IoT(Internet of Things)の最新ニュースや企業&ベンチャー事例(ケーススタディ)ほぼ毎日掲載

テクノロジー
2017.06.14

盛り上がるVR業界。注目の体験施設が続々登場
日本に数台しかないVRから攻殻機動隊まで、あれこれ体感できるVR施設

“VR元年”ともいわれた2016年以降、VR(バーチャル・リアリティ)を取り巻く状況はますます盛り上がりを見せている。どちらかというと、これまではゲーム機などの個人向けエンターテインメント分野での活用が目立っていたが、最近では不動産業界や自動車業界、広告業界など、さまざまな分野での活用が始まっている。

一方、実際にVRを体験したことがある人はまだ少数のため認知は広がりつつも、 現状では一般消費者への普及には至っていないという課題を抱えている。

こういった状況の中、より多くの人にVRを体験してもらい、身近に感じてもらうための施設が続々とオープンし始めている。

様々なジャンルのVRを気軽に体験

「VRデキル!!BOX」は、2017年6月12日に秋葉原のアイ・カフェAKIBA PLACE店にオープンした、VR体験の常設施設だ。

日本に数台しかないVRフィットネスマシン「ICAROS(イカロス)」や、VRライドシミュレーター「SIMVR(シンバ)」、映像やゲームのコンテンツを楽しめるヘッドマウントディスプレイの「FOVE」、「Gear VR」、「PicoNeoLight」など、誰もが、さまざまなジャンルのVRを1ヵ所で体験することができる。

「VRデキル!! BOX」で体験できるVR機器

(1)VRフィットネスマシン 「ICAROS」(イカロス)
六本木や銀座の高級フィットネスクラブに導入されて話題になった、日本にまだ数台しかないVRフィットネスマシン。高級フィットネスクラブの利用料は数万円だが、「VRデキル!!BOX」では割安料金にて体験できる。

(2)VRライドシミュレーター 「SIMVR」(シンバ)
シューティングアトラクション「BLAST×BLAST」を体験できる。4軸制御のモーション駆動でこまやかな挙動をリアルに再現。プレイ時に体感が加わり迫力満点。

(3)VR映像・ゲーム視聴(ヘッドマウントディスプレイ)「FOVE」、「Gear VR」、「PicoNeoLight」
ヘッドマウントディスプレイで、「VIRTUAL GATE」、「VR THEATER」、「透明少女」のVR映像やVRゲームコンテンツを体験することができる。

 

店舗概要:アイ・カフェ AKIBA PLACE店
住所:東京都千代田区外神田3-15-1 アキバプレイス7-8F
(秋葉原駅(電気街口) 徒歩4分、東京メトロ末広町駅 徒歩2分)
電話:03-5298-0126
年中無休

あわせてお読みください

記事ランキング

  • 直近1時間
  • 昨日

話題のキーワード

注目連載

あわせてお読みください

IoTニュース

ソフトバンク、NB-IoTを利用した水道メーター向け無線自動検針の実証実験を開始
ヘルスケアが次の注目すべきxTech分野【iNTERNET magazine Reboot】
IoTにSnapdragonが求められる理由、クアルコムがIoT戦略を解説
ソフトバンク、自治体向けIoTをパシフィックコンサルタンツと提携し強化
クラウディアン、深層学習用にGPUを搭載した小型のIoTエッジ処理サーバー「AI Box」を開発 | IT Leaders
もっと賢い公共インフラを5G通信とIoTで──ソフトバンクがインフラ設計大手と業務提携
建設現場の生産性を向上するIoTプラットフォーム「LANDLOG」、アプリ開発プロバイダ向けAPI第一弾を提供開始
新しい半導体の流れを作る、IoTと5G
ソフトバンクとパシコンが「IoT×AI」で提携、防災や社会インフラ改善に
ソフトバンクとパシフィックコンサルタンツ、スマートシティ実現に向け提携
GMOクラウド、IoTデバイスをセキュアに一括管理する「IoTプラットフォーム(仮称)」β版を提供開始
IoTや顔認証で路線バスのヒヤリ・ハット予備軍を把握 - KDDIと小湊鐵道
顔認識で危険運転防止、地中の水道メーター検針、牛の突然死防止--IoT活用が広がる
環境から「収穫」した電力で自立するデバイス 〜IoTを変える「エナジーハーべスティング」技術とは?
ソフトバンクら、NB-IoTを活用した水道メーターの実証実験
オープンIoTからIoSへ、モノからコトへ

IoTニュース”は、Mynd Engineを活用して、世の中のIoT関連の記事をまとめさせていただき、ご紹介させていただきます。