IoT(Internet of Things)の最新ニュースや企業&ベンチャー事例(ケーススタディ)ほぼ毎日掲載

テクノロジー
2017.05.06

リモコンはもういらない? 指で操作するウェアラブルグローブ
世界初のワイヤレスウェアラブルモーションコントローラ「CaptoGlove」

日々進化し続けるゲームのハードウェア。リモコンはワイヤレスが定着し、ここ数年の間でモーション操作もできるのが当然の機能となりつつある。そんな中、CaptoGlove社から”指”がリモコンになるという、世界で初めてのワイヤレスウェアラブルモーションコントローラ「CaptoGlove」が発売された。

CaptoGloveはPC、モバイル、スマートデバイス用となる世界初のウェアラブルグローブ。シンプルで直感的な手のジェスチャーで、お気に入りのビデオゲームやデバイスを制御することができる。

 

ビデオゲーム用ウェアラブルモーションコントローラとして、一人称シューティングゲーム、フライトシム、バーチャルリアリティ、拡張現実感、モバイルゲームなど、幅広いプラットフォームやジャンルでユニークで臨場感のある体験を提供してくれる。

 

また、PCやモバイル、スマートデバイスに対応。過去から現在、未来までのすべてのPCゲームに対応しており直感的な手のジェスチャーを使用して、キーボード、マウス、および周辺機能を置き換えることが可能だ。

1つのCaptoGloveは、ほとんどのゲームに柔軟に対応しており、右手の手袋はマウス代わりのグローブとなる。

 

フライトシミュレータなどのゲームタイプによっては、右手にジョイスティックがある場合は、左手のグローブが最適。プレーヤーはCaptoGlovesのペアを使用して、両手を最大限に活用することができる。たとえば、プレーヤーは片手でヘリコプターを制御し、もう片方はコックピットスイッチとしてゲームを操作する。

 

また、Oculus Rift、HTC Vive、Samsung Gear VR、Google Cardboardといった、既存のVRヘッドセットとも互換性があり、VR&ARアプリケーションに現実感と臨場感をもたらしてくれる。

 

「CaptoGlove」は動画ショッピングサイトDISCOVERで発売開始
https://dis-cover.jp/project/view/309 
定価:3万4,800円(送料込・税込)

あわせてお読みください

記事ランキング

  • 直近1時間
  • 昨日

話題のキーワード

注目連載

あわせてお読みください

IoTニュース

ソフトバンク、NB-IoTを利用した水道メーター向け無線自動検針の実証実験を開始
ヘルスケアが次の注目すべきxTech分野【iNTERNET magazine Reboot】
IoTにSnapdragonが求められる理由、クアルコムがIoT戦略を解説
ソフトバンク、自治体向けIoTをパシフィックコンサルタンツと提携し強化
クラウディアン、深層学習用にGPUを搭載した小型のIoTエッジ処理サーバー「AI Box」を開発 | IT Leaders
もっと賢い公共インフラを5G通信とIoTで──ソフトバンクがインフラ設計大手と業務提携
建設現場の生産性を向上するIoTプラットフォーム「LANDLOG」、アプリ開発プロバイダ向けAPI第一弾を提供開始
新しい半導体の流れを作る、IoTと5G
ソフトバンクとパシコンが「IoT×AI」で提携、防災や社会インフラ改善に
ソフトバンクとパシフィックコンサルタンツ、スマートシティ実現に向け提携
GMOクラウド、IoTデバイスをセキュアに一括管理する「IoTプラットフォーム(仮称)」β版を提供開始
IoTや顔認証で路線バスのヒヤリ・ハット予備軍を把握 - KDDIと小湊鐵道
顔認識で危険運転防止、地中の水道メーター検針、牛の突然死防止--IoT活用が広がる
環境から「収穫」した電力で自立するデバイス 〜IoTを変える「エナジーハーべスティング」技術とは?
ソフトバンクら、NB-IoTを活用した水道メーターの実証実験
オープンIoTからIoSへ、モノからコトへ

IoTニュース”は、Mynd Engineを活用して、世の中のIoT関連の記事をまとめさせていただき、ご紹介させていただきます。