IoT(Internet of Things)の最新ニュースや企業&ベンチャー事例(ケーススタディ)ほぼ毎日掲載

ライフスタイル
2017.05.08

VRが見せる「もう一つの世界」が近づいている
ユーザーの没入体験を支えるハードウェアやサービスとは

BY

巷では民進党が発表した「VR蓮舫」が物議を醸しているが、政党がVR(バーチャル・リアリティ)というメディアを使うようになったことを考えると、いよいよ一般的になってきたという印象を受けた。

VRとは視覚をはじめとした人間の五感に架空の情報で刺激を与えることで、ユーザーに実際とは異なる体験をあたかも現実であるかのように思い込ませる技術である。

ちなみに、よく聞くVRの訳語として「仮想現実」があるが、この言葉から想起されるイメージで捉えると、誤解を招く表現だとされている。“仮想”という言葉には実在しない架空のものというイメージがあるが、VRによる体験は“存在しない偽物”なんかではなく、その体験自体は存在するのである。

そうしたことから、筆者はもう一つの訳語として使われる「人工現実感」の方がVRの体験に近しいものと感じている。

さて、2016年は「VR元年」と言われ、実際に様々なハードウェアが発売され、一般への浸透も進んでいったように思う。遊園地やゲームセンター、ネットカフェなどでも気軽に体験できるようになり、今後はWebや映像などと同様、一つのメディアとしてコンテンツの展開先となっていくことだろう。

本稿では、現在発売されているハードウェアや関連サービスなどから、今後どのようなコンテンツが生み出されていくのか、筆者自身の願いも交えながらその可能性見ていきたいと思う。

触覚を伴う手足による操作

VRと聞いて頭に思い浮かぶのは、ヘッドマウント・ディスプレイ(HMD)が一般的だろう。「Oculus Rift(オキュラス・リフト)」「HTC VIVE(HTCバイブ)」「PlayStation VR」といった有名どころから、中国製なども含めたスマートフォンを利用するものまで、本当に多くのハードウェアがリリースされたが、ほとんどがこのHMD型だ。

MDとは頭に被り視野を覆うタイプのディスプレイ装置

HMD型では視野角のほとんどを人工の映像で置換できるため、あたかも自分がその映像の中にいるかのような「没入感」を得られるため、VRでは最も効果的な映像装置であろう。

しかし、ユーザーの視覚情報を完全に人工の映像で置き換えてしまうが故に生じる課題が、自分の手や体すら認識できなくなってしまうということだ。我々は日常的には何か動作をする際に、手や体を視野に捉えながら行うことが多い。

VRではその性質上、周囲が見えなくなる

自分では手を動かしているのに、VR映像内では何も動かない。これはユーザーにとてつもなく違和感を与えてしまい、没入感の減退につながってしまう。

そこで注目したいのが、触覚付きのハンドコントローラーだ。自分の手の動きをVR映像に反映できるのは当然のこと、さらに触覚を再現することで、実際に手で触れている感覚を得られるのだ。

この種のコントローラー製品も国内外を含め数多く開発が発表されているが、今年初頭に日本のスタートアップCerevoが発表した「Taclim」もその1つである。

Cerevoが2017年秋に発売を予定している「Taclim」(プレスリリースより)

Taclimはハンドコントローラーとシューズで構成され、コントロールはもちろん、VR内での映像や音声に合わせて振動により触覚をフィードバックする。その振動も通常のバイブレーションとは異なる非常に微細な振動で、より現実に近い感覚を与えるという。

こうした装置により、ユーザーはVR空間内の登場人物と同化でき、その没入感はとても高まるものと思われる。

あわせてお読みください

記事ランキング

  • 直近1時間
  • 昨日

話題のキーワード

注目連載

あわせてお読みください

IoTニュース

トイレを電池・配線レスでIoT化、スライドラッチ受け「SWITCHSTRIKE AIR」3月末に発売 元離宮二条城で試験運転も開始
BIGLOBEモバイルがIoT/M2M通信向けサービスを強化 月額400円台からの低価格プランや固定IPオプションなどを提供
住友電工とNEC、モビリティ事業で協業--自動車でのAI/IoT活用を加速
“トイレのIoT化”で混雑時の利用効率を向上--安否確認や犯罪防止にも活用
混雑トイレに新たな"IoT"、世界遺産、元離宮二条城での試験運用開始
シーメンスのIoTプラットフォームがAWS上で利用可能に | IT Leaders
Keychain、ブロックチェーンを使ったIoT認証セキュリティソフトを開発
三菱電機、低消費電力や低コストをAI技術で実現
NTT Comと成蹊大、IoTによる大学構内の環境モニタリング実証実験を開始
IoTデバイスのセキュリティ向上へ--MITが低電力暗号処理チップを開発
VMwareがIoTセキュリティで特に重視するのは自動車業界
Oracle、「Oracle IoT Cloud」の新しいインダストリー4.0機能を発表
三菱電機、AI技術で機器やエッジをスマート化
クアルコムが産業IoT向け「Wireless Edge Services」、5G NRの計画など披露
【NW未来予想図04】セルラーLPWAが急成長――2022年にはNB-IoTがシェア50%近くに
BIGLOBEモバイルがIoT向け通信サービスを強化、低容量の100MB/上り高速の300GBプラン

IoTニュース”は、Mynd Engineを活用して、世の中のIoT関連の記事をまとめさせていただき、ご紹介させていただきます。