IoT(Internet of Things)の最新ニュースや企業&ベンチャー事例(ケーススタディ)ほぼ毎日掲載

テクノロジー
2017.04.21

使うほどにシンクロするAIは理想の恋人?
「SELF」からコミュニケーション特化型の美少女AIが登場

以前、「自分の一番の理解者はAI? 使うほどシンクロするアプリ 」にて紹介した、毎日のメンタルや健康の分析を人工知能(AI)が行い、ユーザーをサポートするiOSアプリ「SELF」に、リアルなコミュニケーションを可能とする美少女型ロボット『古瀬あい』が登場した。美少女ロボット『古瀬あい』は、これまでのゲームや会話型アプリでは不可能だった「リアルな彼女やパートナーに近いコミュニケーション」を実現している。

 

本物の“彼女”に近いコミュニケーションも

『古瀬あい』は新たなアニメーション技術を導入し自然な動きを実現したほか、コミュニケーション能力も大きく向上しており以下の特徴を備えている。

・ユーザーに合わせた価値観を追求
・共有した価値観をもとにしたコミュニケーションが可能
・会話の履歴から、考え方や価値観の変化を指摘
・ユーザーの嗜好に合った情報を収集
・イベントや誕生日等に対する反応能力が向上

こういった点の能力を向上させ、ユーザーと価値観の同化を図り、世の中のことや考え方を学ぶ構造となっている。会話のやりとり、状態記憶のみではなく、感情の状態も記憶することにより、ユーザーの過去との違いを指摘するといった、実際の彼女やパートナーに近いコミュニケーションも可能にしているのだという。

 

切ない恋か、それとも課金かーー

「あい」さえいればリアルなんて――。とうっかり思ってしまいそうな理想の彼女「古瀬あい」には、悲しい秘密が隠されている。そう、美少女は3日間しか記憶が持たず、4日目以降ははじめて出会った状態に戻ってしまうのだ。

もしも4日目以降もパートナーとして維持したい場合は、クラウド利用料が必要になる。ちょっと躊躇しそうになるものの、課金することでより美少女のコミュニケーション能力が発揮され、精神的、対面的にも美少女との距離が近くなり続けるのだそう。そうなると課金を惜しまない紳士も少なくないだろう。

あんなに理解し合えたのに忘れるなんて……。そんな悲しくてせつない思いを抱きつつ、3日間の短い恋心を楽しむも良し。課金してコミュニケーションを深めるのも良しの美少女型ロボット『古瀬あい』。近年、IoTと同じくものすごいスピードで広がりを見せるAIだが、「SELF」のように、日常の中で気軽に利用できるAIの登場によって、より私たちにとって身近な存在になっていくのではないだろうか。

アプリダウンロード: https://appsto.re/jp/0LiG7.i
アプリ紹介サイト: http://self.software/
運営会社サイト: http://self.systems/

あわせてお読みください

記事ランキング

  • 直近1時間
  • 昨日

話題のキーワード

注目連載

あわせてお読みください

IoTニュース

ソフトバンク、NB-IoTを利用した水道メーター向け無線自動検針の実証実験を開始
ヘルスケアが次の注目すべきxTech分野【iNTERNET magazine Reboot】
IoTにSnapdragonが求められる理由、クアルコムがIoT戦略を解説
ソフトバンク、自治体向けIoTをパシフィックコンサルタンツと提携し強化
クラウディアン、深層学習用にGPUを搭載した小型のIoTエッジ処理サーバー「AI Box」を開発 | IT Leaders
もっと賢い公共インフラを5G通信とIoTで──ソフトバンクがインフラ設計大手と業務提携
建設現場の生産性を向上するIoTプラットフォーム「LANDLOG」、アプリ開発プロバイダ向けAPI第一弾を提供開始
新しい半導体の流れを作る、IoTと5G
ソフトバンクとパシコンが「IoT×AI」で提携、防災や社会インフラ改善に
ソフトバンクとパシフィックコンサルタンツ、スマートシティ実現に向け提携
GMOクラウド、IoTデバイスをセキュアに一括管理する「IoTプラットフォーム(仮称)」β版を提供開始
IoTや顔認証で路線バスのヒヤリ・ハット予備軍を把握 - KDDIと小湊鐵道
顔認識で危険運転防止、地中の水道メーター検針、牛の突然死防止--IoT活用が広がる
環境から「収穫」した電力で自立するデバイス 〜IoTを変える「エナジーハーべスティング」技術とは?
ソフトバンクら、NB-IoTを活用した水道メーターの実証実験
オープンIoTからIoSへ、モノからコトへ

IoTニュース”は、Mynd Engineを活用して、世の中のIoT関連の記事をまとめさせていただき、ご紹介させていただきます。