IoT(Internet of Things)の最新ニュースや企業&ベンチャー事例(ケーススタディ)ほぼ毎日掲載

テクノロジー
2017.06.15

日本初登場 スマートフォンと感情がつながるIoT照明器具
バイオリズムを分析して最適なカラーをセレクトする「Onia mini」

近年、身近にある様々なものがIoT化している。その潮流は家電にも影響を及ぼし、IoT対応の家電もベンチャーを中心に開発・販売され始めている。しかし、それらはまだ高価であったり、使い慣れていなかったりなどの理由から、一般家庭で導入するにはハードルの高さを感じるかもしれない。それでもIoT家電を購入し、最先端のテクノロジーに触れてみたいと考えた場合、導入のしやすさからも魅力的な製品群として照明器具が挙げられるだろう。

スマートフォンで明るさや色を調整したり、外出先からオン/オフの操作をしたりできるスマートLED照明「PhilipS Hue」や、色で天気を知らせてくれるスマート電球「TeNKYU」などは、けして大げさ過ぎず生活の中に自然と溶け込んだ動作を実現させている。

現在、「Makuake」にてクラウドファンディングを実施中のIoT・LEDカラーライト「Onia mini」も、これらの製品と同じように、生活に溶け込んだIoT照明だ。2017年4月4日のスタートから3日間で目標額の100%達成しており、6月2週目には143%の達成率を樹立しているという。

「Onia mini」の大きな特徴は従来のIoT照明とは違い、スマートフォンから誕生日や性別を登録するだけでバイオリズムを分析し、その時に最適なカラーをセレクトしてライティングしてくれるところだ。

 

 

IoTと光でライフスタイルをチェンジするOnia mini

大きな特徴は従来のIoT照明とは違い、人の感情に最も影響を及ぼす14のカラーを組み合わせ、合計196種類のカラーを上部と下部にライティングすること。さらに、1,600万色のRGB COLOR PICKERで好みの色を選び、自分だけの色の組み合わせをつくることも可能だ。

スマートフォンのアプリから電源のオン/オフはもちろん、カラーライティングの変更も簡単で、上部と下部に直接タッチするだけで変える事ができる。その他にもシチュエーションにあったテーマカラーを選べたり、時間設定やスマートフォンを振ることで照明のカラーを変えられたりと、様々な機能がついている。

テーマカラーは12種類。それぞれの状況に最適なカラーライティングが可能
・FEEDING(赤ちゃんに接する時)
・STUDY(勉強時間)
・REST(休息時間)
・SLEEP(心休まる睡眠)
・SENSIBILITY(感性を豊かに)
・JEJUSEA FRONT(海辺)
・SUNSET(夕日の中)
・MORNING IN THE FOREST(朝の森の中)
・CHERRY BLOSSOM LETTERS(桜の花手紙)
・STARRY NIGHT(満天の星空)
・LAVENDER GARDEN(ラベンダーガーデンの中)
・PARTY(パーティ)

軽量でコンパクトなサイズなので、自宅はもちろん職場や外出先へ持ち歩き、ライフスタイルを光で演出してみてはいかがだろうか?

Onia mini
予定販売価格:¥23,000(税込)

あわせてお読みください

記事ランキング

  • 直近1時間
  • 昨日

話題のキーワード

注目連載

あわせてお読みください

IoTニュース

[ケータイ Watch.biz] ドローンを使ったビジネスを導入から運用までフルサポート、KDDIが提供
いまさら聞けない、スマートファクトリーを超整理。わかりづらいところを全部解説 その2[Premium]
ウインドリバー、IIoTデバイス管理プラットフォームの最新版を発表
安川電機、IoTやAIを活用したものづくりの実現をサポートする産業用モーションネットワーク「MECHATROLINK-4」を開発
日立、生産計画の自動立案と3D作業手順書を自動生成するシステムをIoTプラットフォーム「Lumada」のソリューションコアとして提供開始
【特別企画】IoTの進化で変わるものづくり! その現状と課題に迫るセミナー開催!! シャープ、日刊工業新聞などが登壇
Google CloudがCloud IoT Coreのパブリックベータをリリース
IoT人気記事ランキング|Amazon Echo, Google Homeなどのスマートスピーカーを日本企業はどう見るべきか、LINE「Clova Wave」を正式に発売開始など[10/9-10/15]
KDDI、ドローンビジネスの導入から運用までをフルサポートする「KDDI IoTクラウド ~ドローンパッケージ~」
IoT活用で新たなレベルのサービスが拡大--IBMが披露した2社の事例
Telit、米ウインドリバーと協業しインダストリアルIoTの導入を加速
横国大とBBSSのIoTサイバー脅威分析リポート、2017年9月は国内のISP配下のネットワークで感染機器の増加を観測
機械学習やIoTへの取り組みを紹介する技術セミナー…デンソーが開催
富士通、シニア向けSNSを活用したマーケティングサービスを販売開始
日本のルータ4割に脆弱性、のっとりも容易 - IoTセキュリティのいま
Google Home対応、屋外から家電を操作できるIoT機器「Nature Remo」

IoTニュース”は、Mynd Engineを活用して、世の中のIoT関連の記事をまとめさせていただき、ご紹介させていただきます。