IoT(Internet of Things)の最新ニュースや企業&ベンチャー事例(ケーススタディ)ほぼ毎日掲載

テクノロジー
2017.05.28

戦術をドローンで分析。スポーツシーンの新サービスとは
ドローンに搭載のサーモグラフィカメラで選手や子供達の熱中症対策も

近年注目が集まっているドローン産業。ビジネスとしてはまだ黎明期といったところだが、スカイウィングス社が5月に発表した資料によれば、2017年度のドローン世界台数は世界で340万台、2020年には680万台に倍増すると予測されている。

保険会社も事業者向けにドローン専用の保険を設けており、NTTドコモ、楽天などといった大手企業も次々とドローンを活用した実証実験を開始。IoTやAI、ロボット、VRといった先端テクノロジーとともに、ドローンは今後さらに大きな発展が期待されている産業である。

現時点では、主に撮影、農業、物流、監視、追跡等に活用されているドローンだが、2020年のオリンピック開催を控え、スポーツに向けた動きも盛んになっているようだ。産業用ドローンの開発・販売を行うスカイロボットは、団体スポーツのフォーメーション戦術をドローン技術で分析できる「スカイフォーメーション」を6月1日(木)より本格展開していくという。

「スカイフォーメーション」は、スポーツシーンにおいて、練習風景や試合風景をドローン搭載のHDカメラで撮影し、空から見た迫力ある映像データを提供。団体スポーツで必要となるチームプレーを上空から確認することで、普段見ることができない角度から選手の動きを「見える化」し、監督・コーチ・選手の全員に新たな発見ができるサービスだ。

 

「スカイフォーメーション」を使用することで、上空から試合の様子を撮影し、オフサイドトラップなど高度なチームプレーを必要とする動きもしっかりと分析、実践に繋げられる。また、ドローンに搭載した赤外線サーモグラフィカメラを使用することで、選手たちの運動量や体温を分析できるため、熱中症も予防することも可能に。人間ドックならぬ『ドローンドック』として、IoT技術による分析効果を発揮してくれる。

 

【スカイフオーメーションについて】
概要:ドローン操縦士を育成するドローンスクールジャパンで訓練された最高峰4つ星のプロの技能認定の操縦士が、練習場や試合会場まで行き、スカイフォーメーションを行う。
料金:10,000円/ 10分間 ※税別・交通費別
問い合わせ先:http://www.skyrobot.co.jp

あわせてお読みください

記事ランキング

  • 直近1時間
  • 昨日

話題のキーワード

注目連載

あわせてお読みください

IoTニュース

未来の家はこうなる?「IoTスマートホーム」の快適さを横浜の実証実験で体感してきた!
三菱重工航空エンジン、IoTデータアナリティクスプラットフォームを導入
スマホでIoTプログラミング/電子工作ができる小型開発ボード「Obniz」
富士山がIoTだらけに。登山ルートの気温・混雑度もウェブで一目瞭然
NTTドコモらによる「未来の家プロジェクト」を体験--生活に気づきを与えるIoT機器20個を導入
農業向けIoTソリューション「e-kakashi」で、AIを活用した栽培支援アプリなどを提供
スターツアメニティーとソフトバンク、 IoTを活用したパーキングシェアリング事業で提携
シーカンスとNTTドコモ、日本におけるNB-IoT技術の普及促進で提携
東北電力、AI/IoT/ロボットなど活用する「スマートプロジェクト」
沖縄県でAI運行バスなどの実証実験、NTTドコモが実施へ
次世代「5G」の時代に必要なマルウェアへの警戒
ドーワテクノス、ロームの「EnOcean」デバイスを活用したモータ監視IoTソリューションを開発
エージーテック、エッジコンピューティングを実現するIoT向けデータベース「Actian Zen Edge」を販売開始
ウインドリバーが注力するIoT時代に求められる5つの技術トレンド
KDDIや御殿場市など、富士山の登山者数や温湿度の可視化サービス
村田製作所、IoTで工場設備の非稼動要因を見える化する「m-FLIP」を提供開始

IoTニュース”は、Mynd Engineを活用して、世の中のIoT関連の記事をまとめさせていただき、ご紹介させていただきます。