IoT(Internet of Things)の最新ニュースや企業&ベンチャー事例(ケーススタディ)ほぼ毎日掲載

ライフスタイル
2017.06.17

LINEが放つAIプラットフォーム戦略
スマートスピーカーにキャラクター性は宿るか

BY

今や人々の生活において、なくてはならない存在となっているスマートフォン。ほとんどのデジタル活動ができてしまうため、もはやパソコンが不要だという人まで現れているほどだ。

そして、スマートフォンのさらに次のプラットフォームになると目されているのが「AI」だ。

いま、そのAIを搭載した、いわゆる“スマートスピーカー”が注目を集めている。そのきっかけとなり、市場を醸成してきたのが「Amazon Echo」。AlexaというAmazon独自のAIを搭載し、ユーザーが音声で問いかければ天気などの情報取得や検索はもちろん、家電と連携してコントロールすることも可能だ。

スマートスピーカーの市場を作ったと言われる「Amazon Echo」。米国では約180ドル。日本での発売は未定

 

今年に入り、Googleの「Google Home」、Appleの「HomePod」と大手IT企業が続々とスマートスピーカーの発売を発表している。

「GoogleHome」は日本でも年内に発売予定。米国での価格は129ドル

AppleのSiri搭載「HomePod」は音楽機能に強みを持っている。12月から349ドルで発売予定(現時点で日本での発売は未定)

 

そんななか、コミュニケーションプラットフォームとして巨大なシェアをもつLINEが、事業戦略発表会「LINE CONFERENCE 2017」を開催。自社のAI「Clova」を搭載したスマートスピーカー「WAVE」をお披露目した。日本での発売も予定している(価格は税別15,000円で今秋発売予定)。

WAVEのティザー画像

主要なプラットフォーマーが続々と参入し、2017年後半はスマートスピーカー領域で激しい競争が繰り広げられそうだ。

あわせてお読みください

記事ランキング

  • 直近1時間
  • 昨日

話題のキーワード

注目連載

あわせてお読みください

IoTニュース

AppleとGEが提携、iOS上で動作する「Predix」の産業用IoTアプリの開発を加速
デバイスの進化に柔軟に対応するIoT基盤のエンタープライズ版を発表―ウフル | IT Leaders
【特別企画】インテリジェントホームがGoogle Homeとの連携でもっと直感的に - イッツ・コミュニケーションズ、スマートコントローラーを10月6日より提供開始
日立産業制御、設置するだけでIoT機器などのデータ通信を保護する暗号化アプライアンス「S.COATBOX/DS」
ドコモ、VR空間を複数人でリアルタイム共有できるシステム
AIとIoTを活用した新たな自動車アフターマーケットのカタチ…オートバックスセブン
ウフルがIoT基盤のサービス「enebular」のエンタープライズ・プランを発表
AIやロボティクス、IoT、ARなどが世界ICT投資を加速--IDC予測
米IICとIVIが産業用IoT推進で合意、共同テストベッド実施など5項目
IoTセンサーを利用した会議室の効率化対策システム─サテライトオフィス | IT Leaders
NEC、IoTシステムのエッジ層やデバイス層を保護--データ発生源から暗号化
大日本印刷、蘭ジェムアルトとIoTセキュリティ分野で協業
自動車・医療分野で急務のセキュリティ課題とは?企業の実践者たちがIoT時代のセキュリティ対策を語る
京大とローム、Wi-SUN FAN搭載IoTゲートウェイを用いBluetooth搭載機器から移動しても広範囲に情報収集できるシステムを開発
BOMなしで生産スケジュールを自動生成 - 日立、「Lumada」に産業向けソリューションを追加
日立、多品種少量生産工場が対象のソリューション2種を発表

IoTニュース”は、Mynd Engineを活用して、世の中のIoT関連の記事をまとめさせていただき、ご紹介させていただきます。