実装やSMSによるデータ送受信が可能に
スズデン、IoT/M2M専用モバイルインターネットサービス「スズデンMOBILE」を発売開始
トレンドマイクロ、IoT向けセキュリティ戦略-フルレイヤーで各業種に最適化
マウス、IoT活用「mouse スマートホーム」に空気清浄機などデバイス追加
IoT時代のサイバー犯罪に備えよ! 知っておくべき「課題」と「対策」
PSソリューションズなど3社が協業し「e-kakashi」の第2世代サービスを開発
IoT技術を活用した高齢者見守りサービス、オートバックスなどが実証実験を実施
東京電力グループ、オープンイノベーションに特化した新会社を設立——スマートホームや家庭用IoT分野でのスタートアップ協業を推進へ
京セラコミュニケーションシステム、IoTネットワーク「Sigfox」の下りサービスを提供開始
NEC、IoTシステムを構成するエッジやデバイスを守るソフトウェア群を提供開始
IoTのパナソニックとTVのシャープ、両社に見るCEATECのゆくえ

IoTニュース”は、Mynd Engineを活用して、世の中のIoT関連の記事をまとめさせていただき、ご紹介させていただきます。