IoT(Internet of Things)の最新ニュースや企業&ベンチャー事例(ケーススタディ)ほぼ毎日掲載

コミュニケーション
2017.05.18

AI時代。上司が部下に求めるビジネススキルは今と同じ?
「AI(人工知能)時代に求められるスキル・能力」調査レポート

調査結果概要

(1)88.7%がAIに期待。 AIの導入企業は6.8%と低い状況だが、28.8%の企業が3年以内に導入予定

管理職に対して、自社におけるAIの導入状況について質問したところ、AIを導入している企業は6.8%と低い。しかし、28.8%が3年以内に自社でAIを導入する予定があると回答している。また、AIに対しては、88.7%が期待を寄せており、なかでも、AIについてより知識があるグループでは、92.2%がAIに対して期待感を示し、知識が高いほうが期待も高まる傾向がうかがえる。

あなたは、AIに対して、どのように思いますか

 

あなたの職場でAIは導入されていますか

 

 

(2)AIの普及がもたらすのは、「労働時間の短縮」、「業務の効率化・生産性の向上」、「労働力不足の補完」

AIの普及が日本の雇用に与える影響については、半数以上が、「労働時間の短縮」(58.9%)と「業務の効率化・生産性の向上」(56.3%)と回答しており、失業率が上がる(12.3%)という悲観的な見方を大きく上回る結果になった。

AIの普及が職場に与える影響についても、「既存の仕事の効率化、生産性が向上する」(48.2%)、「既存の仕事の質が向上する」(31.4%)、「労働力を補完する」(31.1%)と、前向きな回答が目立つ。

また、AIに任せてみたい業務として、「データ処理業務」(67.6%)、「データ分析」(63.4%)、「情報リサーチ」(43.4%)といった、データを扱う業務が上位にあげられた。

 

AIの普及が進むと、日本の雇用にどのような影響があると思いますか。(上位6つ)

1位:労働時間の短縮 58.9%
2位:業務の効率化・生産性の向上 56.3%
3位:労働力不足を補完できる 44.3%
4位:危険な仕事が代替・軽減される 20.7%
5位:新しい雇用が創出され、雇用が上向く 15.5%
6位:失業率が上がる 12.3%
 

 

2035年において、あなたの職場でAIの普及はどのような影響を与えると思いますか?(上位5つ)

1位:既存の仕事の効率化、生産性が向上する 48.2%
2位:既存の仕事の質が向上する 31.4%
3位:労働力を補完する 31.1%
4位:労働力を省力化する 28.5%
5位:AIの代替によって、既存の仕事やタスクの一部がなくなる 26.5%
 

 

あなたの会社にAIが導入されたら任せてみたい仕事はありますか?(上位5つ)

1位:データ処理業務 67.6%
2位:データ分析 63.4%
3位:情報リサーチ 43.4%
4位:製造、調達 12.6%
5位:営業、販売業務 9.1% 
 

 

2035年にあなたが現役で働いていた場合、上司、部下がAIになったらどのように感じますか?

 

(3)部下に求める能力は、現在も将来も「対人関係力」。 ただし、AI時代には、「創造力」が重要となると予測

現在とAI時代において、自身の部下に対して求める「ビジネスで重要な能力」についても聞いてみた。現在求める能力としては、「対人関係力」(67.0%)、「分析的思考力・概念的思考力」(45.3%)、「複雑な課題に対する解決力」(30.4%)が上位に挙げられる一方で、AI時代には、「対人関係力」(55.0%)、「創造力」(36.9%)、「分析的思考力・概念的思考力」(36.6%)、「複雑な課題に対する解決力」(35.3%)が重要になると考えられている。

現在、最も重要と考えられている「対人間関係力」は、AI時代でも変わらずトップであるものの、12ポイント低下。一方、AI時代には、「創造力」が重要になると考えている人が多いことがうかがえる。

また、これら重要な能力を向上するためには、「スキルを習得できる実務を任せる」(61.2%)、「新しい経験を得られる環境や職務を与える」(55.0%)ことが必要と考えられていることがわかった。

 

AIが一般化する2035年を見据え、今後「ビジネスで重要な能力」はどのようなものだと思いますか

 

重要な能力を向上させるために、今後はどのような社員教育を実施していくべきだと思いますか

 

(4)AI時代に活躍するために、小学生が取り組むべきことは、「外国語」。「国語」と「プログラミング」も重要

「AI時代にビジネスパーソンとして活躍するために、現在の小学生が、今から取り組んでおいたほうが良いこと」については、1位に「語学(英語・中国語など)」(51.1%)、2位は「国語/読解力」(43.4%)、3位には2020年から小学校で必修となる「プログラミング」(42.7%)が挙げられた。 

 

この結果について、人工知能(AI)等、テクノロジーの進展が、経済構造や産業構造に与える影響を主に分析している、東京大学大学院経済学研究科・経済学部 柳川範之教授は次のようにコメントしている。

「外国語については、AIによる機械翻訳の精度がかなり高まってくる可能性がある。しかし、外国人や異文化の人と適切なコミュニケーションをとるには字面としての翻訳だけでは不十分だ。今回のアンケートで必要とされた語学力には、そのような異文化とのコミュニケーション力という意味合いが多分に含まれていると考えられ、今後はそのための能力開発がより重要になると考えられる。」

 

現在の小学生が、2035年のAI時代にビジネスパーソンとして活躍するために、今から取り組んだほうが良いことは何だと思いますか。

1位:語学(英語・中国語など) 51.1%
2位:国語/読解力 43.4%
3位:プログラミング 42.7%
4位:算数 22.7%
5位:理科・科学 17.8%
6位:道徳 12.9%
7位:運動・スポーツ 11.7%
8位:自然遊び、外遊び 10.7%
9位:美術・芸術 7.1%
10位:社会 4.2%
11位:音楽 2.9%
 

 

【調査概要】
調査対象:首都圏の上場企業に勤務する、部下を持つ管理職(部長職・課長職、40歳~59歳の男女)
サンプル: 309名
調査方法:インターネット調査実施時期:2017年4月

アデコ株式会社
http://www.adecco.co.jp/  

あわせてお読みください

記事ランキング

  • 直近1時間
  • 昨日

話題のキーワード

注目連載

あわせてお読みください

IoTニュース

三菱重工航空エンジン、工場のIoTデータ分析にSASのデータ分析ソフトを導入 | IT Leaders
IoT市場の開拓強化に乗り出したSAP日本法人
IoTで手術をスマート化 - 信州大学がスマート治療室の実証を開始
シーメンスとAlibaba Cloud、産業用IoTで提携
IoTで富士山の混雑・温湿度を”見える化”、KDDIなど
FiNCと中部電力、ヘルスケアサービス開発で業務提携(ニュース)
IoT人気記事ランキング|プラットフォーム元年、産業別プラットフォーム構築の勘所など[7/2-7/8]
現場をゲリラ豪雨や熱中症から守れ! ウェザーニューズとKDDIがセンサーと予報を使ったIoTサービス
急増するIoT機器への攻撃、対策に不可欠な法的整備とは?
2018年6月の3本:KDDIと日立がグローバルIoT事業で協業/富士通がクラウドサービスを刷新/NECがシリコンバレーで新事業開発会社を設立 | IT Leaders
IoT時代のビルシステム向けセキュリティ対策、NTTセキュリティらが提供
大阪ガス、AI・IoTを活用した位置情報の見守りサービス
IoT事業創造の一大拠点に――「柏の葉スマートシティ」の挑戦
農業ロボットはどう役立つ?現状と課題、最新事例を整理する
中小企業の働き方改革、ITツールと行政支援でできること~「IoT/RPA 働き方改革で創る、地域社会の未来のためのセミナー」レポート2
富士通、IoTスマートメーター「特定データ収集サービス」を提供

IoTニュース”は、Mynd Engineを活用して、世の中のIoT関連の記事をまとめさせていただき、ご紹介させていただきます。