IoT(Internet of Things)の最新ニュースや企業&ベンチャー事例(ケーススタディ)ほぼ毎日掲載

ライフスタイル
2017.06.01

協働する次世代家電。キーとなる要素は音声認識
ファッションレコメンデーションや、音声操作も可能に

IoTガジェットとの連携や音声認識による操作も

ランドロイドはダイヤルでの操作のほかに音声認識による操作もできる。Cerevoとの協働では、話しかけると自動で点灯するロボット・デスクライト「Lumigent(ルミジェント)」経由で、ランドロイドにオン/オフなどの操作を支持できるよう、連携が進められている。

Cerevo代表取締役、岩佐琢磨氏(以下、岩佐氏 写真左)と、ランドロイド代表取締役社長、阪根信一氏(以下、阪根氏 写真右)がLumigentに話しかけている様子

「今年の後半は日本でも音声認識が確実にフィーバーする。過去にも音声認識が注目されることは何度かあったが、これまでのものとは大きく異なるだろう」とCerevo代表取締役の岩佐琢磨氏(以下、岩佐氏)。

音声認識がスマートフォンの次のプラットフォームになるのではないかと言われている昨今。今後はランドロイドも、Lumigentだけではなく音声認識機能を備えた様々なデバイスと連携していくことが期待できる。

協働はスタートアップならではのスピード感で決定

阪根氏は今回の協働の経緯について、お互いの活動について知っていたことや、求めるものが共通していたということもあり、スタートアップならではのスピード感で話が進んだと語る。

岩佐氏とは今年に入り、サンフランシスコ出張で偶然会って意気投合し協働が決定。また、天沼氏とは今年に入って行われたスタートアップイベントで知り合い、その1週間後にはランチミーティングを行ったという。そのままの流れで、一気にコラボレーションが実現し現在に至る。

左からエアクローゼット代表取締役CEO、天沼 聰氏、セレボ代表取締役、岩佐琢磨氏、ランドロイド代表取締役社長、阪根信一氏

現在発表されている想定価格は185万円(税別) からと高額だが、将来的には食器洗い乾燥機と同等の価格帯を目指す。今後も家庭内のあらゆるIoT機器との連携し、ロボットと人の新しい関係を築いていくというランドロイド。“常に進化を続ける家電”として、どのような変化を遂げていくのか楽しみだ。

関連記事:全自動衣類折りたたみ機「ランドロイド」の体験型カフェが表参道に誕生

あわせてお読みください

記事ランキング

  • 直近1時間
  • 昨日

話題のキーワード

注目連載

あわせてお読みください

IoTニュース

コンビニなど異業種も参加、最新技術が集結する「CEATEC」16日開幕
IoT/AIは“ただ”のトレンドなのか?理由を知って納得、なぜ上手く活用できないのか。
人の流れをビジュアル化するシステムと、免震構造のVR体験が可能な竹中工務店のブース【CEATEC JAPAN 2018】
伊勢の老舗も導入するIoTスケール「スマートマット」が登場
【CEATEC JAPAN 2018】クルマ関連の展示もあり。テクノロジーで実現する未来を感じるCPS/IoTの総合展「CEATEC JAPAN 2018」10月16日開幕
ローソンが実現したい“未来のコンビニの姿”
IoTのマシンデータも取り込む--Splunkのプラットフォーム展開
IoT市場の急成長で熱視線--注目すべきエッジコンピューティング企業10社
オールジャパンで船舶IoT――NTTがエッジコンピューティングで参画
オプティム、カメラ画像解析サービス「OPTiM AI Camera」と定量データ解析サービス「OPTiM AI Prediction」を提供
思った以上に大変? IoTで集めたデータとクラウドの橋渡しに取り組む京セラ
シンプル・堅牢なエッジで日本のインダストリアルIoTを加速、日本ストラタステクノロジー
箱根湯本の老舗「ホテル おかだ」に聞く 旅館業×IoTのカギは現場にあり
Bluetoothで個人情報がバレる危険性
「見える化」のさらに先へ――SASが提案するIoT時代のデータ駆動型企業とは
IoT機器とセコム駆けつけを1つに、ソニーが月額制スマートホームサービス

IoTニュース”は、Mynd Engineを活用して、世の中のIoT関連の記事をまとめさせていただき、ご紹介させていただきます。