IoT(Internet of Things)の最新ニュースや企業&ベンチャー事例(ケーススタディ)ほぼ毎日掲載

テクノロジー
2017.06.15

日本初登場 スマートフォンと感情がつながるIoT照明器具
バイオリズムを分析して最適なカラーをセレクトする「Onia mini」

近年、身近にある様々なものがIoT化している。その潮流は家電にも影響を及ぼし、IoT対応の家電もベンチャーを中心に開発・販売され始めている。しかし、それらはまだ高価であったり、使い慣れていなかったりなどの理由から、一般家庭で導入するにはハードルの高さを感じるかもしれない。それでもIoT家電を購入し、最先端のテクノロジーに触れてみたいと考えた場合、導入のしやすさからも魅力的な製品群として照明器具が挙げられるだろう。

スマートフォンで明るさや色を調整したり、外出先からオン/オフの操作をしたりできるスマートLED照明「PhilipS Hue」や、色で天気を知らせてくれるスマート電球「TeNKYU」などは、けして大げさ過ぎず生活の中に自然と溶け込んだ動作を実現させている。

現在、「Makuake」にてクラウドファンディングを実施中のIoT・LEDカラーライト「Onia mini」も、これらの製品と同じように、生活に溶け込んだIoT照明だ。2017年4月4日のスタートから3日間で目標額の100%達成しており、6月2週目には143%の達成率を樹立しているという。

「Onia mini」の大きな特徴は従来のIoT照明とは違い、スマートフォンから誕生日や性別を登録するだけでバイオリズムを分析し、その時に最適なカラーをセレクトしてライティングしてくれるところだ。

 

 

IoTと光でライフスタイルをチェンジするOnia mini

大きな特徴は従来のIoT照明とは違い、人の感情に最も影響を及ぼす14のカラーを組み合わせ、合計196種類のカラーを上部と下部にライティングすること。さらに、1,600万色のRGB COLOR PICKERで好みの色を選び、自分だけの色の組み合わせをつくることも可能だ。

スマートフォンのアプリから電源のオン/オフはもちろん、カラーライティングの変更も簡単で、上部と下部に直接タッチするだけで変える事ができる。その他にもシチュエーションにあったテーマカラーを選べたり、時間設定やスマートフォンを振ることで照明のカラーを変えられたりと、様々な機能がついている。

テーマカラーは12種類。それぞれの状況に最適なカラーライティングが可能
・FEEDING(赤ちゃんに接する時)
・STUDY(勉強時間)
・REST(休息時間)
・SLEEP(心休まる睡眠)
・SENSIBILITY(感性を豊かに)
・JEJUSEA FRONT(海辺)
・SUNSET(夕日の中)
・MORNING IN THE FOREST(朝の森の中)
・CHERRY BLOSSOM LETTERS(桜の花手紙)
・STARRY NIGHT(満天の星空)
・LAVENDER GARDEN(ラベンダーガーデンの中)
・PARTY(パーティ)

軽量でコンパクトなサイズなので、自宅はもちろん職場や外出先へ持ち歩き、ライフスタイルを光で演出してみてはいかがだろうか?

Onia mini
予定販売価格:¥23,000(税込)

あわせてお読みください

記事ランキング

  • 直近1時間
  • 昨日

話題のキーワード

注目連載

あわせてお読みください

IoTニュース

未来の家はこうなる?「IoTスマートホーム」の快適さを横浜の実証実験で体感してきた!
三菱重工航空エンジン、IoTデータアナリティクスプラットフォームを導入
スマホでIoTプログラミング/電子工作ができる小型開発ボード「Obniz」
富士山がIoTだらけに。登山ルートの気温・混雑度もウェブで一目瞭然
NTTドコモらによる「未来の家プロジェクト」を体験--生活に気づきを与えるIoT機器20個を導入
農業向けIoTソリューション「e-kakashi」で、AIを活用した栽培支援アプリなどを提供
スターツアメニティーとソフトバンク、 IoTを活用したパーキングシェアリング事業で提携
シーカンスとNTTドコモ、日本におけるNB-IoT技術の普及促進で提携
東北電力、AI/IoT/ロボットなど活用する「スマートプロジェクト」
沖縄県でAI運行バスなどの実証実験、NTTドコモが実施へ
次世代「5G」の時代に必要なマルウェアへの警戒
ドーワテクノス、ロームの「EnOcean」デバイスを活用したモータ監視IoTソリューションを開発
エージーテック、エッジコンピューティングを実現するIoT向けデータベース「Actian Zen Edge」を販売開始
ウインドリバーが注力するIoT時代に求められる5つの技術トレンド
KDDIや御殿場市など、富士山の登山者数や温湿度の可視化サービス
村田製作所、IoTで工場設備の非稼動要因を見える化する「m-FLIP」を提供開始

IoTニュース”は、Mynd Engineを活用して、世の中のIoT関連の記事をまとめさせていただき、ご紹介させていただきます。