IoT(Internet of Things)の最新ニュースや企業&ベンチャー事例(ケーススタディ)ほぼ毎日掲載

ライフスタイル
2017.06.17

LINEが放つAIプラットフォーム戦略
スマートスピーカーにキャラクター性は宿るか

BY

今や人々の生活において、なくてはならない存在となっているスマートフォン。ほとんどのデジタル活動ができてしまうため、もはやパソコンが不要だという人まで現れているほどだ。

そして、スマートフォンのさらに次のプラットフォームになると目されているのが「AI」だ。

いま、そのAIを搭載した、いわゆる“スマートスピーカー”が注目を集めている。そのきっかけとなり、市場を醸成してきたのが「Amazon Echo」。AlexaというAmazon独自のAIを搭載し、ユーザーが音声で問いかければ天気などの情報取得や検索はもちろん、家電と連携してコントロールすることも可能だ。

スマートスピーカーの市場を作ったと言われる「Amazon Echo」。米国では約180ドル。日本での発売は未定

 

今年に入り、Googleの「Google Home」、Appleの「HomePod」と大手IT企業が続々とスマートスピーカーの発売を発表している。

「GoogleHome」は日本でも年内に発売予定。米国での価格は129ドル

AppleのSiri搭載「HomePod」は音楽機能に強みを持っている。12月から349ドルで発売予定(現時点で日本での発売は未定)

 

そんななか、コミュニケーションプラットフォームとして巨大なシェアをもつLINEが、事業戦略発表会「LINE CONFERENCE 2017」を開催。自社のAI「Clova」を搭載したスマートスピーカー「WAVE」をお披露目した。日本での発売も予定している(価格は税別15,000円で今秋発売予定)。

WAVEのティザー画像

主要なプラットフォーマーが続々と参入し、2017年後半はスマートスピーカー領域で激しい競争が繰り広げられそうだ。

あわせてお読みください

記事ランキング

  • 直近1時間
  • 昨日

話題のキーワード

注目連載

あわせてお読みください

IoTニュース

IoT人気記事ランキング|GEイメルト会長退任から、IoTは儲かるのか?という疑問を考える、アマゾン、エッジデバイス向けに6つのIoTサービス群を発表など[12/11-12/17]
クアルコムのIoT戦略、「賢いデバイス」がエッジコンピューティングをリード
NTT東日本、IoTの導入から運用までパッケージで提供、第1弾として農業向けを来年1月18日よりスタート
「エッジにシフト」なIoTでQualcommを選ぶ理由
スマホで公的個人認証を用いた本人確認、総務省IoTサービス創出支援事業で試験運用
ソフトバンク、NB-IoTを利用した水道メーター向け無線自動検針の実証実験を開始
ヘルスケアが次の注目すべきxTech分野【iNTERNET magazine Reboot】
IoTにSnapdragonが求められる理由、クアルコムがIoT戦略を解説
ソフトバンク、自治体向けIoTをパシフィックコンサルタンツと提携し強化
クラウディアン、深層学習用にGPUを搭載した小型のIoTエッジ処理サーバー「AI Box」を開発 | IT Leaders
もっと賢い公共インフラを5G通信とIoTで──ソフトバンクがインフラ設計大手と業務提携
建設現場の生産性を向上するIoTプラットフォーム「LANDLOG」、アプリ開発プロバイダ向けAPI第一弾を提供開始
新しい半導体の流れを作る、IoTと5G
ソフトバンクとパシコンが「IoT×AI」で提携、防災や社会インフラ改善に
ソフトバンクとパシフィックコンサルタンツ、スマートシティ実現に向け提携
GMOクラウド、IoTデバイスをセキュアに一括管理する「IoTプラットフォーム(仮称)」β版を提供開始

IoTニュース”は、Mynd Engineを活用して、世の中のIoT関連の記事をまとめさせていただき、ご紹介させていただきます。