IoT(Internet of Things)の最新ニュースや企業&ベンチャー事例(ケーススタディ)ほぼ毎日掲載

テクノロジー
2017.04.21

使うほどにシンクロするAIは理想の恋人?
「SELF」からコミュニケーション特化型の美少女AIが登場

以前、「自分の一番の理解者はAI? 使うほどシンクロするアプリ 」にて紹介した、毎日のメンタルや健康の分析を人工知能(AI)が行い、ユーザーをサポートするiOSアプリ「SELF」に、リアルなコミュニケーションを可能とする美少女型ロボット『古瀬あい』が登場した。美少女ロボット『古瀬あい』は、これまでのゲームや会話型アプリでは不可能だった「リアルな彼女やパートナーに近いコミュニケーション」を実現している。

 

本物の“彼女”に近いコミュニケーションも

『古瀬あい』は新たなアニメーション技術を導入し自然な動きを実現したほか、コミュニケーション能力も大きく向上しており以下の特徴を備えている。

・ユーザーに合わせた価値観を追求
・共有した価値観をもとにしたコミュニケーションが可能
・会話の履歴から、考え方や価値観の変化を指摘
・ユーザーの嗜好に合った情報を収集
・イベントや誕生日等に対する反応能力が向上

こういった点の能力を向上させ、ユーザーと価値観の同化を図り、世の中のことや考え方を学ぶ構造となっている。会話のやりとり、状態記憶のみではなく、感情の状態も記憶することにより、ユーザーの過去との違いを指摘するといった、実際の彼女やパートナーに近いコミュニケーションも可能にしているのだという。

 

切ない恋か、それとも課金かーー

「あい」さえいればリアルなんて――。とうっかり思ってしまいそうな理想の彼女「古瀬あい」には、悲しい秘密が隠されている。そう、美少女は3日間しか記憶が持たず、4日目以降ははじめて出会った状態に戻ってしまうのだ。

もしも4日目以降もパートナーとして維持したい場合は、クラウド利用料が必要になる。ちょっと躊躇しそうになるものの、課金することでより美少女のコミュニケーション能力が発揮され、精神的、対面的にも美少女との距離が近くなり続けるのだそう。そうなると課金を惜しまない紳士も少なくないだろう。

あんなに理解し合えたのに忘れるなんて……。そんな悲しくてせつない思いを抱きつつ、3日間の短い恋心を楽しむも良し。課金してコミュニケーションを深めるのも良しの美少女型ロボット『古瀬あい』。近年、IoTと同じくものすごいスピードで広がりを見せるAIだが、「SELF」のように、日常の中で気軽に利用できるAIの登場によって、より私たちにとって身近な存在になっていくのではないだろうか。

アプリダウンロード: https://appsto.re/jp/0LiG7.i
アプリ紹介サイト: http://self.software/
運営会社サイト: http://self.systems/

あわせてお読みください

記事ランキング

  • 直近1時間
  • 昨日

話題のキーワード

注目連載

あわせてお読みください

IoTニュース

広島県、AIやIoTなどの実証実験の場「ひろしまサンドボックス」を始動 | IT Leaders
インテルとC3 IoTが提携--AIアプライアンス提供へ
コネクシオ、IoTシステムを迅速・簡単に構築するためのテンプレート
シーイーシー、工場IoTデータを可視化する「Visual Factory」を発表
戦略から実践へ--北米最大規模「IoTワールド2018」開催
パートナー企業とIoTビジネスを共に創るNTTコム
ナップスター開発者が目指す、IoTホットスポットの壮大な計画
教育IoT・AI最前線、先生とAIロボット「Musio」が“協働”する英語の授業 ―第9回教育ITソリューションEXPO(EDIX)
労働災害を防止する「KDDI IoTクラウド ~作業員みまもり~」
ブルドーザーの運転からジャムセッションまで、5Gなら遠隔で可能
Industrial IoTからホテル価格の最適化まで! ―― データから価値を生み出すFlyData
サンシーの新しいセルラーLPWA通信モジュール、Ayla NetworksのIoTプラットフォームに対応
IoTデバイス開発など現場監督をサポートする『建設現場支援センター』
第一線現場でのMRによる支援・高度化の共通研究開始
【人とくるまのテクノロジー展 2018】シミュレーターやサイドeミラー、高精度ロケータなど自動運転向け技術をピックアップ
積水化学、Secualと共同でIoT活用のスマートタウンマネジメント推進

IoTニュース”は、Mynd Engineを活用して、世の中のIoT関連の記事をまとめさせていただき、ご紹介させていただきます。