IoT(Internet of Things)の最新ニュースや企業&ベンチャー事例(ケーススタディ)ほぼ毎日掲載

ライフスタイル
2017.06.17

LINEが放つAIプラットフォーム戦略
スマートスピーカーにキャラクター性は宿るか

BY

今や人々の生活において、なくてはならない存在となっているスマートフォン。ほとんどのデジタル活動ができてしまうため、もはやパソコンが不要だという人まで現れているほどだ。

そして、スマートフォンのさらに次のプラットフォームになると目されているのが「AI」だ。

いま、そのAIを搭載した、いわゆる“スマートスピーカー”が注目を集めている。そのきっかけとなり、市場を醸成してきたのが「Amazon Echo」。AlexaというAmazon独自のAIを搭載し、ユーザーが音声で問いかければ天気などの情報取得や検索はもちろん、家電と連携してコントロールすることも可能だ。

スマートスピーカーの市場を作ったと言われる「Amazon Echo」。米国では約180ドル。日本での発売は未定

 

今年に入り、Googleの「Google Home」、Appleの「HomePod」と大手IT企業が続々とスマートスピーカーの発売を発表している。

「GoogleHome」は日本でも年内に発売予定。米国での価格は129ドル

AppleのSiri搭載「HomePod」は音楽機能に強みを持っている。12月から349ドルで発売予定(現時点で日本での発売は未定)

 

そんななか、コミュニケーションプラットフォームとして巨大なシェアをもつLINEが、事業戦略発表会「LINE CONFERENCE 2017」を開催。自社のAI「Clova」を搭載したスマートスピーカー「WAVE」をお披露目した。日本での発売も予定している(価格は税別15,000円で今秋発売予定)。

WAVEのティザー画像

主要なプラットフォーマーが続々と参入し、2017年後半はスマートスピーカー領域で激しい競争が繰り広げられそうだ。

あわせてお読みください

記事ランキング

  • 直近1時間
  • 昨日

話題のキーワード

注目連載

あわせてお読みください

IoTニュース

ソラコム、「AWS IoT 1-Click」対応のセルラー通信内蔵ボタン「SORACOM LTE-M Button」を発売
7種のセンサーとバッテリー搭載、京セラからLPWA対応のIoTユニット
Pelionでx86も管理できる、IntelとArmがIoTで提携
JUKIと日立、IoTを活用したプリント基板生産ラインの最適化で協業
ESRIジャパン、位置情報をマップ上で可視化・分析できる「ArcGIS Online」が「SORACOM Funnel」と連携
簡単に自宅をスマートホーム化するIoT製品&スマホアプリ「alyssa.play」
生体IoTが高齢化救う!インプラント型無線センサーで新時代到来
ArmのIoTプラットフォーム「Pelion」のエコシステムにインテルやArduinoが参加
載せるだけで重量を計測するIoTデバイス「スマートマット」
IoTやAIを活用したデジタル変革に「答えを出すための投資」を、テラデータ
KDDI、載せたモノの重さを測れるスマートマットを販売、在庫や残量をクラウドで可視化 | IT Leaders
家電のIoT化を簡単にするプラットフォーム、ソフトバンクC&Sらが提供
スマートスピーカーでチケット購入、旅行者から自治体までカバーするJTBのソリューション【CEATEC JAPAN 2018】
アクセルラボから1万円台でスマートホームを構築できるキット--Makuakeでプロジェクト開始
LIXIL、スマート宅配ポストをはじめ、IoT化した様々な建材や機器を連携させる「Life Assist(ライフアシスト)」
KDDI、モノの残量が減ると自動発注してくれるIoTサービス「マットセンサー」を提供

IoTニュース”は、Mynd Engineを活用して、世の中のIoT関連の記事をまとめさせていただき、ご紹介させていただきます。