IoT(Internet of Things)の最新ニュースや企業&ベンチャー事例(ケーススタディ)ほぼ毎日掲載

テクノロジー
2017.06.14

盛り上がるVR業界。注目の体験施設が続々登場
日本に数台しかないVRから攻殻機動隊まで、あれこれ体感できるVR施設

“VR元年”ともいわれた2016年以降、VR(バーチャル・リアリティ)を取り巻く状況はますます盛り上がりを見せている。どちらかというと、これまではゲーム機などの個人向けエンターテインメント分野での活用が目立っていたが、最近では不動産業界や自動車業界、広告業界など、さまざまな分野での活用が始まっている。

一方、実際にVRを体験したことがある人はまだ少数のため認知は広がりつつも、 現状では一般消費者への普及には至っていないという課題を抱えている。

こういった状況の中、より多くの人にVRを体験してもらい、身近に感じてもらうための施設が続々とオープンし始めている。

様々なジャンルのVRを気軽に体験

「VRデキル!!BOX」は、2017年6月12日に秋葉原のアイ・カフェAKIBA PLACE店にオープンした、VR体験の常設施設だ。

日本に数台しかないVRフィットネスマシン「ICAROS(イカロス)」や、VRライドシミュレーター「SIMVR(シンバ)」、映像やゲームのコンテンツを楽しめるヘッドマウントディスプレイの「FOVE」、「Gear VR」、「PicoNeoLight」など、誰もが、さまざまなジャンルのVRを1ヵ所で体験することができる。

「VRデキル!! BOX」で体験できるVR機器

(1)VRフィットネスマシン 「ICAROS」(イカロス)
六本木や銀座の高級フィットネスクラブに導入されて話題になった、日本にまだ数台しかないVRフィットネスマシン。高級フィットネスクラブの利用料は数万円だが、「VRデキル!!BOX」では割安料金にて体験できる。

(2)VRライドシミュレーター 「SIMVR」(シンバ)
シューティングアトラクション「BLAST×BLAST」を体験できる。4軸制御のモーション駆動でこまやかな挙動をリアルに再現。プレイ時に体感が加わり迫力満点。

(3)VR映像・ゲーム視聴(ヘッドマウントディスプレイ)「FOVE」、「Gear VR」、「PicoNeoLight」
ヘッドマウントディスプレイで、「VIRTUAL GATE」、「VR THEATER」、「透明少女」のVR映像やVRゲームコンテンツを体験することができる。

 

店舗概要:アイ・カフェ AKIBA PLACE店
住所:東京都千代田区外神田3-15-1 アキバプレイス7-8F
(秋葉原駅(電気街口) 徒歩4分、東京メトロ末広町駅 徒歩2分)
電話:03-5298-0126
年中無休

あわせてお読みください

注目連載

記事ランキング

  • 直近1時間
  • 昨日

あわせてお読みください

IoTニュース

IoTとシェアリングエコノミーに見る2020--IoT座談会(6)
IoTデバイスを使う企業の46%がセキュリティ被害あり
パナソニックのIoTソリューション「Vieureka PF」、VIOの映像監視システム「ArgosView」と連携
NXP、IoT機器向けに新ファミリーマイコン
ADSL発祥の地をIoTテストベッドへ 伊那市でLoRaWANハッカソン開催
Cisco、フォグコンピューティングに対応するIoTプラットフォーム「Cisco Kinetic」を発表
国内ソフトウェア市場が高成長、2021年までに3兆3300億円規模に
IoT広告が目指す未来 第2回 IoT広告は企業のマーケティングをどう変化させる?
SDN自動化やDDoS攻撃対策に対応、IoT時代対応の高密度IPルーターをノキアが発表
国内CSMS/PSIRT/IoTセキュリティ構築運用支援サービス市場は高成長を維持――ITR発表
アナログ・デバイセズ、IoTでイチゴの生育環境データ可視化の実証が完了
IoT人気記事ランキング|ウイングアーク1st MotionBoard、LINEの事業戦略など[6/19-6/25]
経済産業省 長谷川氏、IDCジャパン 鳥巣氏がIoTConference2017基調講演で登壇決定[PR]
【特別企画】「IoTの海に繰り出そう!」カゴヤ・ジャパンIT・WEBソリューションセミナー
顕在化し始めた増え続けるIoTデバイスのセキュリティ問題
NetLED、岡山県の商店街でIoTスマート照明の実証実験--照明が人に追従

IoTニュース”は、Mynd Engineを活用して、世の中のIoT関連の記事をまとめさせていただき、ご紹介させていただきます。