IoT(Internet of Things)の最新ニュースや企業&ベンチャー事例(ケーススタディ)ほぼ毎日掲載

テクノロジー
2017.05.05

テクノロジーで受け継いでいく職人の技
センサーを利用したデータ取得とクラウド共有で蔵人の働き方改革も

BY

工場、農業、漁業など、IoTの活用領域は日々広がり続けている。そんななか、モンスター・ラボはIDCフロンティアと共同で、酒造工程のセンサーデータと業務記録をスマートフォン内で共有・監視するためのIoTシステム開発に着手した。

対象となる酒蔵は島根県の旭日酒造。代表銘柄「十旭日(じゅうじあさひ)」と出雲大社の御神酒の銘柄「八千矛(やちほこ)」を醸す蔵だ。日常使いの酒だけでなく、生(き)もと仕込みや長期熟成など、日本酒の多様な可能性にチャレンジしている。

酒どころ島根県で日本酒の可能性にチャレンジする老舗酒蔵の旭日酒造

アプリケーション開発を担うモンスター・ラボは、国内3ヶ所、海外10ヶ所に拠点を構えるアプリケーション開発会社。国内拠点の1つである島根県の松江では、松江城やお寺でプログラミングを行うなど、楽しい働き方を実践している。

本プロジェクトは、そんな松江拠点で活躍するエンジニアの1人が個人の趣味で酒造イベントに参加し、旭日酒造の副杜氏と出会ったことから始まったという。

IoTシステムが解決する酒蔵の課題とは

日本酒は酵母という微生物による発酵を利用して造ることはご存知のことと思う。微生物を使った製造であるため、様々な工程で温度や湿度などの環境を適切に管理し、発酵が進むようにしなければならない。

旭日酒造には現在6名の蔵人が在籍しているが、それぞれ異なる工程を担当しており、自身が担当している前後工程の中間生成物の変化などが、なかなか把握できないという課題があったという。

そこで、今回のプロジェクトでは、製造現場の温度・湿度といった環境変化をスマートフォンからチェックし、蔵人間でいつでも情報共有できるようにする。さらに遠隔地からも情報を取得できるようにし、仕込み期間である12月〜3月に蔵人が酒蔵を片時も離れられないという物理的制約を解決し、働き方の刷新につなげたいとしている。

酒蔵内に環境情報収集用のセンサーを配置

また、旭日酒造では蔵人の年齢が最若で24歳、最高で57歳ということで、現時点ではバランスが取れている。しかし今後、蔵人の高齢化が進むことも予測されるため、データを適切に記録し、共有する仕組みは後進育成にも役立つとして期待を寄せる。

酒造業界のように、これまで日本の伝統産業では、先達の知見を後進が受け継いでいき、技術を存続させていくスタイルが主流だった。しかし、職人の高齢化や後継者不足などにより、思ったように後進を育てられていないという業界も少なくない。

IoTの活用によって職人の技をデータ化し、共有する仕組みを構築することで伝統の技を残していく。今後、少子高齢化社会を迎える日本では、あらゆる業界で必要な取り組みになっていくのかもしれない。

あわせてお読みください

記事ランキング

  • 直近1時間
  • 昨日

話題のキーワード

注目連載

あわせてお読みください

IoTニュース

ウフルがIoT基盤のサービス「enebular」のエンタープライズ・プランを発表
AIやロボティクス、IoT、ARなどが世界ICT投資を加速--IDC予測
米IICとIVIが産業用IoT推進で合意、共同テストベッド実施など5項目
IoTセンサーを利用した会議室の効率化対策システム─サテライトオフィス | IT Leaders
NEC、IoTシステムのエッジ層やデバイス層を保護--データ発生源から暗号化
大日本印刷、蘭ジェムアルトとIoTセキュリティ分野で協業
自動車・医療分野で急務のセキュリティ課題とは?企業の実践者たちがIoT時代のセキュリティ対策を語る
京大とローム、Wi-SUN FAN搭載IoTゲートウェイを用いBluetooth搭載機器から移動しても広範囲に情報収集できるシステムを開発
BOMなしで生産スケジュールを自動生成 - 日立、「Lumada」に産業向けソリューションを追加
日立、多品種少量生産工場が対象のソリューション2種を発表
日立情報通信エンジニアリング、IoT機器向けデータ保護ソリューション
サムスン、eSIM内蔵の追跡タグ Connect Tag発表。NB-IoTとGPSに対応し正確な位置情報を把握可能
会議室の利用効率化をIoTで手軽に実現、「ビジネスパック」をサテライトオフィスが提供
imecとADI、次世代IoTデバイスに向けた共同開発契約を締結
SAPジャパンがデジタルビジネスを推進する新サービス発表 | IT Leaders
国内IoT市場、2020年に1兆3800億円規模--適用分野は多様化

IoTニュース”は、Mynd Engineを活用して、世の中のIoT関連の記事をまとめさせていただき、ご紹介させていただきます。