IoT(Internet of Things)の最新ニュースや企業&ベンチャー事例(ケーススタディ)ほぼ毎日掲載

イノベーション
2017.05.19

史上最高支援額4.8億円を集めた“人生で最後のノート”
濡れたタオルで拭くだけで消せる、半永久的に使える「Everlast」日本初上陸

日常における様々なシーンで、私たちはノートにペンで書き込む機会がある。キーボードをたたいて文字を入力するよりも、”自分で文字を書いたほうが頭に残りやすい”。”温もりを感じる”。などの考えをもつ人もおり、技術革新が進む今でも手書きというアナログ作業は残り続けている。

とはいえ、ノートは消費されていく“モノ”だ。使い終わったら新しいものを買い直さなければいけない。そして、古いものは保管しておく場所が必要だったり、読み返したい部分を探し出すのに時間がかかったりと、なんだかんだ面倒なことも多いのだ。

しかし、その悩みを一挙に解消してくれるノートが米国のクラウドファンディングに登場し、なんと史上最高支援額4.8億円を集めたという。そして、5月19日より、その超人気商品「EVERLAST(エバーラスト)」が日本に初上陸し「Makuake」にて先行販売を開始した。

文字を消せて何度でも使える未来のノート「Everlast」

米国Rocket Innovation,Inc.社が開発した「Everlast」は、濡れたタオルで拭くだけで文字を消せて何度でも使える未来のノート。1冊で少なくとも1冊100円の大学ノート533冊分(53,300円)以上が使用可能となる。

 

Everlastが人生で最後のノートになるかも

フリクションペンでEverlastのページに書き、乾いたタオルで拭いても文字は消えないが、濡れたタオルで拭くと書いたものを一気に消すことができる。

 

Everlast(予定販売価格4,980円)は1冊買うと1,000回以上再利用でき、利用者によっては、このノートが人生で最後のノートになるかもしれないことから、製品名が「Everlast」になったのだそう。使用している紙は合成ポリエステルで作成。自然で滑らかに文字を普通の紙で書いてるような感覚で書くことができる。

専用アプリで簡単にクラウド化

 

ノートのページ下部にある7つのアイコンにマークを付けて、専用のRocketbookアプリでカメラを起動し、ノートにかざすとアプリが自動的に読み取り範囲を選択。アプリは瞬時に各ページを読み取ることができ、簡単にデジタル・ノートが完成する。

 

クラウドファンディング概要

・クラウドファンディング:Makuake(マクアケ)
・実施期間:2017年5月19日(水)15時〜 2017年7月24日18時
・製品のお届け:2017年8月(コース内容による)
・目標金額:1,000,000円 (目標金額に達しない場合でも製品を受け取り可能)
・プロジェクトURL: http://www.makuake.com/project/everlast/
 

商品概要

・サイズは通常のA4、A5サイズとは異なります。
・Rocketbookアプリ対応OS:iOS 9.0以降 iPhone, iPad, iPod touch、Android4.1以上

・Rocketbook対応クラウドサービス:Box, Dropbox, Google Drive, Evernote, iCloud, OneNote, Slack, email. 
・米国クラウドファンディングサイトIndiegogoとKickstaterのオフィス用品カテゴリーでクラウドファンディング史上最高支援額4.8億円を集める(2017年5月時点)。  

あわせてお読みください

注目連載

記事ランキング

  • 直近1時間
  • 昨日

あわせてお読みください

IoTニュース

目指すはロボット技術立国 ―― 移動体IoTと産業用ドローンへの取り組み
高精度・屋内測位が拓く次世代IoT 第6回 IoT/M2M展【春】レポートー4
IoT広告が目指す未来 第1回 IoT・ウェアラブルの普及は、広告のあり方をどのように変えていくのか?
シスコ、「IoT Operations Platform」発表--MS「Azure」との提携も
ウフルがmbed Cloudのライセンス契約提携 enebularのエッジコンピューティング対応を強化
PTC、IoTプラットフォームの新版「ThingWorx 8」を発表
総務省、「地域IoT実装推進ロードマップ(改定)」「ロードマップの実現に向けた第二次提言」等の公表
【Bluetooth SIG パビリオン】スマートグラスとの連携も!  今すぐ使えるIoTデバイスを体感しよう
製造業からロッカー、サ高住まで!富士アイティのIoTは「現場に強い」
国際無線通信規格Wi-SUN FANを搭載した小型IoT用ゲートウェイを開発
IoTでビジネスを創るためのテクノロジが整った--IoT座談会(1)
IoTに必要な一式をトータル提供するMOVIMAS、農業から工場、見守りまで幅広い領域をカバー
NTT東日本、映像データ解析やビーコンを用いた農業IoTの共同実証実験を実施
「サービス共創」でパートナー企業を支援するNTTコムーーIoTビジネスモデルのヒントを展示
KDDIとセコム、5GのアップリンクでマルチユーザMIMOでの映像伝送に成功
【ワイヤレスジャパン2017】簡単に始められる「レディメイド型IoT」をNTT東が展示、農業・畜産業でのトライアルも

IoTニュース”は、Mynd Engineを活用して、世の中のIoT関連の記事をまとめさせていただき、ご紹介させていただきます。