IoT(Internet of Things)の最新ニュースや企業&ベンチャー事例(ケーススタディ)ほぼ毎日掲載

コミュニケーション
2017.05.17

渋谷区と東京電力がIoT技術を活用した見守り社会実証を開始
高齢者と子どもの安心・安全なくらしを目指し、自治体と企業が連携

渋谷区と東京電力ホールディングス株式会社(以下、東電HD)は、IoT技術を活用した見守りに関する社会実証を2017年6月から開始する。今回の取り組みでは、東電HDが主体となり、株式会社otta(otta)の持つ、IoT技術を活用した見守りサービスをユーザーに提供していくという。

本サービスでは、ビーコンを搭載したキーホルダーなどの専用端末を持つ高齢者や子どもの位置情報履歴を、家族や保護者などがスマートフォンやパソコンで把握することができるほか、予め登録した場所を見守り対象者が通過した場合に、位置情報をメールで確認することも可能となる。専用端末は、GPS端末と比較して低コストかつ電池寿命が長いため、頻繁に充電する必要がない。

また、ビーコンの電波を受信する基地局も電源コンセントにさすだけで設置できるため、サービスの基盤となるシステムを速やかに構築できることが特徴だ。

本サービスの対象エリア内では、基地局を公共施設や民間施設、東京電力グループの設備に設置。さらに無料アプリをインストールした地域の方自身のスマートフォンをビーコンの電波を受信する基地局として活用できる。これにより、都心部である渋谷区においてどのくらいの基地局を必要とするか検証していく。

なお、東電HDは基地局整備についてキリンビバレッジバリューベンダー株式会社と協力し、渋谷区内に設置されているキリン清涼飲料自動販売機に基地局端末を取り付け、自動販売機を本サービスに活用。

さらに本サービスについては位置情報の提供だけでなく、三井住友海上火災保険株式会社の協力のもと、見守り対象者の交通事故や日常生活の賠償事故の補償、健康・医療・育児・介護の電話相談など、安心・安全なくらしの実現につながる付加価値サービスについての拡充を検討していくという。

東電HDは、昨今の高齢者や子どもが対象となる事件や事故などの社会問題の解決につながる新しいサービスを創出し、電気事業以外の収益基盤の確立を目指す。

今後、広域スマート防犯サービスの運用実績を多く持つottaと協働しながら、東京都から順次関東圏に本サービスを広げ、地域の安心・安全なまちづくりに貢献していく。

サービス概要

1.対象エリア
東京都渋谷区全域

2.対象者
渋谷区在住の高齢者、渋谷区立小(中)学校に就学する児童(生徒)

3.開始時期
本年6月から開始し、順次渋谷区全域へ拡大

4.料金
サービス開始後渋谷区全域で有効性が確認できるまでは無償。
その後継続して利用を希望される方には有償でサービス提供。
(詳細な料金体系・スケジュールは検討中)

5.役割分担
・渋谷区:高齢者および小(中)学生・保護者へのご案内
・東電HD:本サービスの運営(受付・契約窓口、アフターケア等)
・otta:東電HDへのIoT技術を含めたシステム提供

サービスイメージ

 

本サービスで使用するビーコン電波発信機器

 

本サービスで使用するビーコン電波受信(基地局)機器​

 

あわせてお読みください

記事ランキング

  • 直近1時間
  • 昨日

話題のキーワード

注目連載

あわせてお読みください

IoTニュース

[ケータイ Watch.biz] ドローンを使ったビジネスを導入から運用までフルサポート、KDDIが提供
いまさら聞けない、スマートファクトリーを超整理。わかりづらいところを全部解説 その2[Premium]
ウインドリバー、IIoTデバイス管理プラットフォームの最新版を発表
安川電機、IoTやAIを活用したものづくりの実現をサポートする産業用モーションネットワーク「MECHATROLINK-4」を開発
日立、生産計画の自動立案と3D作業手順書を自動生成するシステムをIoTプラットフォーム「Lumada」のソリューションコアとして提供開始
【特別企画】IoTの進化で変わるものづくり! その現状と課題に迫るセミナー開催!! シャープ、日刊工業新聞などが登壇
Google CloudがCloud IoT Coreのパブリックベータをリリース
IoT人気記事ランキング|Amazon Echo, Google Homeなどのスマートスピーカーを日本企業はどう見るべきか、LINE「Clova Wave」を正式に発売開始など[10/9-10/15]
KDDI、ドローンビジネスの導入から運用までをフルサポートする「KDDI IoTクラウド ~ドローンパッケージ~」
IoT活用で新たなレベルのサービスが拡大--IBMが披露した2社の事例
Telit、米ウインドリバーと協業しインダストリアルIoTの導入を加速
横国大とBBSSのIoTサイバー脅威分析リポート、2017年9月は国内のISP配下のネットワークで感染機器の増加を観測
機械学習やIoTへの取り組みを紹介する技術セミナー…デンソーが開催
富士通、シニア向けSNSを活用したマーケティングサービスを販売開始
日本のルータ4割に脆弱性、のっとりも容易 - IoTセキュリティのいま
Google Home対応、屋外から家電を操作できるIoT機器「Nature Remo」

IoTニュース”は、Mynd Engineを活用して、世の中のIoT関連の記事をまとめさせていただき、ご紹介させていただきます。