IoT(Internet of Things)の最新ニュースや企業&ベンチャー事例(ケーススタディ)ほぼ毎日掲載

ライフスタイル
2017.06.01

協働する次世代家電。キーとなる要素は音声認識
ファッションレコメンデーションや、音声操作も可能に

全自動衣類折りたたみ機として業界の話題となった「laundroid(ランドロイド)」に関するメディアイベント「laundroid world 2017」が開催された。

「ランドロイド」は“世の中にないものを創り出す技術集団”を自負するセブンドリーマーズが、画像認識、AI(人口知能)、ロボティクスなどの技術を集約して産み出したプロダクトだ。2017年3月には、その性能を身近に感じられるlaundroid café(ランドロイド・カフェ)が発売に先駆けて表参道にオープン。イベント開催日である5月30日より購入予約を開始した。

今回のメディアイベントでは、女性のデイリーウェアの月額レンタルサービスを行っている「エアークローゼット」と、コネクテッドハードウェアの企画、開発、販売などを行っている「Cerevo(セレボ)」との協働が発表された。

ランドロイドが衣類コンシェルジュに

ランドロイドはダイヤルでの操作のほかに、iOS、Android対応の専用アプリケーションを使ってスマートフォンから操作可能。このアプリケーションに誰のアイテムかなどの衣類情報を登録すれば、オンラインクローゼットとして、誰がどのアイテムを持っているのか一目でわかるようになる。また、衣類の着用頻度をアプリ上で可視化できるようになるため、買い替えどきや、一度も着なかったものの断捨離もできる。

エアークローゼットと協働したことで、ランドロイドに衣類コンシェルジュ機能も追加予定だ。例えば合わせる服がなかなか無く、着用頻度の少ないパンツ。似合いそうなトップスなどを用意したいと思ったら、アプリケーション上からエアークローゼットのスタイリストに相談できる。プロのスタイリストがそのパンツにあったトップスなどを選んで、自宅まで発送してくれる。持っているアイテムに対して、画像やコメントなどで提案することも考えているという。また、アプリケーション上で持っているアイテムを把握できるので、普段着ないようなアイテムにあえて挑戦するようなことも可能となっている。
 

スタイリストが選んでくれたアイテムが自宅に届けられる

あわせてお読みください

記事ランキング

  • 直近1時間
  • 昨日

話題のキーワード

注目連載

あわせてお読みください

IoTニュース

【CEATEC 2018】Society5.0---盛りだくさんの企画で来場者16万人を目指す
Mirrorが2,500万米ドルを調達、1,495米ドルのIoTミラーをローンチ——自宅で受講できるバーチャルフィットネスクラスを提供
現場革新に主眼を置くオムロンが綾部工場で実践する「高度1~10m」の取り組み
デルタ電子からエネルギーを見える化するマートホーム・マネジメントシステム--自動制御や遠隔制御も
IoTで乳幼児の突然死対策、ソフトバンクグループのhugmoが保育士の負担軽減サービス
AI/IoT時代に「オントロジー」が注目される理由──JDMC理事 北澤氏に聞く
KDDIやNRIなど、会津若松市で5Gやドローンを活用した「日本酒造り」の実証事業を開始 | IT Leaders
【後編】”製造業特化型”×”高速クラウド”のIoT基盤「FA Cloud」が始動、その全容と3社共同開発の狙いとは —FAプロダクツ、MODE、神戸デジタル・ラボ
日立グループとタイ・サイアムセメントグループがIoTを活用し協創 | IT Leaders
GMOクラウドと双日、コネクテッドカー関連事業の推進で業務提携
映像IoTを支えるネットワーク構築のポイント「エッジで映像は捨てる」
【前編】”製造業特化型”×”高速クラウド”のIoT基盤「FA Cloud」が始動、その全容と3社共同開発の狙いとは —FAプロダクツ、MODE、神戸デジタル・ラボ
サイアムセメントグループと日立がIoTを活用し、 工場のエネルギー省力化や流通業務の効率化に向けた協創を開始
ドローンと5Gを活用した「日本酒造り」、KDDIらが実証実験
データ流通の実現が事業発展のカギ ―データ流通推進協議会 理事 杉山氏インタビュー
GoogleのIoTプラットフォームを利用した開発支援、富士通が提供

IoTニュース”は、Mynd Engineを活用して、世の中のIoT関連の記事をまとめさせていただき、ご紹介させていただきます。