IoT(Internet of Things)の最新ニュースや企業&ベンチャー事例(ケーススタディ)ほぼ毎日掲載

ライフスタイル
2017.04.26

飼い猫との絆はIoTで強くなる? 「迷い猫問題」をIT技術で解決
迷い猫の探索をサポートする“ねこさがしIoTサービス『ねこもに』”

ただそばにいるだけで、精神的に大きな癒やしを与えてくれるペット。日常の世話だけでなく急な病気やケガなど、飼っていく上で様々なハプニングが起こり得るものの、多くの飼い主にとって、家族の一員と言えるほど大きな存在となっている。

日本では、ここ数年のうちに空前の猫ブームが巻き起こり、2017年1月に発表されたペットフード協会の調査によれば、国内での飼い猫数は約985万頭に達している。これは長年ペット界のトップに君臨している飼い犬数の約988万頭に迫る勢いで伸びており、あと数年のうちに、猫の数が追い抜くのではと推測される。

その一方で、飼育中の30%が迷い猫になり、内 約20%しか飼い主の元に戻ってこないというデータも上がっており、震災をはじめとした自然災害発生時には、ペット管理が不十分となるため多くの迷い猫が発生する問題もある。

我が子同然に猫を愛する飼い主にとって、別れは非常につらい体験だ。その中でも、迷子による別れは元気な姿のまま突然いなくなってしまうため、中々諦めることが出来ず、帰ってくるかもという望みを持つ分だけ、悲しみに暮れる日々が続いてしまう場合が多い。

実際、我が家でも猫を完全室内飼いしているのだが、ある日突然家から抜け出し行方不明になってしまったことがある。最終的には1か月後、無事に帰ってきてくれたのだが、行方不明の期間中、悲しみに暮れながらも迷子のポスターを貼ったり、隣近所を探し歩く日々。それでも見つからないためペット探偵も雇い、必死で探し続けたものだ。

このような「迷い猫問題」に対し、株式会社オープンストリームではIT技術で迷い猫の探索をサポートする「ねこさがしIoTサービス『ねこもに』」の発売・サービス提供を2017年6月19日(月)より開始する。

 

IoTで迷い猫問題を解決する「ねこもに」

「ねこもに発信機」を身につけた猫を探すアプリ&サービス。
猫に装着させた「ねこもに発信機」から発せられた電波を、iPhoneにインストールする「ねこもに専用アプリ」で受信し、猫のいる場所を専用アプリの地図上に推定表示。猫さがしをサポートしてくれる。

「ねこもに」の特長
 iPhoneに、無料のねこもに専用アプリをインストール。専用アプリを起動し、新規ユーザー登録後、ねこもに発信機とのペアリングを行う。猫に市販の首輪などを使用して発信機を装着する。

 

 

迷い猫の位置を探索・早期発見をサポート
iPhoneにインストールした専用アプリが、猫に装着した発信機が発するBLE(Bluetooth Low Energy)電波をキャッチすると、専用アプリの地図上に猫がいそうなエリアを推定表示する。推定表示されたエリアへ歩み進むと、猫の位置推定が繰り返される中でエリア特定精度が向上、猫のいそうなエリアが絞られていき発見につなげる。

 

「ふれあいメーター」で、もっと仲良く
猫と飼い主の関係を見える化する「ふれあいメーター」機能を専用アプリに搭載。猫との親密な関係をSNSに投稿・シェアすることもできる。

「ふれあいメーター」表示例

猫への負担軽減を考慮

ねこもに発信機は、猫への負担軽減を考慮した「ねこ専用」発信機となっており、コンパクトかつ約10gの軽量、日常生活防水仕様、内蔵電池は約1年間のロングバッテリーライフで、メンテナンスフリーに寄与。装着する猫の不快感低減を考慮し、発信機のカド部分はラウンド加工したフォルムを採用している。

発信機(写真は開発中のもの。カラーなど製品版とは若干異なる)

<発信機 仕様>
型番 :OSNM-001
サイズ :縦22.4mm×横44mm×厚さ8mm
質量 :約10g
電池寿命 :使用開始から約1年(使用状況により変動)
防水 :日常生活防水(IP44相当)
通信方法 :Bluetooth 4.0 (Bluetooth Low Energy)
無線 :周波数帯 2.4GHz
通信有効距離:最大約75m(実測値。接続機器・使用環境に依存する)
 

発信機のサイズ、軽さを考慮してデザインした布製のねこもに発信機ケースの用意もあり。

発信機ケース(写真は試作品。カラーなど製品版とは若干異なる)

<ねこもに発信機ケース 仕様>
サイズ:縦 約34mm × 横 約53mm
質量 :約3g

販売、販売価格について

発信機、発信機ケースは、下記にて販売予定。
・Amazon.co.jp
2017年5月2日より、先行予約販売を開始予定。

販売価格:発信機、発信機ケースともにオープンプライス。
Amazon.co.jpでの販売予定価格は以下のとおり。
・ねこもに発信機 5,900円(税別・送料別)
・ねこもに発信機ケース 1,200円(税別・送料別)

<ねこもに専用アプリ 仕様>
対応デバイス:iPhone
対応OS :iOS9.3.2以降
言語 :日本語

あわせてお読みください

記事ランキング

  • 直近1時間
  • 昨日

話題のキーワード

注目連載

あわせてお読みください

IoTニュース

ソフトバンク、NB-IoTを利用した水道メーター向け無線自動検針の実証実験を開始
ヘルスケアが次の注目すべきxTech分野【iNTERNET magazine Reboot】
IoTにSnapdragonが求められる理由、クアルコムがIoT戦略を解説
ソフトバンク、自治体向けIoTをパシフィックコンサルタンツと提携し強化
クラウディアン、深層学習用にGPUを搭載した小型のIoTエッジ処理サーバー「AI Box」を開発 | IT Leaders
もっと賢い公共インフラを5G通信とIoTで──ソフトバンクがインフラ設計大手と業務提携
建設現場の生産性を向上するIoTプラットフォーム「LANDLOG」、アプリ開発プロバイダ向けAPI第一弾を提供開始
新しい半導体の流れを作る、IoTと5G
ソフトバンクとパシコンが「IoT×AI」で提携、防災や社会インフラ改善に
ソフトバンクとパシフィックコンサルタンツ、スマートシティ実現に向け提携
GMOクラウド、IoTデバイスをセキュアに一括管理する「IoTプラットフォーム(仮称)」β版を提供開始
IoTや顔認証で路線バスのヒヤリ・ハット予備軍を把握 - KDDIと小湊鐵道
顔認識で危険運転防止、地中の水道メーター検針、牛の突然死防止--IoT活用が広がる
環境から「収穫」した電力で自立するデバイス 〜IoTを変える「エナジーハーべスティング」技術とは?
ソフトバンクら、NB-IoTを活用した水道メーターの実証実験
オープンIoTからIoSへ、モノからコトへ

IoTニュース”は、Mynd Engineを活用して、世の中のIoT関連の記事をまとめさせていただき、ご紹介させていただきます。