IoT(Internet of Things)の最新ニュースや企業&ベンチャー事例(ケーススタディ)ほぼ毎日掲載

ライフスタイル
2017.06.01

協働する次世代家電。キーとなる要素は音声認識
ファッションレコメンデーションや、音声操作も可能に

全自動衣類折りたたみ機として業界の話題となった「laundroid(ランドロイド)」に関するメディアイベント「laundroid world 2017」が開催された。

「ランドロイド」は“世の中にないものを創り出す技術集団”を自負するセブンドリーマーズが、画像認識、AI(人口知能)、ロボティクスなどの技術を集約して産み出したプロダクトだ。2017年3月には、その性能を身近に感じられるlaundroid café(ランドロイド・カフェ)が発売に先駆けて表参道にオープン。イベント開催日である5月30日より購入予約を開始した。

今回のメディアイベントでは、女性のデイリーウェアの月額レンタルサービスを行っている「エアークローゼット」と、コネクテッドハードウェアの企画、開発、販売などを行っている「Cerevo(セレボ)」との協働が発表された。

ランドロイドが衣類コンシェルジュに

ランドロイドはダイヤルでの操作のほかに、iOS、Android対応の専用アプリケーションを使ってスマートフォンから操作可能。このアプリケーションに誰のアイテムかなどの衣類情報を登録すれば、オンラインクローゼットとして、誰がどのアイテムを持っているのか一目でわかるようになる。また、衣類の着用頻度をアプリ上で可視化できるようになるため、買い替えどきや、一度も着なかったものの断捨離もできる。

エアークローゼットと協働したことで、ランドロイドに衣類コンシェルジュ機能も追加予定だ。例えば合わせる服がなかなか無く、着用頻度の少ないパンツ。似合いそうなトップスなどを用意したいと思ったら、アプリケーション上からエアークローゼットのスタイリストに相談できる。プロのスタイリストがそのパンツにあったトップスなどを選んで、自宅まで発送してくれる。持っているアイテムに対して、画像やコメントなどで提案することも考えているという。また、アプリケーション上で持っているアイテムを把握できるので、普段着ないようなアイテムにあえて挑戦するようなことも可能となっている。
 

スタイリストが選んでくれたアイテムが自宅に届けられる

あわせてお読みください

記事ランキング

  • 直近1時間
  • 昨日

話題のキーワード

注目連載

あわせてお読みください

IoTニュース

カメラセンサーを使ったIoTパーキングシェア ソフトバンクが10月下旬から開始
GMOあおぞらネット銀行が「新しい」インターネット銀行事業を開始 ~ブロックチェーン技術を活用した新決済方式の開発も視野に
そのIoTはどこにつながっているのか?-塵も積もればプライバシー 【第4回】
マイクロソフトとGEが連携拡大--産業用IoT導入加速へ
OKI、IoTやAIで店舗のデジタル変革を支援する「Enterprise DX」ソリューション
未来の家はこうなる?「IoTスマートホーム」の快適さを横浜の実証実験で体感してきた!
三菱重工航空エンジン、IoTデータアナリティクスプラットフォームを導入
スマホでIoTプログラミング/電子工作ができる小型開発ボード「Obniz」
富士山がIoTだらけに。登山ルートの気温・混雑度もウェブで一目瞭然
NTTドコモらによる「未来の家プロジェクト」を体験--生活に気づきを与えるIoT機器20個を導入
農業向けIoTソリューション「e-kakashi」で、AIを活用した栽培支援アプリなどを提供
スターツアメニティーとソフトバンク、 IoTを活用したパーキングシェアリング事業で提携
シーカンスとNTTドコモ、日本におけるNB-IoT技術の普及促進で提携
東北電力、AI/IoT/ロボットなど活用する「スマートプロジェクト」
沖縄県でAI運行バスなどの実証実験、NTTドコモが実施へ
次世代「5G」の時代に必要なマルウェアへの警戒

IoTニュース”は、Mynd Engineを活用して、世の中のIoT関連の記事をまとめさせていただき、ご紹介させていただきます。