IoT(Internet of Things)の最新ニュースや企業&ベンチャー事例(ケーススタディ)ほぼ毎日掲載

テクノロジー
2017.04.29

ロナウドのトレーニング理論を融合。IoTで進化するEMSとは
日々の筋肉トレーニングを可視化するトレーニング・ギア「SIXPAD」

夏を前に、たるんでしまったボディラインが気になるという人は多いのではないだろうか?
引き締まったボディを手に入れたいと思ってはいるものの、毎日忙しく過ごしている現代人にとって、運動を継続的に行っていくのは難しい。

そんな悩みを解消してくれるのが、MTGから新しく発売された、IoTで進化したEMSデバイス5アイテムだ。

筋肉トレーニングに最も大切な“継続性”を高めるEMSデバイスは、トレーニング・ギア「SIXPAD(シックスパッド)」ブランドのニューアイテムとして、2017年4月29日より発売を開始している。

今回、新たに発売されたSIXPADの5アイテムは、筋肉トレーニングに最も大切な“継続性”を高めるために、より一層の利便性をもたらすBluetoothを搭載。これにより、SIXPADデバイスがアプリからレベル設定などの操作ができるようになる。

また、最大6台まで同期することができるので、さまざまな身体の部位を同時にトレーニングすることが可能となる。

MTGは、トレーニング・ギアとして新しい今回の取り組みによって、従来のデバイス単体の販売に加え、クラウドを介して生活者、そしてアスリートと繋がりつづけるビジネスモデルの構築に挑戦していくという。

トレーニングのモチベーションを高めるSIXPAD公式アプリ

SIXPAD公式アプリは、SIXPAD製品を使用する方の毎日をサポート。便利で楽しい機能が“続けたくなる気持ち”を高めてくれる。

 

1.トレーニング部位の可視化
鍛えている筋肉と、その動きを可視化。鍛えている筋肉を意識することで効果的なトレーニングが行える。また、トレーニングの残り時間を表示してくれる。

2.継続の努力値「mp(マッスルポイント)を貯める」
トレーニングを行うと、継続の努力値「mp(マッスルポイント)」が貯まる。トレーニングを継続するほど、またトレーニングする部位が多いほどたくさん貯まっていく。

3.専門家のアドバイスから学ぶ
トレーニング後には、京都大学の森谷敏夫名誉教授をはじめとした様々な分野の専門家から、トレーニングや美容、健康に関するアドバイスが届く。

さまざまなニーズに合わせた5つのバリエーション

鍛えられる部位・目的のバリエーションが充実している。

 

進化した2つの機能

 

SIXPADのコアテクノロジー「CMMパルス」

 

1.筋肉トレーニングに効率的な周波数「20Hz」を採用
SIXPADは、筋肉トレーニングに効率的な周波数「20Hz」を採用。20Hzは、40年以上EMS研究を行っている京都大学名誉教授 森谷敏夫氏(※)が導き出した、筋肉を効率的にトレーニングできる周波数。

2.痛みを伴わない独自波形の開発に成功
通常、20Hz程度の低い周波数は、電流を身体に流した場合、人体の電気抵抗が大きくなるため、皮膚の表面にピリピリとした痛みが発生します。MTGでは、何百パターンもの検証を行い、試行錯誤を繰り返した結果、痛みを軽減させた波形を開発することができた。

3.クリスティアーノ・ロナウド選手のトレーニング理論を融合
身体を「鍛える」だけではなく、筋肉を「休める」ことも大切。というロナウド選手のアドバイスをもとに、緩やかに筋肉を動かすコンディショニングとウォームアップ・クールダウンの時間を取り入れ、より効率的に筋肉を鍛えることができるトレーニングプログラムを設計した。

(※)京都大学名誉教授 森谷敏夫氏 プロフィール
運動医科学界を牽引する森谷敏夫氏は、EMSがもたらす筋肉のトレーニング効果について、40年以上研究を行っている。検証を重ねた結果、トレーニングにとって効率的な周波数 は「20Hz」であると導き出し、現在、その論文は世界中の研究者の注目を集めている。

SIXPAD商品情報

 

 
 

 

 

SIXPADブランドサイト 
http://www.sixpad.jp

 

あわせてお読みください

記事ランキング

  • 直近1時間
  • 昨日

話題のキーワード

注目連載

あわせてお読みください

IoTニュース

IoTや組込機器向けのセキュリティ診断サービスを本格開始 - バルテス
冷夏でも熱い福岡市、「LPWAの街」として企業支援(LPWA最前線)
今なら間に合うIoTセキュリティ 第5回 便利な生活の落とし穴、あなたのスマートホームは大丈夫?(2)スマートホームのセキュリティ
オンキヨー、加振器による音声/音楽再生技術を活用AI、IoT対応など新規事業分野に向けたソリューションの提案を開始
NECネッツエスアイなど9社、岩手のインバウンド増加を目指す実証実験を開始
IoTでフィールドワーカーの健康状態を見守り、NTTPCが新サービス
5000円切りの超小型気象センサー「WxBeacon2」で何ができるか試してみた
マウスがIoTに進出!! 「mouse スマートホーム」を24日発売! APIをオープンソースで2018年公開予定
TIS、製造業向けIoTプラットフォーム「MONOweb」を提供開始
三陸おもてなしステーション、訪日外国人増加を目指す実証実験
IoTのセキュリティ--デバイスはネットワーク側からも守るべき
マウス、スマートホーム事業に参入。IoT LEDライトやドアセンサーなど同梱のスターターキットを提供
しあわせもの工房、ボタンひとつで声を届けるIoT機器「マゴスピーカー(MAGOスピーカー)」を開発
Miraiが露呈するIoT機器の危うい現状、総括報告書で指摘
IoT人気記事ランキング|ソニーのディープラーニング統合開発環境「Neural Network Console」無償提供開始、NTTデータら「ブロックチェーン技術を活用した貿易情報連携基盤実現に向けたコンソーシアム」を発足、など[8/14-8/20]
家庭向けIoTの集大成!? “スマートホーム”を携帯キャリア各社が手掛ける意味とは【俺たちのIoT】

IoTニュース”は、Mynd Engineを活用して、世の中のIoT関連の記事をまとめさせていただき、ご紹介させていただきます。