IoT(Internet of Things)の最新ニュースや企業&ベンチャー事例(ケーススタディ)ほぼ毎日掲載

ライフスタイル
2017.06.17

LINEが放つAIプラットフォーム戦略
スマートスピーカーにキャラクター性は宿るか

BY

WAVEができること

スマートスピーカーであるWAVEは、他のスマートスピーカーと同様、音声による情報取得・家電コントロールなどはもちろん、LINEのトークメッセージも操作可能。コミュニケーションプラットフォームならではの機能と言えそうだ。

また、スピーカーという製品の性格上、中核機能と位置付けているのが「MUSIC」。同社の音楽配信サービス「LINE MUSIC」が提供する約4,000万曲の楽曲を対象に、指定した曲以外に雰囲気やユーザーの気分にあった曲の推薦もできるという。

秋の製品発売に先駆けて、このMUSIC機能だけに限定した先行版を今夏に税別10,000円で発売も予定。先行版は正式版の発売後、同じタイミングで正式版と同じ機能にアップデートされるという。いち早く触れてみたい人には朗報だろう。

スマートスピーカーにキャラクター性が宿る可能性

また、「LINE CONFERENCE 2017」と同じタイミングで、ヤマハVOCALOIDとLINE Clovaのパートナーシップ締結も発表された。VOCALOIDと言えば「初音ミク」などの歌声合成技術としてご存知の方も多いだろう。

今回のパートナーシップでは、ヤマハがLINEのClovaを用いた製品やサービス開発に向けたものということで、WAVEに直接的に影響を与えるものではなさそうだ。しかし、WAVEはMUSICを中核機能と位置付けているだけに、展開が楽しみだ。

いずれはボーカロイドがWAVE上で歌う日が来るのかもしれない。

そして、LINEと言えば、ホログラムの少女が日常生活を支援してくれるバーチャルホームロボット「Gatebox」の開発会社ウィンクルを買収している。

製品の性格としてWAVEと共通する部分があり、今後どのような関係になっていくのか非常に興味深い。

音声コントロールは、今でもスマートフォン(Androidであれば「OK, Google」、iOSであれば「SIri」)で実現されている。しかし、日本では人前でスマートフォンに話しかけている姿は、あまり見かけない。

そうしたことを考えると、スマートスピーカーにキャラクター性が宿ると、より話しかけやすくなるのではないか。特に日本においては、キャラクター文化が根付いており、より受け入れられやすいようにも感じる。

ライバルとなるAmazon Echo、Google Home、Apple HomePodなどとの差別化としても独自性を強く出せる部分でもあるので、今後の展開に期待したい。

あわせてお読みください

記事ランキング

  • 直近1時間
  • 昨日

話題のキーワード

注目連載

あわせてお読みください

IoTニュース

Intel、「コラボレーション・センター」を東京オフィスに開設
KubernetesでAzure IoT Edgeのデプロイを管理
SAP Leonardoで自らトランスフォーメーションを実現、SAPのファイナンス部門
レンジャーシステムズ、LoRaで駐車場の満空情報を”見える化”する「駐車場searching」の提供を開始
キヤノンITS、IoT領域におけるイベントドリブン型アプリケーションの開発プラットフォーム「VANTIQ」を提供開始
広島県、AI・IoTの実証プラットフォームを構築へ--ソフトバンクやNTT西日本らが協力
IoTエッジ装置「AI BOX」で「Azure IoT Edge」を活用、クラウディアンが検証 | IT Leaders
IoT用OS「Android Things」とスマートディスプレイに隠されたグーグルの狙い
オプティム、佐賀県でドローン×AIによる減農薬米栽培を実施
みずほFG・富士通など、スマートスタジアム構想におけるIoT決済の実証実験
「Build 2018」で見せたマイクロソフトの思惑
広島県、AI/IoTを活用したソリューションを創り出す実証実験の場を提供
エッジAIで実現する未来、ソシオネクストが提案
FIDO準拠でセキュアな"カンタンログイン"を実現。ソフト技研のセキュリティソリューション - 2018 Japan IT Week春より
CDNで遅延1秒以下の動画配信を全世界で実現--ライムライト・ネットワークス
中部電力など、AIやIoT利用のGPSによる子供見守りサービス

IoTニュース”は、Mynd Engineを活用して、世の中のIoT関連の記事をまとめさせていただき、ご紹介させていただきます。